TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海角七号  君想う、国境の南」

『海角七号  君想う、国境の南』  海角七號  Cape No.7

海角七号

製作年:2008年
製作国:台湾
監督・脚本:ウェイ・ダーション(魏徳聖)
出演者:ファン・イーチェン(范逸臣)、田中千絵、中孝介、マー・ルーロン(馬如龍)、リン・ゾンレン(林宗仁)、マー・ニエンシエン(馬念先)、 ミンション(民雄)、イン・ウェイミン(應蔚民)、ダンナイフージョンルー(丹耐夫正若)、マイズ(麥子)、シノ・リン(林曉培)、レイチェル・リャン(梁文音)

<簡単なあらすじ>
台北でミュージシャンとして成功するという夢に破れ故郷・恒春に戻ってきた阿嘉は、町議長でもある継父に郵便配達の仕事を紹介される。郵便物の中に宛名が日本統治下の小包を見つけるが、日本語で書かれているため阿嘉は内容を知る由もなかった。ある日、日本人歌手・中孝介を招いて催される町興しライブの前座バンドのボーカルに選ばれた阿嘉だったが、年齢もジャンルもバラバラの即席バンドのため練習は思う通りに進まず曲作りも難航していた。一方、たまたま恒春を訪れていた雑用ばかりしている売れないモデル友子は、中国語が話せるため急遽バンドのマネージャーを押し付けられる。ライブの日が近付く中、友子は阿嘉の部屋で日本語で書かれた手紙を見つけ、阿嘉に「大事な手紙だから絶対届けて」と告げる。ライブ当日、即席バンドはうまく演奏することができるのか。また今は存在しない住所に手紙は届けられるのか。

<感想>
60年前、若い日本人教師は台湾人女性の小島友子(日本名)と恋に落ちていたが敗戦により台湾から引き揚げることになった。日本人教師は船の中で友子に宛てた手紙を書き始める…

この手紙が阿嘉が見つけたもので、現代の話の中で台湾人女性の友子に宛てた手紙の内容が冒頭から始まり、随所で朗読という形で挿入されています。60年前の話と現在の話の女性の名が2人とも"友子"、中孝介は日本人教師役と本人役を。なので昔と今とで何かしら人物にリンクがあるのかと思ってましたが違った^^;

寄せ集めバンドは大人の事情をよくわかっているクールな小学生から月琴奏者国宝の茂じいさんまで、年齢だけでなくキャラも様々。特に茂じいさんのキャラはツボにはまった~。町議長も実は家族思いでわが町のことを誰よりも考えている。見た目は怖いのに(笑)。メンバー達のキャラはホント様々だけど個々を見ると普通に生活している台湾語を話す人々。ああ、これが台湾なんだと思うとますます台湾が好きになっていくよ~。

日本人女性・友子はなんてヒステリックで怒りっぽく自分勝手な女性なんだろうと見ている間ずっと思ってました^^;実は異国の地で頑張ってるのにモデルとして時代に合ってないと言われ雑用ばかりの毎日、北京語はわかるが台湾語が理解出来ないもどかしさ、辛い・寂しい気持ちを胸に抱えても弱音を吐けない(吐く場がない)現実、イライラばかりが募り怒りっぽくなってるようです。
普段から十分言いたいことを言ってストレス発散してるように見えるけど^^;ライブ前に手紙を半ば強制的に届けさせたものの戻ってきた阿嘉に「遅いじゃないの!」と文句まで言っちゃう。
でもここに中孝介との仲介をしてるという責任感もチラホラ。60年前の手紙もなんとかしたいけど、今、任されてる仕事の責任もある。この葛藤が怒りっぽいと誤解されてしまう要因なのかも…と後になって思えてきました。

60年経ってやっと届けられた手紙、それを無気力な生活をしていた阿嘉が届けることに意味があるのかな。60年前の日本人男性と台湾人女性の叶わなかった恋に終止符を打ち、相手に想いを届けるということが現在の台湾人男性と日本人女性のどこかもどかしい恋に新たな展開をもたらしたのでしょうか。

ホテル従業員女性が友子の簡単な説明だけで大事な真実がわかったことの唐突さ、阿嘉と友子の急激な接近、ライブ前での友子への阿嘉の告白(そんなことが言えるまでの関係に2人はなってたの?!)の急展開に驚きもしましたが、ラストのライブは最高の一言!バンドも一体、阿嘉も自分の今の気持ちに正直になれた、そして日本人歌手・中孝介と台湾人バンドが一緒になって歌う。この一体感がなんとも言えない。『國境之南』はいい歌だ(TT)。
映画の中のロケーションも良く、いつか行こうと誓ったのでした。


映画館に映画の中にも出てくる"馬拉桑"が売られていたので購入。映画の中に出てくる袋、箱、瓶と一緒なのでかなり感動しました(TT)。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
とても感動的な作品でしたが、TKATさんがおっしゃる
「唐突感」もとてもよくわかります。
友子がサンダルでガラスを割るシーンからは、その晩の
進展は予想もつかず、びっくりです。
でも翌朝阿嘉ママが友子に笑いかけるシーンを見て、
その唐突感を許す気になりました。(笑)あのママも好きだわ~

『國境之南』、いい歌ですよね~ しばらく前に近所の
カラオケで見つけて、キーを少しあげて歌ってみました。
テンポが遅いからかえって難しかったです。

馬拉桑のお味はいかがでしたか?あの馬拉桑クンも
面白いキャラでしたね!
2010.01.17 07:38 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says..."今「國境之南」を聞きながら書いてます☆"
おはようございます、孔雀の森さま^^
そうそう、友子が泥酔した晩の進展にはびっくりしました。
最初は酔った勢いで?!なんて思ったりしましたが2人の間には
ちゃんと愛が成立してたんですねー(驚)。
台湾で映画公開されたあと、范逸臣は「なぜあんな展開に?!」
と周囲から質問攻めにあったそうです。皆同じことを思ってたのね^^;
でも確かに阿嘉ママの優しい笑顔で唐突さが気にならなくなりました。
実生活でも阿嘉ママと町議長(阿嘉継パパ)はおしどり夫婦なんですよね^^

馬拉桑クンのキャラが面白すぎて思わず劇中と同じお酒を
購入してしまいましたがとっても甘かったです(><)。
高粱酒vs小米酒なら個人的には高粱酒に一票!
2010.01.17 09:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。