TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SOSの猿」 伊坂幸太郎

『SOSの猿』  

SOSの猿

 著者:伊坂幸太郎
 出版社:講談社





<簡単なあらすじ>
私の話:困っている人がSOSを出していると見てみぬふりができない性格の遠藤二郎は家電量販店で働いている。一方、副業としてイタリアでエクソシストのアシスタントをしていた経験から悪魔祓いのようなことをしていた。そんな二郎のもとに知り合いの辺見のお姉さんから息子の眞人がひきこもりになっているので助けて欲しいと相談される。対面した眞人が「僕は孫悟空」と名乗るのを聞いた二郎は…
猿の話:客観的・論理的に物事を捉える真面目な五十嵐真はシステム会社の品質管理部で働いており、システムを導入している証券会社の300億円にものぼる損失を出した誤発注の調査を始める。そんな中、彼の前に雲に乗った猿、すなわち孫悟空が現れる。この2つの話が交互に進んでいくストーリー。

<感想>
まったく予備知識がなく読み始めたのですが、二郎が悪魔祓いをしているという点で非現実的な話なのかなと。さらに「猿の話」のちょっと不自然な話の文の始めや終わりの口調でこの話はいったいどういうこと?と不思議な感じで読んでました。
「猿の話」の口調の謎はわかったものの、非現実的な話どころか孫悟空が出てきた!!エクソシスト、西遊記、因果関係と何がなんだかな~。

2つのストーリーや登場人物たちが後半にがっちり絡む構成になっておりそこはさすが伊坂さん、うまい!うまいんだけどどうして孫悟空?確かに誰でも知っている人物ではあるけれど…どうして?現実か妄想かすらわからない。まぁ現実なわけがないんだけども。

伊坂作品って非現実的な内容でも2パターンあるような気がします。『ゴールデンスランバー』や『死神の精度』などはすんなり入ってきて単純に最後まで面白く読めるんだけど『魔王』『SOSの猿』は…うーん、すんなり入ってこない^^;私だけ?

それぞれの登場人物たち1人1人を見ると魅力的な人物もいたりするんですが全体的に飛び抜けてるわけではなくちょっと抑え気味のような気も。嫌いなストーリーではないのですが、もっとこうガツンってくるようなストーリーの方が個人的には好きです。私にはやっぱり単純明快なストーリーの方が合ってるのかも~。

-4 Comments

アドビュー在宅ビジネス says...""
伊坂幸太郎 さんの
本に興味もちました

今度よんでみようかな

応援してます
2010.06.25 23:36 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
アドビュー在宅ビジネスさま

伊坂幸太郎著書は面白いので
機会があればぜひぜひ!

でも読まれるのなら最近のではなく
少し前の本の方がいいかもです。。

2010.07.03 20:28 | URL | #- [edit]
藍色 says...""
ユニークな登場人物目白押しで楽しく読めました。
トラックバックさせていただきました。
2010.12.29 13:59 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
藍色さま、明けましておめでとうございます。
そうですね、登場人物たちは皆ユニークでしたよね^^
別のストーリーが後半にがっちり絡むのはさすが伊坂さん!
って感じでした。

私もTBさせていただきましたので、今年もよろしくお願いいたします。




2011.01.02 14:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/665-070ca2b6
SOSの猿 伊坂幸太郎
ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、 一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。 そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。 エアコン販売員でエク...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。