TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Silence ~深情密碼~」 #5・#6・#7・#8

『Silence ~深情密碼~』  #5・#6・#7・#8 

Silence~深情密碼~ BOX1 [DVD]

 製作年:2006年
 製作国:台湾





 出演者:威偉易(ウェイイー) → ヴィック・チョウ(周渝民)
      趙深深(シェンシェン) → パク・ウネ(朴恩惠)
      左鈞(ズオジュン) → アンディ・ホイ(許志安)
      米暁光(シャオグァン) → メーガン・ライ(頼雅妍)
      黄至(イエロー) → ワン・チュアンイー(王傅一)
      胡漢新(ハンシン) → ジン・トン (靳東)
      徐莉(シューリー) → キャロライン・チェン(陳珮騏) 
      左 父(ズオおじさん) → スタンリー・フォン(馮粹帆) 
      萬美如(ワン・メイルー) → ヴィッキー・リウ(劉瑞) 
      威振洋(チー・チェンヤン) → 劉尚謙

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第5話:希望の光
左鈞は深深のために朝早く1人で病院の予約を取りに出かけるが、偶然知り合った四喜院に住む少年:阿翰の姉:阿玲(この時点ではまだ少年の姉だとは知らない)が不良にからまれているところを助けたため病院に遅れてしまう。一方、観光をしていた深深はバスの中で偶然に偉易と出会い2人で観光に行く。偉易は青島の会社で四喜院に関するある業務を進めていたのだった。

こんな偶然ってある?青島で深深と偉易が偶然バスの中で出会うって?ないよね普通は。今回の青島での再開で深深と偉易の仲がぐっと縮まったような…。左鈞のことをすっかり忘れるところを見ると…やはり左鈞には愛情がないですか、そうですか…。帰りが遅くなって左鈞に責められる深深、この時の言い訳で深深が少しイヤな女に見えてしまった^^;
ところで偉易の秘書:徐莉、ただ単にやり手なのか偉易に気に入られようとしているのか何か意図があるのか、はたまた彼を狙っているのか…まだまだ未知数。その前に深深、自分のことなんだから観光してないで自分自身が早起きして病院に予約取りに行きましょう。


第6話:すれちがい
四喜院で世話になってる深深と左鈞、立ち退き問題で色々ある中、深深と偉易はここでまた偶然出会ってしまう。だが今回は立ち退く側にいる深深、立ち退きを強制している偉易という立場だった。そして深深の治療は四喜院の人たちによって先生の診察を受けることが出来たが治療には時間とお金がかかるとのこと。左鈞は治療費を稼ぐため運転手に応募するがそこは偉易の会社だった。採用になるが四喜院の住民を追い出そうとしている人の所で働くのを反対する深深。左鈞は許してもらおうと情人節の日に深深を呼び出すが、深深の姿は空港にあった。

深深の声は何かのきっかけで突然治ることもあるし一生治らない可能性も…。私の想像ではきっと治る!左鈞が絶対治してくれると信じて。←でもおそらく違うきっかけだと思う^^;
偶然応募した会社が偉易の会社でしかも社長自ら採用!絶対何かある、絶対何か企んでる。きっとそうだ。しかしよっぽど縁があるんだな、深深&左鈞と偉易は。ところで第2話で左鈞が偉易が例の男性だと気付いたと思ってたんですが、この回で気付いたのね^^;そういや偉易、名前を言ってなかったんだ。ってことは深深が知るのも時間の問題?!偉易の母親の状態も気になるところ。


第7話:抑えられない不安
空港で偶然出会った深深と偉易、その後一緒に食事をし四喜院の話になり深深はワインを飲みすぎてしまう。酔いつぶれた深深は壊れた靴を買ってもらい四喜院まで送ってもらうがそれを知った左鈞は不安な気持ちになる。そんな時、四喜院の住民:扁豆に新たな仕事が舞い込む。が、同時に徐莉が作業員を伴い解体工事にやってくる。深深に解体工事を延期してくれと頼まれた偉易は延期を決めるが・・・。そんな偉易、また胃が痛くなり深深に病院に連れていかれるが、そこで旧友である医者の漢新に出会い検査をすることになった。

偉易は四喜院で暮らす兄弟を見て考えが変わったよう。でもおそらく深深と出会ってなければ四喜院の住民を見ても資料を見ても考えは変わらなかっただろうなぁ。深深と出会ってから少しずつ変わってきた偉易。その情が今までとは逆の意味で仕事に影響しなければいいけど…
そしてやっと検査を受けたわけですが結果が気になる~。も1人気になるのは徐莉、何かしでかしそうでコワい…。こやつは悪い顔だ~。


第8話:思いもよらない報告
扁豆の仕事を手伝うため四喜院で暮らすことになった深深&左鈞。仕事も順調に思われたが四喜院を出て行った小紅に徐莉が近づき大金を渡しあることを頼む。そんな時、扁豆と仕事場が何者かに襲われ扁豆は怪我を負い、さらに小紅に酷いことを言われた阿翰&阿玲兄弟は四喜院を出ていく。小紅が偉易の会社からお金を貰ったことを知った深深は会社に乗り込むが…。そしてその後、偉易の病名が判明する。

不意打ちでキスしようとした左鈞、深深にあんな顔されちゃ辛いよね。左おじさんから「左鈞のこと好きか?」と聞かれ「好き」と深深が思わず言ったのを陰から聞いていた左鈞。当然両思いって思うよね。でも深深の行動から不安になるばかり…。時々深深の態度が腹立たしいよ。
それよか深深は13年前の少年の名前ちゃんと覚えてたんだ!ってか偉易とあんなに頻繁に(殆ど偶然だけど^^;)会ってるんだから名前ぐらい聞こうよ~(><)。そしてとうとう…偉易の病名が末期の肝臓がんと判明しました…しかも余命三ヵ月。深深に言われたキツイ言葉を思い出してしまいます。互いに惹かれあいつつある2人なのにどうなるんでしょう。一体いつになったら2人は13年前の少年少女だってわかるのかなぁ。偉易の病名に気がいって忘れてた!扁豆の仕事はどうなったんだろう?

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/545-2f685713
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。