TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アウトレイジ」

『アウトレイジ』  OUTRAGE

アウトレイジ

製作年:2010年
製作国:日本
監督:北野武
出演者:ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、三浦友和、北村総一朗、國村隼、杉本哲太、石橋蓮司、中野英雄、塚本高史、小日向文世

<簡単なあらすじ>
関東一円を取り仕切る巨大暴力団組織「山王会」の総会の場で、直参である池元組組長の池元(國村隼)は本家若頭の加藤(三浦友和)に呼び止められる。池元組が村瀬組と親密にしているのを快く思っておらず直参でない村瀬組を締めろとのこと。だが兄弟分の池元は自分の手は汚さず面倒ことは池元組の配下にある大友組組長の大友(ビートたけし)に任せていた。だがこのことが原因で大友組と村瀬組、大友組と池元組、さらに本家まで影響を及ぼすいざこざが起きてしまう。それぞれが生き残りを賭けた壮絶な権力闘争が幕を開ける。

<感想>
タイトルどおり本当にみながみな悪人です…。なかには忠実で悪いとは言い難い人物もいるけどやってることは極悪非道。適当さが災いとなり命を落とす者、忠実すぎて命を落とす者、欲を出して命を落とす者、裏をかいたつもりが逆にやられる者…いろんなパターンがあるんですが結局は殺されてしまうわけで。忠実でも裏切っても同じ結果なんだからたまったもんじゃないです(>_<。)

疑問に思っていても上の命令には逆らえず、とばっちりも下の者へ。さらに本家からうまい話をささやかれ欲を出し仲間を裏切る。うまく仕掛けたつもりでも裏切りは闇の中でうごめいてる…。ホントこの世界の下克上は凄まじいです。義理人情という言葉はもう時代遅れなのか?!

騙し合い、裏切り、信頼、駆け引き、打算…悪人にもいろんな人がいるもんですが、うまく立ち回って生き残れるのはほんの一握り。殺し合いをし、誰かがいなくなればそのポジションに新たな人物が就くという世代交代するだけで同じ事の繰り返し。シビアというか現実的というか。

本人たちはその場その場真剣(?)なんだけど、見てる側からするとどこか滑稽なシーンも。特に中野英雄さんの「こんなんじゃできねーよ!」「なんだ、できねーのかよ」「なんだと!じゃあやってやるよ!」という会話はまるで子供の喧嘩だよ^^;それ以前に中野英雄さんがいまだなおドラマ「愛という名のもとに」のチョロに見えて仕方がない(笑)。
あとダメダメぶりを発揮している情けな~い組長もどこか愛嬌ちっくなものが。(←といっても超悲惨な目に~)。

アウトレイジ2

ところで予告編で道端で死んでいる男性の画があったのですが、本編を見ると…
ぎゃー!!私の好きな俳優さんでないの~!!しかもなんと惨い殺され方(TT)。全体的にバイオレンスのパンチも効いており見てて顔が歪んでしまう作品でもありました…。

見終えた帰りにバンフを読んでて知ったのですが、ロケーション協力地に神戸の名が!!神戸市の広報メルマガ「神戸めるまが倶楽部・5月25日号」によると、全撮影日程の約4割が神戸ロケだったんですって。引用すると…

「旧居留地の高砂ビルがビートたけしさん演じる大友の組事務所、東門街が物語序盤の繁華街として登場する他、東門街のクラブとアパート、北野坂のクラブ、市役所裏の道路、ポートピアホテル、神戸国際展示場の地下駐車場、ポートアイランドの用地と道路、神戸市中央卸売市場、なぎさ公園、県立工業技術センター、旧市立高校など、市内各所で撮影」

なななんとこんなに(゚д゚;)! 神戸在住なのに観てて一つも気付かなかったことが悔やまれます(涙)。DVDが出たら絶対チェックしようと心に誓ったのでした。

-4 Comments

SOFFY says...""
お久ぶりぶりです!
ほぼ毎日こっそりお邪魔はしてますけど(笑)

これCSで放送してたんで観ました♪
エグいと言うか、この世界で生きて行くのは絶対に無理と思いました。
(生きていく気が一瞬でもあったのか?お前)

>ところで予告編で道端で死んでいる男性の画があったのですが、本編を見ると…
・私もあのお方が車に乗せられた瞬間、
もしかして道に転がってたのは。。。って、なりましたよ。
私も好きなんでショックでした(><)
ある意味1番むごかったような。
(首が半分もげてたみたいな事言ってましたもんね)

刑事までも悪党。
今の世の中、何を信じれば良いのやら。
2011.06.11 10:58 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
お久しぶりでっす!
私コレ映画館に観に行ったんですが、スクリーンだとエグさ倍増…
個人的に歯医者でのシーンと耳のシーンが~(((;゚;Д;゚;)))
私もこの世界で生きていくのは絶対に無理だなと思いましたよ…

極妻シリーズでは「たまたま好きになった人が極道だった」という
セリフが有名ですが、最近は見た目だけじゃわからないから
意外とSOFFYさんが好きな人(あるいは彼氏)が裏ではこちらの世界の人かも…
どうする?いつの間にか周囲から姐さんなんて呼ばれ始めたらww

そうそう、今月は大阪の映画館で「パン・ホーチョン、お前は誰だ!?」と
「香港電影天堂」がプチ香港映画祭として上映されますね~。
私はパン・ホーチョン監督特集に行こうかなと思ってマス!
SOFFYさんは行かないの~?ねぇねぇ行かないの~?
2011.06.12 14:27 | URL | #- [edit]
SOFFY says...""
レスにレス(^^)

私は歯医者のシーンは意外に大丈夫でしたー。
耳に箸はちょっとひきましたけど(^^;
専門家に言わすと北野監督作品の暴力描写が1番本物に近いらしいですから、裏社会は怖いっす(><)

>SOFFYさんが好きな人(あるいは彼氏)が裏ではこちらの世界の人かも…
・確かに今愛して止まない人がすでにそう言う人ですからね(勿論、役柄で 笑)

この映画祭全然知りませんでした( ̄へ ̄|||)
正直観たいのがちらほらあります。
が、行きませんわ・・・(撃沈)
ごめんなさい、もうちょっと彼に浮気させて下さいー!m(_ _)m
2011.06.13 08:53 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
>SOFFYさま

北野監督作品の暴力描写が1番本物に近いんすか?!
映画での出来事が現実で本当に起こってるだなんて…(((;゚;Д;゚;)))

既に昨日、「パン・ホーチョン、お前は誰だ!?」のうち2本観てきました!
パン・ホーチョン監督作品は好きなので期待してましたが、
期待通り面白かったっす~(≧▽≦)
今月中にあと3本観る予定にしてますが、彼の作品って
密かに登場人物が豪華なので見応えも十分☆

例の彼に飽きたらパン・ホーチョン作品を是非ご覧になって♪
↑まだまだ飽きないって?w
ってかますます好きになっていってるって?ww
2011.06.13 21:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/668-66f6065b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。