TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「外科医 須磨久善」 海堂尊

『外科医 須磨久善』  

外科医 須磨久善

 著者:海堂尊
 出版社:講談社






第一部 心臓外科医 須磨久善の旅
・ 1章 未来への扉を開く――公開手術 (1992年 ベルギー・ブリュッセル 41歳)
・ 2章 学会の熱風――米国留学 (1984年 ソルトレークシティ 33歳]
・ 3章 回り道か抜け道か――外科研修と胃大網動脈バイパス手術 (1986年 36歳)
・ 4章 ニュー・ライフラインの発見――AHA(米国心臓協会) (1988年 38歳)
・ 5章 外科医になろう――少年時代から医学生時代
・ 6章 ローマへの道――ローマ・ジェメリ総合病院 (1994年 44歳)
・ 7章 バチスタ手術――湘南鎌倉総合病院 (1996年 46歳)
・ 8章 スマ手術への進化――バチスタ手術の完成形 (1997年 47歳)
・ 9章 医療の宝石を手に入れる――葉山ハートセンター (2000年 50歳)
・10章 須磨久善はどこへ行くのか――心臓血管研究所へ (2008年 58歳)
第二部 解題 バラードを歌うように (2008年7月)
<感想>
海堂氏の『チーム・バチスタの栄光』でテーマにもなっているバチスタ手術を初めて日本で行った須磨久善氏を描いたノンフィクションもの。第一部は心臓外科医として世界の頂点に至るまでの航跡を須磨氏自身が語ったものを海堂氏が文章にしたもの、第二部は海堂氏から見た須磨氏と映画『チーム・バチスタの栄光』の裏話になってます。

自分の研究を評価してもらう場は日本でなくアメリカ――。日本だと人のやらない事をすると白い目で見られスルーされる、だがアメリカだと新しい発想に対しポジティヴに評価してくれる。
成果を上げるためだったら常に最短距離をとる須磨氏。行動だけでなく手術自体も余計な事をせず確実に一発でキメるので速い。ムダなことはせず必要最低限で最大の成果を上げるというのは医療の中だけでなくどんな事柄においても理想だわ。。

現在、バチスタ手術をし患者を助けているのは日本だけなんですって。須磨氏の技術はもちろんのこと、向上心、勇気、周囲のバックアップがあってこその成功。この本を読み初めて須磨氏を知ったのですが、世界的にスゴいお方なんだと改めて思いました。読んでいて歴史上の偉大な人物の伝記を読んでいる気分になっちゃった(笑)。
ここまでやってこれたのも、困ってる人をどれだけ多く助けられるかという医療の原点をずっと持ち続けているから、だとご本人はおっしゃってる。

ただ伝記ではないので描かれているのは須磨氏の人生の一部というか頂上に登りつめた過程。苦労した時期もあっただろうし書かれていること以上の困難もあったはず。(と思う。なかったりしてw) だけど海堂氏が崇拝してるせいかキレイにまとまりすぎる感があり、小説っぽくリアル感があまりない気もちらほら。

一つのことを達成してもまた次の目標に向かいアグレッシヴに進んでいく姿は素晴らしい。この本を読んで須磨氏が映画『チーム・バチスタの栄光』の医療監修をしてると知り、まだ未鑑賞のこちらも観たくなりました^^


須磨氏は神戸出身で中学から甲南に通ってたとか。ここを選んだのは丸坊主になりたくなかったから。そう当時(私の中学時代も)、神戸の中学校は一部を除いて丸坊主が義務付けられていたのだ!なので小学校の時にステキに見えた少年も中学に入り丸坊主になった途端、ステキではなくなるパターンもあったり。。須磨さんが神戸出身と知りなんだか嬉しくなったのでした☆

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
レビュー拝見してようやくいろいろ思い出しました。
無駄なことをせず最短距離を行くというのも、この方だから
できることなのかなあと思いました。

>歴史上の偉大な人物の伝記を読んでいる気分になっちゃった
同感です。ご本人は読んでいてどういう気分なのかしら。
できれば須磨氏のご感想もうかがいたいわ。

>キレイにまとまりすぎる感があり、小説っぽくリアル感があまりない気もちらほら。
そう、そう、そうなのよね!面白みに欠けるっていうか…。
楽しませるのが目的ではないからなんでしょうね。

丸刈りって抵抗あるでしょうね。今もそうなのですか?
丸刈りが嫌で私立、っていう考えはわからなくもないですね。
2010.05.15 07:42 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんにちは、孔雀の森さん☆
そうそう、神格化してしまってるので感想が書きにくいですよね。
人間臭さが感じられないだけでなく欠点が見つからない^^;完璧すぎる~。
やはり須磨氏がまだご健在だからそういう部分は書きにくかったのかしら。

>できれば須磨氏のご感想もうかがいたいわ。
ですよねー、ご自身が書かれた自伝も読んでみたいわ~。
奥様とのエピソードとかも盛り込んでくれると親しみ感じるかも^^

>丸刈りって抵抗あるでしょうね。今もそうなのですか?
多分今は違うと思います。当時は丸刈りが嫌で私立に行く子がいましたよ。
もともと野球とかしてて丸坊主の子は抵抗ないみたいですが、
長髪の子は丸坊主になった途端、頭が青白くなってました(笑)。
須磨氏の実家はまだ神戸にあるのかなぁ。
2010.05.15 14:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/647-843b24a2
海堂 尊『外科医 須磨久善』
       出版社:講談社  刊行年:2009年7月 <内容・感想など> 心臓外科医、須磨久善氏の半生をたどった評伝である。 ...
「外科医 須磨久善」海堂尊
海堂尊の「外科医 須磨久善」を読んだ。外科医須磨久善価格:1,200円(税込、送料別)著者の海堂尊は現役の医師。と同時に「チーム・バチスタの栄光」でも知られる作家でもある。須...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。