TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Silence ~深情密碼~」 #17・#18・#19・#20

『Silence ~深情密碼~』  #17・#18・#19・#20 

Silence~深情密碼~ DVD-BOX II

 製作年:2006年
 製作国:台湾





 出演者:威偉易(ウェイイー) → ヴィック・チョウ(周渝民)
      趙深深(シェンシェン) → パク・ウネ(朴恩惠)
      左鈞(ズオジュン) → アンディ・ホイ(許志安)
      米暁光(シャオグァン) → メーガン・ライ(頼雅妍)
      黄至(イエロー) → ワン・チュアンイー(王傅一)
      胡漢新(ハンシン) → ジン・トン (靳東)
      徐莉(シューリー) → キャロライン・チェン(陳珮騏) 
      左 父(ズオおじさん) → スタンリー・フォン(馮粹帆) 
      萬美如(ワン・メイルー) → ヴィッキー・リウ(劉瑞) 
      威振洋(チー・チェンヤン) → 劉尚謙

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第17話:運命の答え
ひょんなことから清掃員から会社のイメージや理想像を聞いた偉易は社員が求める会社にしようと左鈞の残業に付き合う。一緒に行った工場で偉易は自ら作業を作業員達と一緒にし平凡な幸せを感じる。一方、戚パパから呼び出された暁光は欲しいものは全力で勝ち取るんだとハッパをかけられ、仕事と称し深深にインタビューし恋愛面に対して辛辣な言葉を投げつける。だが暁光の口から威偉易の名が出て深深は気付く。そして偉易と初めて出会った病院へ向かうが…

やっと、やっと深深が偉易のことを気付いた~(TT)。内容はどうであれ暁光のお陰だね。暁光も深深に対し嫌な女にならなければこんなことにならなかったのに皮肉だ。だけどやっぱりここはドラマ、2人が気付いてもそうは問屋がおろさないってもんです。だってあと11話もあるんですもん。ふふ。次はいつ会えるか運命に任せることにした偉易、そうなんだよなー、ホント時間がない(TT)。深深のことをいつか自分の所へ戻ってくると言う左鈞は深深にプレッシャーというか追い込みをかけてるとしか思えない(><)。しかも最後にあんなことを。
清掃員の女性は面白い^^偉易のことを社長と知らず言いたい事を言う(笑)。でもそれが的確なアドバイスだったりするから偉易はラッキーだったね。生の従業員の声を聞けたんだから。平凡な幸せを感じる偉易。これからもっともっと平凡な幸せをさせてあげたいけどなんせ時間が(TT)。この清掃員があとになって偉易の正体に気付きあためふためく…なんて姿が見たい(笑)。


第18話:遅すぎた再会
深深と偉易の前でわざと車にぶつかった左鈞、心配した深深はずっと看病し続ける。今になって会社での自分の風評や平凡な楽しみ方、そして失恋の痛みを知った偉易は暁光にそのことを告げる。一方、戚ママを病院に連れていった偉易はそこで深深と再開し2人で教会に行く。

せっかく深深が気付いたのに相変わらず進展しない2人^^;深深にずっと看病をさす左鈞はどんどん嫌な男になっていってます…。一途もここまできたらちょっと…。偉易から正直な言葉を聞いた暁光はこれからどうするんだろう。もう邪魔しないのかな?情緒不安定の戚ママを見てると、偉易がいなくなった時どうなってしまうんだろと心配。
清掃員の女性再登場!いいキャラだわ(笑)。ところでヤクルトとワインのようなものを混ぜて飲んでたけどイケるの?


第19話:壁越しの交信
左鈞が偉易の素性を知っていながらずっと隠していたことを知った深深は怒って教会から飛び出す。それを追いかけようとし左鈞は足をすべらせ負っていた傷がさらにひどくなり、看病に疲れきった深深は病院の帰り倒れる。偶然居合わせた偉易により介抱されるが、急に発作が偉易を襲う。一方、戚パパは出張前に青島で偉易の秘書をしてた徐莉を本社に異動させる。

左鈞は一体どこまで深深にしがみつくんだろう。辛い立場の深深、偉易に抱きしめられた時ほんと幸せそうな顔をしてる^^感謝してる人と愛してる人との間で苦しい選択を迫られてる深深は病院にきている戚ママが母親に見えてしまうのですが、戚ママって頼りになるわ~。今のところ偉易の母親とは知らずいるところがとってもドラマっぽいけど^^;ドラマっぽいと言えば徐莉の再登場。またまた何かやらかしそうな顔をしてます…
と・こ・ろ・で、イエローの姉が登場!まさかあの女性だったとは~。ふふふ、この女性が登場すると楽しくなります^^


第20話:あと5分で
左鈞の見舞いにきてた徐莉は同じ病院の診察に来ていた偉ママと出会い意味深な言葉を残して去っていく。左鈞の前から姿を消した深深は秘密基地で偉易と出会うが、偉易に冷たい態度を取られた深深は悲しむ。だが偉易の昔の家の電話番号と今の携帯番号が同じことを知りわずかな希望を持つが…。一方、偉パパは偉易と暁光を無理やり結婚させようとパーティーを開こうとする。落ち込む暁光は電話でイエローを呼び出すが急いでその場に行こうとしたイエローは事故に遭ってしまう。

徐莉の正体がわかったような気がする…。そういう事だったんだ。このドラマは好きな女性のためなら無茶をする男性ばかりだ^^;一生懸命なのに相手には伝わらない。落ち着いたと思ったら周囲が偉易と深深を引き離そうとする。しかも今度は偉パパの策略により強硬手段に出ようとしてる!こりゃ絶体絶命だよ(><)。これからどうなる?

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは♪
最終回はまだまだ先なのですね。
観ていないのでとんちんかんなこと言っても許してください。
ちょっと注目したことがあります。

>このドラマは好きな女性のためなら無茶をする男性ばかりだ^^;
他のドラマでそのような場面を見たことがあります。
こういう展開は、女性としては、気分がいいです。
自分だけのために無茶をしてくれる男性がいたら…
と期待する女性心理をついているんだなあ、なんてね。

めまぐるしいお話のようで、最終回が楽しみです。
観ていない私が言うとおかしな台詞ですね。
2009.11.17 21:52 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは♪

>観ていない私が言うとおかしな台詞ですね。
いえいえ、女性心理は万国共通ですわ♪
自分だけのために無茶をしたり一生懸命になってくれる姿は
女性心理としては嬉しいですよね。
気になる男性がいても、その男性が振り向いてくれない時に
別の男性からそのようなアプローチがあればぐらっときちゃいそう。

愛されてる実感ととるか、ただ単に「ウザい奴」ととるかは
女性次第かしら。。もちろん少しでも好意を持ってる男性からなら前者だけど、
そうでなかったり他にとても好きな人がいるとすごい重荷になるかも^^;

ドラマの中では…微妙~なとこです。
無茶をし多少は振り向いてくれそうな気配がありつつもそうでなかったり…。
観てる側は「んん、もう!」とハラハラしぱなっし(笑)。
1人は好きな女性に対し今まで通り一生懸命頑張って欲しいですが、
もう1人はそれ以上の無茶振りはもうやめて~!という感じかなぁ。
内容的におそらく最終回に近付くにつれ涙涙となるはずなので、
そろそろハンカチを用意して観ようかと思います^^
2009.11.18 19:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/563-fdb6f927
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。