TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クラッシュ」

『クラッシュ』  CRASH

クラッシュ [DVD]

 製作年:2004年
 製作国:アメリカ
 監督:ポール・ハギス




出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジート、ウィリアム・フィクトナー、ブレンダン・フレイザー、テレンス・ハワード、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、タンディ・ニュートン、ライアン・フィリップ、ラレンズ・テイト、ノーナ・ゲイ、マイケル・ペーニャ、ロレッタ・ディヴァイン、ショーン・トーブ、ビヴァリー・トッド、キース・デヴィッド、バハー・スーメク、トニー・ダンザ、リーナ・アロヤヴ、ダニエル・デイ・キム、ビリー・ガロ

<簡単なあらすじ>
多くの人は車内にいるから人と触れ合うことが少ない車社会ロサンゼルス。車が衝突することにより人種・年齢・階層・職業の違う人々がぶつかりさまざまな感情や心の中の葛藤、悲しみを前面に出したヒューマンドラマ。

<感想>
最初に事故が起こり、そこから様々な感動する人間ドラマがあるのかと思ってましたが違ったみたい^^;
車だけでなく、人々がクラッシュすることにより各々の感情(あるいは心の中に溜めてあった感情)が対立。言葉で罵倒したり銃だったり…方法はさまざま。けど悪い対立ばかりでなく、いざという時にはわずかな光が差し込んだり…各々のエピソードがあり時折交差したり絡んでたりします。

家の鍵の修理に黒人が来たことで癇癪起こす女性、アラブ人だと誤解され店が強盗にあってしまうペルシャ人家族のエピソードは人は意識的にも意識せずとも外見的・表面的な部分だけで人を判断してしまうというのがよくわかる。

刑事のライアンは人種差別主義者。父親の介護(尿道炎)を気遣ったりする一面も。父親の過去の経緯から人種差別主義者になったかと思われますが、決して心から思ってる訳ではない。ライアンはわかりやすいほど良い面悪い面がはっきりしてる。自分が差別した相手を助けようとするが逆に拒絶されてしまうことで何を思う?

差別をする人間を軽蔑していた若い警官も印象的。表面的には人種差別に対し嫌悪感があるものの、心のどこかで黒人に対し偏見を持っていたことに自分自身が気づいた瞬間・・・しかもその相手となる人物は人種差別にどちらかと言えば無頓着な黒人男性。この2人を巡り合わせたのは皮肉としかいいようがない。

もう一つ、鍵を修理する男性の話で娘に聞かせる「透明マント」の話。ぎゃー!と思った次の瞬間、うるっときちゃった(TT)。怖がる娘に透明マントの話をする父親(といってもこの話のお陰で怖いもの知らずの娘に^^;)、そしてペルシャ人親子では父親のためにした娘の行動には親子間の繋がりを感じます。

銃、強盗、人種売買なども含まれ重いテーマなんですが(が観終えたあとはさほど重く感じない)、どこでも同じことが起こっている、今日もどこかで…という日常的な一部なんだろうな。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/556-f1ff4161
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。