TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台北に舞う雪」

『台北に舞う雪』  台北飄雪  SNOWFALL IN TAIPEI

台北に舞う雪2

製作年:2009年
製作国:中国/日本/香港/台湾
監督:フォ・ジェンチィ(霍建起)
出演者:チェン・ボーリン(陳柏霖)、トン・ヤオ(童瑤)、トニー・ヤン(楊佑寧)、モー・ズーイー(莫子儀)、ジャネル・ツァイ(蔡淑臻)、テレサ・チー(紀培慧)

<簡単なあらすじ>
台北県東部のローカル線"平渓線"の終着点・菁桐。幼い頃に母親が出て行ってしまい町民に育てられたモウ。恩返しする意味で町を離れず毎日町民の雑用をこなしながら母親が帰ってくるのを待っていた。一方、大型新人として売り出し中のメイは新作発表の前に声が出なくなり、周囲に何も言わず台北を離れ菁桐駅に降り立った。偶然モウが宿を世話したことから2人は心通わせるようになりメイの声も徐々に回復していく。そんな時、記者のジャックがメイを見つけ菁桐にやってき、その後メイが想いを寄せているプロデューサーのレイとマネージャーもやってきた。歌手として再出発するメイだったが……

<感想>
全く違う世界で生きてきた2人が出会い、田舎町の風景と時間が2人包む…という感じ。メイは現実逃避して菁桐へやってきた訳ですが、陳柏霖くんの心を奪い、自分自身は癒され、台北からお迎えがきて戻っていく。……陳柏霖くんの立場は?!と思ったりもしたのですが"姿を消しても誰かに捜して欲しい"ということを知り、自身もアクションを起こすきっかけとなったのでこれはこれでいいのか…いいのかな?!

町の風景はホント良かったー。陳柏霖くんのが話す優しい会話もステキ。でもね、ストーリー内容が^^;この作品って4ヵ国のコラボらしいのですが、そのせいなのか色んな要素が入ってるような気がする。せっかく菁桐を舞台にしているんだから台湾色を前面に出して欲しかったな。
最初の方で歌を背景にメイとプロデューサー、マネージャーが傘をさしてるシーンがあったのですが、私にはどうしても80年代のアジア映画にしか見えず全体を通してこのシーンだけアンバランスに感じてしまいました^^;
ラストもどう理解したら?幻想?現実?あとメイが菁桐の舞台で歌うシーン、実際生で歌ってなかったのが残念。

莫子儀くんは『遠い道のり』での泣きじゃくりシーンが印象的だったのですが今回は嵐の二宮くんに見えたり、楊佑寧は私の中では『僕の恋、彼の秘密』のイメージしかなかったので、画面に登場した時こんなキャラだっけ?とびっくり!紀培慧は『九月に降る風』の子だ!とすぐにわかりました。こんな不思議ちゃんキャラもいけるのね^^ そして陳柏霖くん、いつ見てもかっこいいなぁ。。ふとした表情が金城武に似ていてとても魅力的。

個人的に町の風景が楽しめた作品でした。ストーリーはゆるーく優しい雰囲気でした。平渓線の宣伝には大いになったと思う^^

台北に舞う雪1

余談:予告編でアメリカ映画『やさしい嘘と贈り物』が流れてたのですが、予告を観ただけで泣けてきたよー(TT)。この作品は4月上映。。予告編で泣けるんだから本編はきっと大泣きのはず。久しく大泣きしてないので泣きに行こう。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
菁桐の風景がよかったですね。
物語については特別な感動はありませんでしたが、
魅力的な陳柏霖君、キュートな紀培慧ちゃんが印象に残り、満足でした。

>自身もアクションを起こすきっかけとなったのでこれはこれでいいのか
私も同様の疑問がわきました。
「これでよかった」という肯定する答えがほしかったです。
お母さんが見つかれば、メイちゃんに対するわだかまりもなくなるんだけどね。
お母さんが歩いてくるシーンは幻想と受け取りましたが、どうなのかしら。
こんな風に考えていくと、きりがありません。

なお、莫子儀くん演じる記者が「メイはモウと一緒になれば幸せになれるけれどレイと一緒だったら不幸になる」と断言していましたが、結局彼女は幸せになれたのだろうか、というのが最大の疑問です。
やっぱりきりがありません。(笑)
2010.03.01 17:26 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん^^

>お母さんが歩いてくるシーンは幻想と受け取りましたが、どうなのかしら。
私も幻想かなと思います。「雪が降ったら母親が帰ってくる」ということなので
雪(?)が降った後に母親の幻想を見、それで捜しに出たと。
って本当に捜しに出たんですよね?メイが最後に見たモウは幻想ですよね??

莫子儀くんが言ったセリフも同じく大疑問…。ホント謎が深まるばかり^^;
平渓線の宣伝と、孔雀の森さんがおっしゃるように景色や俳優の表情などの
「切り取った一枚」を楽しむ作品と自分を説得してます。。

すでに航空券と宿も手配済みなんですね!23日までなら
平渓線も行けなくはないですね☆
孔雀の森さんのことなので、おそらく台北でオリジナルのアジア映画DVDや
幾米の本を沢山購入されることでしょう(笑)。感想を楽しみにしてますよ~♪
2010.03.01 21:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/615-6978c48a
台北に舞う雪
          2009年/中国・日本・香港・台湾/1時間43分(劇場で鑑賞) 監 督  霍建起(フォ・ジェンチイ) 原 題  台北飄雪 英...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。