TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「竊聽風雲」

『竊聽風雲』(盗聴犯~死のインサイダー取引~)  OVERHEARD

竊聽風雲

製作年:2009年
製作国:香港
監督:アラン・マック(麥兆輝)、フェリックス・チョン(莊文強)
出演者:ラウ・チンワン(劉青雲)、ルイス・クー(古天樂)、ダニエル・ウー(呉彦祖)、アレックス・フォン(方中信)、チャン・ジンチュウ(張静初)、レイ・チーホン(李子雄)、マイケル・ウォン(王敏徳)、ヨン・リン(楊羚)、ラム・カーワー(林嘉華)

<簡単なあらすじ>
企業犯罪を取り締まるジョン(劉青雲)とヨン(古天樂)、マックス(呉彦祖)ら捜査官は株の不正取引の疑いがある企業:風華國際を24時間監視・盗聴していた。風華国際の大株主の1人であるローからインサイダー情報を盗聴で聞いたヨンとマックスはその情報を記録から消し、それぞれ悩みがある2人は自分たちのためにその儲け話に手を出してしまう。そのことを知ったジョンは止めようとするがヨンの事情を知り、また株の上昇を見ているとそれ以上反対できなくなってしまう。捜査官としての一線を越えてしまった3人はそこから悲劇が始まる…

<感想>
おそらく日本語版DVDはまだ出ていないと思うのですが、機内映画で観たので日本語字幕付き。嬉しいな~♪ただでさえ株のことはわからないのに、その上、中文字幕鑑賞だったら今頃きっと頭の中クエスチョンで埋まってるはず。。

冒頭で株の株の不正取引がある会社に盗聴器やカメラ等いろいろと仕掛ける3人なんですが、凄いねー、あんな風に監視するんだ。ってか捜査官だよね?まるでスパイ映画を観てるようだわ。。

まずは人物の整理。
・ジョン(梁俊義)=劉青雲
3人の中でちょっとだけリーダー格みたいな感じ。上司の奥さんと付き合っている。←もともとジョンと上司と奥さんは友達だった模様。だが2人のことを知らない上司は浮気相手を知るためジョンに妻の部屋を盗撮するよう頼む。ジョンは仕方なくカメラを取り付けるハメに。

・ヨン(楊真)=古天樂
数人の子供を持つ父親。幼い子どもが病気なだけでなく自身も癌に侵されている。よって自分が死んだ後、家族が困らないように大金を残しておきたいと思っている。

・マックス(林一祥)=呉彦祖
結婚相手はお金持ちの家柄。給料が少ない捜査官のマックスは義父とゴルフに一緒に行くが身分の差をひしひしと感じ、将来ずっとこんな感じなんだと思い憂鬱になってる様子。

とそれぞれに悩みはあるのですが、ヨン以外はそれほどの悩みじゃないような…^^;ジョンとマックスは自らが選んだ道だし、こういう悩みが出てくるのはわかってたはず。。高騰していくのを目の当たりした時、ヨンは「ここで止めよう」と、マックスは「もっと上がるんじゃないか」と。ヨンは家族のために確実にお金が欲しい、マックスはスリリングなギャンブルをしているように見えます。

これら悩みから捜査官という立場なのに私欲のため証拠隠滅、不正隠匿し、挙句の果てにどん底まっしぐら~。よく考えたら不正をした捜査官が復讐し相手の不正を暴こうとするって…^^;でも古天樂を見た時、その姿や家族のことを考えるとそんなことは気にならず(TT)。いけないこととわかっていながら不正な事に手を出してしまい、結果がコレってかなり悲惨です。悲惨すぎです。観終えてふと思ったこと→呉彦祖は動機も薄ければ彼の結末もなんか印象薄いよ…

この映画を観て2週間以上経ちますが、1番に思い出すのは古天樂の悲しい姿。早く『大内密探霊霊狗』を観て愉快(?)な古天樂に出会おう。

-4 Comments

SOFFY says...""
良いなー!日本語字幕で観れて!

そうそう、これは古仔一家がひたすら悲惨なんですよね・・・
自分達が犯してしまった罪の結果がこれって。
でも何故古仔だけここまでされなきゃいけないの!

うん、早く霊霊狗を観る事をお勧めしますわ(笑)
2010.01.13 13:56 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
そうそう、古仔一家がひたすら悲惨!
ってかホント、なんで彼だけがこんな目に(TT)。

既に日本語字幕があるってことはいずれ日本語版DVDも
発売になるってことかな?
そしたらSOFFYさん、またこの作品をご覧になるのかな~^^
その時は再び古仔一家の悲劇を目の当たりにしてくださいませ。。

>うん、早く霊霊狗を観る事をお勧めしますわ(笑)

うん、早く観ることにしますわ(笑)。
2010.01.14 10:03 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
こんにちは♪
このところPCから遠ざかっていて、諸事情に気づくのが遅く
なってしまいます。
いやいや、ほんとうに悲惨な内容でしたね。
特にヨンがあまりにも可哀そうで…。
欲に目がくらんで理性が吹っ飛んでしまう瞬間を、まざまざと
見た思いです。
こういう作品の鑑賞は、暗い映画館よりも、むしろ飛行機のような
オープンなところの方がいいような気がします。

話は変わりますが、映画祭の日程が発表になりましたね。
映画週間20日の『失恋の30日』『独身の行方』は観たいです。
2012.09.28 09:23 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀のもりさん☆
お手数おかけしてごめんなさい!

「夏の香港傑作映画まつり」で観に行く予定にしてましたが、
あらすじを読むと、どうも知ってるような内容。
それで自分のブログで探すと感想まで書いてた次第で^^;
気付いてよかったです~。
じゃなきゃまたラストを観て凹むとこでした。。

さて映画祭ですが、今日、じっくり日程を調べました!
東京国際はチケット購入方法が変わり、ちと戸惑ってます(>_<。)
内容については孔雀の森さんがブログで書かれているので、
そちらにコメントしまーす^^
2012.09.29 20:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/582-a8364ed7
盗聴犯~死のインサイダー取引~
2009年/香港/1時間40分(劇場で鑑賞) 原 題  竊聽風雲 英 題  Overheard 監 督  麥兆輝(アラン・マック)  莊文強(フェリックス・チョン) 出 演  劉青雲(ラウ・チンワン...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。