TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パディ・クラーク ハハハ」 ロディ・ドイル

『パディ・クラーク ハハハ』  PADDY CLARKE HA HA HA

パディ・クラーク ハハハ

 著者:ロディ・ドイル (Roddy Doyle)
 訳者:実川元子
 出版社:キネマ旬報社




<簡単なあらすじ>
ダブリン郊外のバリータウンに両親と兄弟と住む10歳のパティ(パトリック・クラーク)は友人にイタズラしたり弟をいじめたりするサッカーが好きな悪ガキ少年。だが家では両親が喧嘩しているのを聞くとどうして2人は喧嘩するのか考え夜も寝れない。両親の不仲がパティの生活にも影響し始め…。

<感想>
バリータウン以外の町で万引きごっこをしたり、意味もわからず下品な言葉や酷い言葉を大声で連発したり、玄関のベルを押して逃げるといったかわいいイタズラから、罠をしかけたりするが運が悪かったら大怪我に繋がるような罠、弟の口の中にガソリンを入れて火をつけたりと度を超えたイタズラまで、パティは友達はやんちゃな男の子たちだわ^^;1対1の喧嘩だって真剣。

だけど両親の前ではやはり子供、意外と泣き虫だったりするんです。サンタクロースは信じてないけど女性はおならが出来ないと友人達と議論したり、母親以外の人にキスをするのはバカげてると思ったり。。

子供たちの朝は早い!早起きしすぎていつも両親の部屋へ行き「まだ起きちゃいけない朝?」聞く兄弟。何度も出てくるこのシーン、結構好き^^毎日走り回って遊んでるからぐっすり寝れて朝早く目が覚めるんだろうな。

母は可愛くて父はすてきと思っているパディは両親が喧嘩するのに対しいろいろ考え、そしてこの喧嘩からいろいろと感じ取ってます。両親が喧嘩してる中に入りいい雰囲気を作る努力したりも。だけどそのうち母親は前より痩せ、父は年をとったように見えてきます。だけどいくら考えてもどうすることもできず2人に仲良くなってもらいため家出を計画したり夜も寝れないほどとっても繊細だったりするわけで。弟のシンドバッドをしょっちゅうイジめてるのに、急に抱きしめて泣いたりとかしたりも。

パティはまだ少年で多感な時期。外ではやんちゃなことばかりしてても、家の中では不穏な雰囲気の両親を見てもいつもと変わりない生活が送れるよう平気になりたい、→冷酷になりたいと思うように。

バリータウンは永遠に自分たちのものだと思っているけど、少年時代はいつまでも続かない。子供が持っている残酷な面と繊細な面が上手く取り入られているかなと。いろんな状況が子供たちを成長させていく、そんな物語でした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/573-79401a22
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。