TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「告白」

『告白』   

告白

製作年:2010年
製作国:日本
監督:中島哲也
原作:湊かなえ
出演者:松たか子、岡田将生、木村佳乃、西井幸人、藤原薫、橋本愛

<簡単なあらすじ>
とある中学校1年B組。終業式の日の教室内は生徒がそれぞれ好きなことをしながら牛乳を飲んでいた。そんな中、担任の森口悠子は今月いっぱいで教員を辞職すると生徒たちに告げる。そして自分の愛娘が校内で亡くなった事件で、これは事故ではなくこのクラスの生徒に殺されたと。2人の犯人をA・Bとし彼らに復讐をしたことを皆の前で話し学校を去る。担任森口悠子の告白、少年A・Bの告白、クラスの女子の告白、加害者の家族の告白で事件の真相が明らかになっていく。

<感想>
昨年、原作を読みとっても衝撃的な内容で印印象深かったので映画化も気になってました。原作と同じくHIV、いじめ、嫉妬、ひきこもり、犯罪、殺人、飢えた愛情と森口先生の復讐劇の中に現代的な問題が詰め込まれてます。
それぞれが語り手となり「告白」していく構成もほぼ同じ。違うのは私の記憶では少年1人の姉が登場しなかったことぐらいかな。まだあるかなー?

原作に忠実に作られており、話の流れやラストを知っていても関係なくスクリーンに見入ってしまうほど完成度が高い!原作を知らずに見た方が衝撃度やインパクト倍増でガツンとくるかも。。

松たか子さんの淡々と話す冷静沈着な態度はイメージ通り。(密かに中谷美紀さんのイメージもあったんだけどね)
冒頭の終業式の日のシーンは結構長く30分ぐらいあったと思うのですが、この森口先生の告白は怖いです…。犯人の少年1人、引きこもりになった子の反応はわかるような気がする。もう1人の少年の反応はのちのちにわかるのでうがこれまた怖い。森口先生の話す命の重みというのを全く考えてなくとことん自己中な考え。う~、でもやはり一番怖いのは法で裁けないなら自分で裁くという先生。怖いよ~(><)。

全体的に重い内容なんだけど、ウェルテルの授業(?)で生徒が踊り出すのにはちとびっくり。現実から目を背ける=踊るってどうなの~。
そんなウェルテルもイメージ通り。あの空気読めない熱血ぶりは見てて気の毒になっちゃう。現代ではなく一昔前の中学校ならウケたかもしれないのに。。先生になる時代を間違えちゃったねという感じ。

原作の感想でも書きましたが、大胆な内容で、物語として引き込ませるには十分完成度は高いなと思いました。最後の最後まで徹底して希望がないのがこの作品の魅力かも。全体的な音楽も良かったし。最後で明るい一筋の未来が見えたり救いようがある内容だったら逆につまらなくなりそう^^;ホント、強烈でインパクトがあり最後の最後まで復讐が徹底してて気が抜けない映画でした。←めちゃ褒めてます。

-2 Comments

prego says...""
見てきましたよ! 告白!
いやー面白かった。
私小説のほうは読んでないのですが、ほんと衝撃的でした。

あのクラスの生徒たち、ホントむかつきますなー。
実際、今こういう生徒がいるのなら、恐ろしい…。
復讐というテーマに絞ってとにかく陥れる感がたまらなかった…Sかい!!

松たか子、今まであんまり好きじゃなかったのですが、声出して笑うシーンとか怖さが表れていてよかった~
2010.07.03 00:44 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
>pregoさま

ご覧になったのね!面白い&怖かったでしょー。
小説読んだ時あまりにも衝撃すぎて
椅子からひっくり返りそうになりましたもん。。
小説にかなり忠実とはいえ、映像でまた再衝撃!

>復讐というテーマに絞ってとにかく陥れる感がたまらなかった…
そうなのそうなの!とことん奈落の底まで陥れる感が
なんとも言えないのよ~。
一筋の明るい光…っちゅーのが全く見えないのが
魅力だわ☆ ←私もS入ってる(笑)?

松たか子さん、今回はなかなか様になってましたよねー。
2010.07.03 20:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/664-8904b526
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。