TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アバター」

『アバター』  AVATAR

AVATAR

製作年:2009年
製作国:アメリカ
監督:ジェームズ・キャメロン
出演者:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ラズ・アロンソ、シガニー・ウィーバー 、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、ジョエル・デヴィッド・ムーア、CCH・パウンダー、ウェス・ステューディ 

<簡単なあらすじ>
22世紀、車椅子生活を送っている元海兵隊員のジェイクは亡くなった兄の代わりに5万光年離れた衛星パンドラ行くことになった。パンドラには地球人に似た"ナヴィ"という民族が暮らしているが、そこは地球人にとっては有毒な大気だった。よって地球で必要なアンオブタニウムが存在するためそれを採掘・研究をする"アバター・プロジェクト"が進められていた。すなわち地球人とナヴィのDNAを合成させた肉体をつくり、それに意識を転送し人間がコントロールするというもの。ジェイクはアバターの体を借りナヴィの生活に入り情報収集するが次第にナヴィたちの生活を脅かす任務に疑問を抱くようになる。ナヴィの女性ネイティリに恋をしパンドラの自然に魅了されたジェイクは苦しい決断を下すことになる。

<感想>
1月末の週末に観に行ったのですがすごい人気にびっくり!私が観た回も次の回も満席。前日にネット購入してて良かった(TT)。昨日、映画館に行ったのですが夜の回のアバターは満席。相変わらずすごい人気だなぁ。

3Dってかなり昔に青と赤のセロハンメガネをかけて観たような記憶があるのですが最近はちゃんとメガネのような形になってるのね…さらに3Dって目の前に何かが飛び出して見えるイメージがあったのですがこれも違った^^;
どちらかといえば奥行きが楽しめるというかCG・アニメにリアル感が出ていたというか…表現が難しい~。でもメガネをかけると全体的に暗くなり、また2時間以上も3Dを観ると目が疲れました。数年後にはメガネ自体も改良されもっともっと見やすくなりそう^^

RDA保安部門はアンオブタニウムを得るためナヴィが生活している場所を襲撃しようとしており、ジェイクから内部の様子などの情報を得ていた。一方、科学者グレースは純粋にナヴィを研究し理解しようとしている。利己的で貪欲な人間と研究熱心な人間との間には温度差が…その間に立たされるジェイク。

良くも悪くもザ・アメリカ映画という感じがしました。内容的にもスケール的にも。というよりこの作品を観てから半月以上経ってしまいどう感想を書こうか迷ってるのが正直な感想^^;とりあえず備忘録なので観たことだけは書いておこうかなとアップしてみました。超大作で面白かったのは面白かったのですが、ザ・アメリカ映画という雰囲気にはどっぷり浸かれないひねくれた私でした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/609-7026fa98
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。