TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フィリップ、きみを愛してる!」

『フィリップ、きみを愛してる!』  I LOVE YOU PHILLIP MORRIS

フィリップ、きみを愛してる!

製作年:2009年
製作国:フランス映画
監督・脚本:ジョン・レクア/グレン・フィカーラ 
原作:『I LOVE YOU PHILLIP MORRIS』
出演者:ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、レスリー・マン、ロドリゴ・サントロ

<簡単なあらすじ>
スティーヴン(ジム・キャリー)は家庭を大事にし平穏な暮らしを送っている警察官。だが大事故に遭った際に「自分の人生に嘘はつかない!好きなことだけやってやる!本当の自分として生きるんだ!」と決意しゲイであることを妻に告白し家を出てフロリダに引越し。そこでボーイフレンドと贅沢三昧の生活を送るがお金が続かない。スティーヴンは詐欺師となりますます生活に磨きをかけるが警察に捕まり刑務所へ。そこで同じ囚人のフィリップ(ユアン・マクレガー)に一目惚れ。スティーヴンはフィリップを幸せにするため、そして一緒にいたいために嘘をつき裏の手を使い彼を喜ばせる。だが幸せな日々は続かなかった。嘘や詐欺行為がばれてしまいフィリップは姿を消してしまった。刑務所の中でスティーヴンはある事を計画し命懸けの大勝負に出るが…

<感想>
観る前はジム・キャリーとユアン・マクレガーが恋人同士ってどうかな?!と思ったのですが、観終わった後はとってもお似合いのカップルだったのに驚き!この2人にはやらしさが感じられずむしろ純愛にさえ感じてしまう。←これは言い過ぎかも(笑)。

何日も会えない日があっても他の男性に浮気することなく、フィリップのことだけを考え犯罪行為を繰り返すスティーヴンの行動は直球ストレート。結局一途な想いが「そんなこと現実にしでかす?」というビックリ仰天の行動にでるのですが、この行動がまたすごい。。

さまざまな詐欺行為や新しい職場への就職・横領、脱獄等、中にはそんなこと現実に可能?って観てて思ってしまいます。コメディ映画のために作られた脚本のような内容だけど実話っていうんだからこれまた凄い。スティーヴンはIQ164だから次々と色んなことを考えつくのね…でも結局捕まっているから現実はそれほど甘くないってことか?いや、愛の力の方が大きすぎて詐欺やその他もろもろに対しちょっと油断しちゃったか?

そしてユアン・マクレガー。39歳なんだよね?可愛いしぐさ、キュートでういじらしくてピュアで…ってキリがない(笑)。この役がピッタシじゃないか!守ってあげたいキャラ炸裂。

現在スティーヴンは終身刑で現在も服役中。フィリップは2006年に釈放。それを考えるとやはりリアル犯罪物語。でもなぜか映画にすると面白いロマンチックコメディになってしまう。愛のためにここまで行動するスティーヴンとフィリップをついつい応援したくなってしまう…けど立派な犯罪なんだよなぁ。
スティーブンに数々の嘘をつかれ再び刑務所に入ることになったフィリップは今でも彼のことを良い思い出と思っているのかな?スティーブン自身も大事故に遭わなければこんな大決心はせず幸せな家庭の中で生きていたんだろうか?

主人公2人は実在しさらに本当にあった出来事でスティーブンは現在服役中ということが頭の片隅で回ってる…。映画の中ではスティーブンの生い立ちもあり、それがところどころ挿入されてて今のスティーブンに影響されてるのかなと。
最初のシーンで彼はもしかして…?と思わせるような作り方も結構好き(私はどんな作品でも監督の意図にまんまと引っ掛かる性質らしい。。)

スティーヴンの命懸けの大勝負はちょっと笑えませんでしが、どこか憎めないこの作品。結局なんだかんだと言いながらも面白く観れました^^あと音楽も良かった。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/634-fde043a8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。