TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「殺人犯」

『殺人犯』   MURDERER

殺人犯

製作年:2009年
製作国:香港
監督:ロイ・チョウ(周顯揚)
出演者:アーロン・クォック(郭富城)、チャン・チュンニン(張鈞)、タム・チュンヤッ、チョン・シウファイ(張兆輝)、チェン・クアンタイ(陳観泰)、ジョシー・ホー(何超儀)、錢嘉樂

<簡単なあらすじ>
連続殺人犯を追っていたレン・クォン警部(アーロン・クォック)は通報を受けあるアパートへ向かう。だが現場で何者かに襲われ廊下で気絶してしまう。一緒にいた同僚のチョイ・タイ(チェン・クアンタイ)はアパートから落下し瀕死の状態に。チョイが3人目の被害者で背中にドリルで穴を空け血を抜かれるという残虐な怪事件で唯一助かったレンは、目が覚めるも事件のことは覚えていなかった。チョイのためにも事件を解決すべく同僚で親友のクァイ(チョン・シウファイ)と真相を追究していくが、出てくる証拠は自分が犯人かもしれないという不利なものばかり。レン自身もだんだんと混乱していき錯乱状態となる。証拠が示す通り犯人は自分なのか――?

<感想>
"アジア各国で賛否両論の問題作"という宣伝文句と「シャイニング 」ちっくなアーロンのポスターに惹かれて初日に観てきました。このポスター、アーロンって言われなきゃ誰だかわからないほどスゴイ顔!

翌月に昇格を控え綺麗な妻ヘイオイ(チャン・チュンニン)・息子チャイチャイ(タム・チュンヤッ)と別荘のような家に住み幸せな生活を送っていたレンは、仕事で同僚のチョイ・クァイの3人でドリルで穴を空け血を抜かれるという怪事件を追っています。その後、瀕死になったチョイの携帯には事件の数十分にレンからの着信履歴が・・・。レン1人が助かっただけでなく今までの事件も自宅近く、しかもレンがオフの日に起こっており数々の証拠からも彼が犯人だと周囲は思ってるわけで。レン自身も事件の記憶がないためもしかしたら自分が犯人?!と。

最初から衝撃的なシーンが!最近の香港映画って飛び降りがとってもうまいよなー。リアルだしエグさもある。サイコ・サスペンスなので思わずびくっとしたシーンは2~3回ほどあったかな。といっても最初の衝撃シーンからしばらくの間は事件の真相に辿りつくまでのレンの苦悩ぶりを描いているので「どうなの?レンが犯人なの?違うの?どうなの~!」ともやもや。

一体誰が犯人?こやつか?いや、優しいふりしてるこの人か?なんて思いながら見てたんですが…。人物的にはなんとなく予測出来たものの理由というか方法というかなんていったらいいのやら~。なんだろう、どちらかと言えばち最初ちょっと笑っちゃった。。そんな事ありえるのっ?!という面では驚いた!というか今までよく公の場で生活してこられたなと。

結局、動機はわかったようなわからなかったような…。日本版は香港版と同じオリジナルバージョンらしいのですが、中国本土版はあまりにも過激すぎるということでタイトルを変更、内容も大幅カットしエンディングも別バージョンになったとのこと。おそらく冒頭やドリルのシーンあたりがカットなのかなと思うのですがエンディングは差し替えの必要があったのかなぁ??別バージョンの方はどんな終わり方なんだろう??続編もアリかなと思えるラストだったのですが、全く違う終わり方だと続編はナシなのかも。

パンフレットによると監督は、
"人は善と悪の境界線に立たされたとき、どのような選択をするのか?"という人間性の複雑性を表現。"激しく抑圧された状況に置かれ、破綻しかけたときの緊迫した心理状況を描き出している。善人がいかに悪魔になっていくのかを描き出したい、人間の奥深い内に秘めた悪の姿を描きたい"ということだそうな。

内容は私の想像を超えたものがありそれはそれで驚いたのですが、思ってたより衝撃度はなかったかも。この映画の見所はやはりアーロンかなと。久しぶりに演じているアーロンを見たけど顔が少しスリムになり良い感じに歳を重ねてて嬉しい☆アイドル顔に渋さが備わりますますいい男になってる。そんな彼の壊れぶりはスゴイ。苦悩、錯乱、凶暴と迫真の演技で頑張ってた!監督の思う通り破綻しかけた時の状況や内に秘めた悪を演じてた!そんなアーロンが見れただけでもよしとしよう。

ところで奥さんとは中国語、同僚とは広東語となぜか会話がバラバラだったような気がするんだけど違う?これは一体どんな意味あるんだろう。奥さん役の張鈞が台湾の女優さん、同僚の多くが香港の俳優さんだからという単純な理由だったりしてw

