TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シャーロック・ホームズ」

『シャーロック・ホームズ』  SHERLOCK HOLMES

シャーロック・ホームズ

製作年:2009年
製作国:イギリス
監督:ガイ・リッチー 
原作:アーサー・コナン・ドイル
出演者:ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ、レイチェル・アクアダムス、マーク・ストロング、エディ・マーサン、ケリー・ライリー

<簡単なあらすじ>
5人の若い女性を殺害した黒魔術を操る犯人・ブラックウッド卿を取り押さえたシャーロック・ホームズ。だがその後、同居しているワトソンがメアリーとの婚約を機にベイカー街221Bを出ることになりホームズは引きこもり状態に。そんな時、ブラックウッド卿の絞首刑が決まり最後にホームズと会い、「私は復活する」という言葉を残し刑が執行されワトソンが死亡を確認。ある日、ホームズが起きると彼が一目置くアイリーンが部屋におり、ある男を捜して欲しいと言う。そんな時ブラックウッド卿が蘇ったという知らせが届きホームズは再び調べ始める。

<感想>
私が想像していたホームズとはえらい違いだった!
ドラマや挿絵などに登場するホームズのイメージが私の頭の中に根付いており、ロバート・ダウニー・Jr.のイメージは全くなかった。いやはや勝手な思い込みってコワいわ…彼はどちらかと言えば刑事コロンボの方が似合ってるような…こちらも勝手なイメージ^^;
ワトソン役のジュード・ロウの方がホームズ役が似合ってると思ったのは私だけ?といいつつ彼のワトソンもありかも?と思ったり。

シャーロック・ホームズは学生の頃に読んだのですが、なんせ昔過ぎてホームズの細かい癖や定番セリフを覚えておらず「ホームズらしいや」とか「ツボ押さえてる~」という楽しみ方はできず(TT)。一体何をどう楽しむ?って感じですが(笑)、会社を早退してまで初日から観に行ったのは監督がガイ・リッチーだったから。『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』の大ファンになったものの、その後あれれ?という作品があり今回の『シャーロック・ホームズ』はどうなんだろう?…という期待があったから。

内容はオリジナルストーリーらしい。オリジナルといえども起承転結がしっかりしているので(起承部分が少々長いけど^^;)"現代版ホームズ"としては良いかなと。今思い返せばロバート・ダウニー・Jrのホームズも魅力的ではあった^^どうせなら出演者全員イギリス出身以外の俳優さんにして"アメリカ版シャーロック・ホームズ"にしてもよかったんじゃないかと思ったり。。

今作品のホームズは鍛えられた身体で格闘にも長けてます。格闘する前に相手の弱点を見抜き頭の中で倒す方式を組み立て実行。それはピタリとはまるのが凄いや!

一件落着と思われたブラックウッド卿の絞首刑。なのに生きてる?!これはどういうことなのだ?!というのが気になって仕方がなかったよ。ホームズと結婚を機に家を出ようとしているワトソンとの男の友情も描いてるんですが、そのワトソンの結婚相手、途中まで何か企んでいる裏がある女性かと思ってた^^;

なにはともあれ一般評価は割と高い今作品、掟破りのホームズとしてはOK、だけどホームズは好きだけど大ファンではない、そしてガイ・リッチーに期待してた私にとってはむむっ?!と思ってしまいました。私の感性がズレてるのかしら?ホームズの本を読んで出直してきます…

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/623-194e2162
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。