TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フリーター、家を買う。」 有川浩

『フリーター、家を買う。』  

フリーター、家を買う。

 著者:有川浩
 出版社:幻冬舎





<簡単なあらすじ>
新卒で就職したのもの3ヵ月で辞めてしまった武誠治。就職活動をしながらダラダラとフリーター生活を送っていた。そんなある日、母親が鬱病になってしまう。結婚し家を出ている姉から鬱病になった原因を聞かされた誠治は心を入れ替え生活を改め直す。鬱病に対し理解がない父親と看病しながらいざという時のお金のために夜間バイトをしながら真剣に就職活動を始めるが…。

<感想>
タイトルを見て主人公が家を買うためにいろんなバイトをし、そこで数々のドラマがあり最後には家が建っちゃった!といった内容だと思ってましたが全然違ってました^^;

最初からいきなりブルーな気分…。読み始めて主人公・誠治に嫌悪感を抱き、母親のくだりで重い空気に。鬱病の原因となった父親の言動、その父親に対しこれでもか!と極上の文句(でも正論)を面と向かって言う姉。そんな状況の武一家が母親のうつ病でどう変わっていくか、今まで家族のことを殆ど考えてなく世間さえも甘くみていた誠治がどう成長していくのか、といった内容です。こんな状況からスタートするので中盤からは前向きな内容に。

誠治の成長ぶりはすごいです。イヤな奴から良い人になっちゃってます。家族や仕事に対し真剣に向き合うことでここまで変われるのか?!というぐらいすごい変わりようです。
これはやはりぐーたら生活から結果的にピリオドを打つことになった母親の鬱病、バイト先の道路工事現場での父親世代の先輩からのアドバイス、しっかり者の姉、父親との付き合いで変わっていったのでしょう。

この父親、中堅商社で経理の鬼と言われておりプライドが高い。学があるため自分が理解できないことは容易に受け入ることができない。最初はむむ…なんて父親だ!と思ったのですが、母親の鬱病に対し心が弱い人間の言い訳だと言ったのは、後になって仕事場でがむしゃらに働いてきた世代で弱音を吐くことすら出来なかった状況で何十年と過ごしたからじゃないかとも思ったり。←決して父親の言動を擁護する訳じゃないですけど^^;少しばかり不器用なだけなのかなと。

中盤過ぎて今回はさすがに恋愛要素はないだろうと思ってたら、最後の方でちょっぴりありました。
だけどなんだかとってつけたような感じで無理に入れなくてもよかったんじゃ?なんて。というよりいつの間に2人はそんな感情になってたの?!とビックリ。といいつつその後の2人もちょっと気になったり(笑)。

不況の中での就職、親子の付き合い方、鬱病の看病と現実的な内容のこの1冊(『図書館戦争』とはえらい違うな~)、あとがきに原稿の依頼は「新しい一日」と「オフィスと仕事」だったそうな。これだけみると内容が伴っているようないないような…?確かに今までの生活とは一変、新しい一日を迎えオフィスでの仕事も書かれてますが、なんか依頼とはちと違うような気が~^^;

なにはともあれ希望が持てそうな気がしてくる1冊でした。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは♪
おっしゃるように、今回の有川作品は『図書館戦争』の対局を行っていますね。
社会を生き抜くためのノウハウがつまっていて、どの世代にも有効な気がします。
主人公の家族は、どこにでもありそうな一般家庭。
最初のグータラな誠治も、どこにでもいそうですね。
>誠治の成長ぶりはすごいです。
ほんとに。お母さんには気の毒だけど、その病気がきっかけになっているのですよね。
うーん…複雑…。
そうそう、とってつけたような恋愛でしたね。私はちょっと期待してました。(笑)
こんなに苦労した誠治だから、恋の花を咲かせてあげてもいいんじゃないかなと。
カノジョを家に連れて行ったら、みんな大喜びじゃないかしら~
ほんとに、最後は希望が見えてよかったです。
2010.04.12 19:29 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんにちは、孔雀の森さん^^
このタイトルでこの内容、意外に思われた方が沢山いそうですね~^^;
でも本当にフリーターでも家が買えちゃった!という内容なら
会社を辞めてフリーターになる人が増えてたかも(笑)。

>最初のグータラな誠治も、どこにでもいそうですね。
そうなんですよね、なんだか昔の自分に通ずるものが…(汗)。
今の若者がこの本を読めば胸がチクチク痛む子が多そうです。。

>そうそう、とってつけたような恋愛でしたね。私はちょっと期待してました。(笑)
おっ、期待されちゃいましたか!有川さんには珍しく(?)
ちょっといじらしい2人でしたねー。
新居に彼女が遊びにやってき、仲良く過ごしそうな未来が…。
いずれ結婚し、二世帯住宅で住み嫁姑のサイドストーリーってのも
案外面白いかもしれません。ああ、想像だけが膨らんでいく~(笑)。
2010.04.13 12:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。