殺人犯2

-6 Comments

prego says...""
みればみるほど怖いわぁ…アーロンさん…。
奥さん役の張鈞さん、きれいでハチクロの時から結構好きだったのですよ~
私もスカパーで香港映画を見ていると、ある人は広東語、ある人は中国語となっていて、こっちはネイティブじゃないからどうでもいいのですが、香港の人とかは一部はわかるが、一部はわからない…見たいな感じで混乱しないんですかねぇ~。
2010.06.08 23:04 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
だよねー、アイドルの頃なら絶対こんな顔するの断ってるよ(笑)。
張鈞さんはおキレイですよね。ハチクロにも出てたんだ!
ってか今ハチクロを借りようと思っていたのを思い出した…( ̄Д ̄)

>ある人は広東語、ある人は中国語となっていて、こっちはネイティブじゃないからどうでもいいのですが、香港の人とかは一部はわかるが、一部はわからない…見たいな感じで混乱しないんですかねぇ~。

うんうん、中国語を勉強し始めて広東語と中国語の区別が
つくようになったんですが結構混ぜこぜありますよねー。
確かに香港・中国の人がその映画を見た場合理解できんのかね?と思っちゃいます。
でも字幕が出たり吹き替えになってたりするので大丈夫なのかなと思ったり。

今作品は出演者の面々もよいしアーロンがお好きなら
機会があればご覧になって~(^_-)☆
内容が気に入るかどうかはわからないけど(笑)。
2010.06.09 00:45 | URL | #- [edit]
SOFFY says...""
『復仇』@2回目を観に行ってなければ観に行けたんですけど、
今回はタイミングが合わなかったと言う事でレンタルを
待ちます(^^;

この映画はアーロンの演技には100点あげれるけど、
犯人には納得できないんですよねー。
中盤までドキドキして観たから余計に凹んだ(--;

相手によって言葉が違うのはもう今の香港映画では当たり前状態になって来てますよね。
大陸や台湾から俳優を借りてる分、
その人たちの声を広東語音声に吹き替えるか、
この映画みたいに北京語と広東語を使い分けるシーンがあるかどっちかになってますもん(><)

広東語しか学習してない私としては
字幕を消して観れない状況になりつつある香港映画にちょっとがっかりしてる今日この頃です。

ちなみに・・・
あちらでは大分北京語が定着して来てるみたいで、
こう言うシーンも難なく観れてる人が多いみたいですよー。
返還されてから商売上手な香港人達は
「北京語を扱えてなんぼのもんじゃ!」状態で勉強したみたいですから(笑)
2010.06.09 20:46 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
SOFFYさま

そっか!大阪では『復仇』もう上映したたんだ!神戸のシネ・リーブルは
7月からなんですよねー。まぁ神戸で上映してくれるだけありがたく思っておこう。。

>あれこれ推理しながら観れたのは楽しかったんですけどねー。

そうなのそうなの!「誰が犯人なのだ!」とドキドキしながら観たのに~(>_<。)
意外性はあるもののなんか現実味がなくてポカーンってな感じ。。

>大陸や台湾から俳優を借りてる分、その人たちの声を広東語音声に吹き替えるか、この映画みたいに北京語と広東語を使い分けるシーンがあるかどっちかになってますもん(><)

ちょっと前までなら結構吹き替えパターンが多くなかったすか?
DVDや映画館(あちらの)では字幕付きが多いので問題なさそうですよね~。

なんかね、以前はそんなこと全く気にしなかったんだけど
中国語の勉強をし始めて北京語と広東語の区別がかろうじてつくようになり、
言語が北京語だと台詞を聞き取ろうと努力するようになったせいか、
一つの映画の中で違った言語で会話してるとみょ~に気になって気になって^^;

SOFFYさんのように広東語上級学習者にとっては吹き替えの方が
ありがたいですよねー。私は…殆どというか全く聞き取れてないので
吹き替えでも使い分けててもどちらでも無問題(笑)。へへへ
2010.06.10 10:23 | URL | #- [edit]
prego says...""
感想を早速載せてみました~
こちらにもリンクを張らせていただいたのと、トラックバックさせていただきました!
見に行ってよかったです~

いやーグロい…。
最後のキッチンとか…ヒーッとか思っちゃいました。

アーロンはいつになっても素敵!また好きになっちゃいましたよー
2010.06.12 22:49 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
>pregoさま

早速ご覧になったのねー☆
最初のシーンと目に釘打たれたシーンはエグかったっすよね(>_<)
ホラー大好きの私でもビックリですわ…

そんなシーンもありつつ…やはりこの映画の見所はアーロン!!
アーロンファンじゃなくても思わず見とれてしまいますもん(〃ω〃)
ちなみに聞かれてないけど私が香港映画が好きになったきっけは
トニーと金城武と小春さん♪
好きな人がステキに歳を重ねてたら嬉しいですよねー☆

>こちらにもリンクを張らせていただいたのと、トラックバックさせていただきました!

ありがとう!私も早速TBを!
たまに失敗するのでうまく出来なかったらゴメンネ^^;
2010.06.13 15:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。