TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「隣のヒットマンズ 全弾発射」

『隣のヒットマンズ 全弾発射』 THE WHOLE TEN YARDS

隣のヒットマンズ 全弾発射
  製作年:2004年
  製作国:アメリカ
  監督:ハワード・ドゥイッチ
  出演:ブルース・ウィリス、マシュー・ペリー、アマンダ・ピート、
      ナターシャ・ヘンストリッジ
     


<感想>
「隣のヒットマン」の続編。
※以下は「隣のヒットマン」の内容を踏まえた上での感想となってます。
かつて数人もの人を殺した伝説的なヒットマンであるジミー。そのジミーがヒットマンを引退し、妻ジルとブラジルで普通の生活を送る毎日。
未来の子どもへのぬいぐるみ作りから掃除、とりわけ料理に精を出すジミーは前作よりキャラが濃くなってるような・・・。(特にぬいぐるみに注目!ヒットマンならではの発想)
妻のジルはというと、オズの元歯科助手を経て現在はヒットマンを目指しジミーから修行中ですが、踏んだり蹴ったりの状態。
一方歯科のオズは毎日を警戒しながらも妻シンシアと幸せに暮らしてる毎日。
・・・と、前作での4人がそれぞれパートナーと幸せに暮らしてるだけじゃこの物語は始まらない!!
その頃マフィアのボスであるラズロが刑務所から出所することになり、4人は一体どうなる?!
(登場人物の関係は前作を見てると理解しやすいのは勿論ですが、今作品の中でも前作での出来事や人物について少しはわかるようになってます。というかわかりやすいストーリー展開と言った方がいいかも。実際この作品を見てから前作を見た私は、前作から見たら良かった~という後悔はそれほどなし)

シンシアがラズロに誘拐されたと思ったオズはジミーとジルに合流し、3人でシンシアを助けるためにいろいろとするのですが、相変わらずストーリー展開が二転三転し、コミカルに描かれています。
個人的に好きなシーンはジミーとオズが酒場で飲んでるシーン。父親になりたい(子どもが欲しい)と語るジミーに対し、オズの合いの手といい2人のやり取りといい面白すぎ!!翌朝のシーンも笑ってしまった!!
そして少し地味目ですが、ラズロの母親もチャーミングでいい感じ♪
ただ悪役であるラズロファミリーがとことんおマヌケなのが面白くもあったり締まりがなかったり・・・。

出演者の熱狂的なファンでもなく前作を見て続編が見たいと思った訳でもなく、数ヶ月前にレンタル屋でずっと貸出し中だったのが気になってて見たという作品ですが、先入観がなかったのが良かったのか(?)とても面白く見れたので満足♪

-2 Comments

5011 says...""
TKATさん、どもです。

続編はハワード・ドゥイッチ監督なんですね。
モリー・リングウォルドの「プリティ・イン・ピンク」が懐かしいです。

タイトルからしてコメディから少し離れてしまったのかと思って未見だったんですけど。

あとTKATさんのブログをリンクさせてもらっていいですか?
2006.05.24 16:29 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
5011さん、どもどもです。

ハワード・ドゥイッチ監督って「プリティ・イン・ピンク」の監督だったんですね。いや~全然気付かなかった(笑。調べてみると「恋しくて」まで・・・。
両方ともかなり昔に見ましたが、懐かしいですね~♪
ちなみに「隣のヒットマンズ」は前作に続きコメディ健在です。

それとリンクは大歓迎、大感激でございます♪
2006.05.24 21:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/54-c96d12e4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。