TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「麦の穂をゆらす風」

『麦の穂をゆらす風』  THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション [DVD] 製作年:2006年
 製作国:アイルランド/イギリス/ドイツ/イタリア/スペイン
 監督:ケン・ローチ
 出演者:キリアン・マーフィ、ポーリック・デラニー、
       リーアム・カニンガム、オーラ・フィッツジェラルド、
       メアリー・リオドン、メアリー・マーフィー、
       ローレンス・バリー、ダミアン・カーニー、
       フランク・バーク、マイルス・ホーガン
      
<簡単なあらすじ>
1920年アイルランド、デミアンは医者になるためロンドンに行くことになっていた。だがそんな時、イギリス武装警察の手によって仲間の1人を失った。他の仲間から「ロンドンに行くな、俺たちにはお前が必要だ」と言われ、また駅で英国兵の横暴な態度に出くわしたデミアンはロンドンに行くのを止め兄テディらと共に義勇軍の一員としてアイルランド(共和国政府)に忠誠をささげることにした。そして平和条約会議でアイルランド自由国となるが英国王に忠誠を誓うことが条約に盛り込まれていた。この条約をめぐり支持派と反対派に分裂し内戦へと発展、そしてデミアンとテディも敵同士になってしまう。

<感想>
この作品を観てから約1ヵ月経ってしまったため、詳細をあまり覚えてなかったり…^^;でも『マイケル・コリンズ』を観た後にこの作品を観たのは良かったかもしれない。

アイルランド・イギリス両国の代表が講和条約に署名、アイルランド自由国となる。だが自由国は自治領として大英帝国に留まり国会議員は英国王に忠誠を誓うという条件が盛り込まれている。英国からの完全独立を絶対実現するんだという者、その条約を遵守しようという者とで対立し、昨日まで同じ目標を持って一緒に戦っていた同胞が今日は敵に。
若者たちは英国軍に立ち向かうために義勇軍を結成したはずなのに、条約内容で支持派と反対派に分裂し内戦。デミアンは条約反対派、テディは条約承認派となってしまう。

『マイケル・コリンズ』と違いこちらは民衆が主体。コークに住む一般市民の生活は何も変わらない。貧困状況に何も変わりはないし自分たちの生活も変わらない。もちろんマイケル・コリンズやデ・ヴァレラの事情は知らないし彼らにはそんなことは関係ない。

『マイケル・コリンズ』と『麦の穂をゆらす風』はセットで観たらわかりやすいかな。前者は表舞台から見た独立運動から条約。後者は民衆から見た独立運動と条約という感じでしょうか。

仲間でも裏切ったら殺さなければならない。情状酌量はいらない。仲間を殺さないといけないほど求めるものは果てしなく大きいのか…。だけど失うものが多すぎるよ…。17歳の仲間を殺したことで一線を越え心が何も感じなくなってしまたデミアン。本来は医者になって人々の命を救う立場になるはずだったのに…。祖国を愛するため、祖国の自由のためにした代償は大きすぎる。最期は本当にせつない。兄弟でこうなるとは…。

英国軍はただ国から派遣された兵士。彼らも多くの戦友を失ってる。今度は英国軍から見たこれらの歴史に関する映画を観てみたい。

-2 Comments

hiyo says...""
どもども~、『良い』とは形容しがたい作品だけど、さすが、ヴェネチア金獅子賞だけはある。
彼等のような犠牲があったからこそ、今のアイルランドがあるのねぇ。この後、南北との闘いなど実に50年近く揉めに揉めたアイルランド。果たしてあの国は幸せになれたのか?
なんて・・・楽しかったよねぇ~♪

イギリスサイドから見たアイルランドの独立戦争、、、あるわけ無い!あったらおもろいわ。日本が第二次大戦を台湾目線で描くようなもので、あり得んだろうなぁ~。
あ、、、あったかな?確か1作あったような・・・。
とは言え、この監督も『イギリス出身』。監督のタイプからしたら納得できるけど、イギリス側としては、面白くなかっただろうな~なんて思ったりして。
まぁ、邪推ですけど(笑)。
2009.10.09 22:25 | URL | #B9A5zm5U [edit]
TKAT says...""
どうもぉ~、旅行前に書いてりゃこんなあらすじばかりの感想にならなかったのに…。今更ながら後悔(TT)。でも一応アップする(笑)。だって備忘録だもの♪こんなグタグタな感想にコメントありがとうさ~ん^^

>果たしてあの国は幸せになれたのか?

おそらくパブがあったからこそ幸せになれたはず?だって私たちも1日の疲れは全部パブでご破算になったでしょ(笑)?なんて次元が違いすぎか^^;

>イギリスサイドから見たアイルランドの独立戦争、、、あるわけ無い!あったらおもろいわ。

やっぱり?あらやっぱり?ちょっと興味があったんだけどこれを製作するにはかなり勇気&葛藤があるでしょーね。えっ、1作あるの?!なら観てみたいなぁ。

ところで荷物整理、お土産整理をして思った。結構買ったつもりだったんだけどお土産少なすぎた~(泣)。っていうか餞別くれた母親に殆ど取られた~(リネンも取られた)!次回は2日丸々お土産選びに費やさなきゃ!スーツケースの重量を気にせず行くには…、そう、hiyoさん、次は夏に行くわよ!お金を貯めるのよ!意地でも貯めるのよ!!
2009.10.10 20:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/542-aec94d19
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。