TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横道世之介」 吉田修一

『横道世之介』   

横道世之介

 著者:吉田修一
 出版社:毎日新聞社





<簡単なあらすじ>
1980年代半ば、横道世之介は大学進学のため長崎から東京へ出てきた18歳。あれよあれよと入ってしまったサンバサークルに在籍しながらバイトに明け暮れる毎日。お気楽な性格でどこかぬけているが、我が家のように友人宅に泊まり込む図々しさも持ち合わせてたりもする。年上の女性に憧れつつ現実は浮世離れしたお嬢様がそばに。そんなどこにでもいる平凡な青年の一年を描いたストーリー。

<感想>
世之介のバイトする姿、サンバサークルで腰をフリフリする姿、友人たちとの他愛もない会話、年上の女性に憧れ有頂天になる姿、お嬢様とのお付き合いに戸惑う姿など、普通の大学生でほのぼの系だなーと。吉田修一氏の著書は初めて読んだのですが、著者の描き方がうまいのか世之介のキャラいいのか(←どっちでも同じことか(笑))面白い。
コインランドリーでガラスに映った自分を見ながら腰をフリフリサンバの練習する姿には笑える。世之介って面白い。

淡々としているんだけど読んでいて楽しい♪青春ってイイなと自分の学生時代を思い出しながら読んでいたんですが・・・が・・・、読んでいる途中で思いもしなかったことが。そこからそのことを前提に読むしかないのですが読み終わったあと胸が締め付けられそうに。じわっときます。

1980年代の話の間に20年後の話がところどころ盛り込まれており、主要登場人物たちの現在の生活が描かれておりふとした瞬間に学生時代を思い出してます。

作中の文章のはじめに「○○。これが世之介である」という書き方が何度かありちょっと気になってたんですが、これって20年後が今という形で主要登場人物の今の暮らしを描いており、その中で世之介のことを「そういえば…」と、思い出してるからすぐあとの80年代の話が「○○。これが世之介である」って始まるんだ。読み終わって気付いた!要は回想録みたいな感じ?あれ?いや違うな。80年代の話があり、世之介の現在を知るために20年後の話をインサートしているってことかな。ん、どっちだ?どっちでもいいか^^;

なんできっかり1年間だけなんだろう?大学2年~卒業、その後世之介は誰と出会ったんだろう、どんな恋をしたんだろう。と描かれている1年間以外の世之介も知りたくなっちゃうほどですがこの1年間の世之介だけで十分わかるような気も…。

特に目立つ存在ではない世之介ですが、数十年後、それぞれが自分たちの人生を歩んでいる時がっつりではなく何気にふと思い出した時に「元気にしてるかなー」と目を細めてしまいたくなるそんな存在。いい意味で想像していた雰囲気の内容で、途中からいい意味で想像を裏切られた内容で良い一冊でした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/659-d86d4ae4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。