TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「九月に降る風」

『九月に降る風』  九降風  WINDS OF SEPTEMBER

九月に降る風

製作年:2008年
製作国:台湾/香港
監督:トム・リン(林書宇)
出演者:リディアン・ヴォーン(鳳小岳)、チャン・チエ(張捷)、ワン・ポーチエ(王柏傑)、チウ・イーチェン(邱翊橙)、リン・チータイ (林祺泰)、シェン・ウェイニエン(沈威年)、リー・ユエチャン(李岳承)、ジェニファー・チュウ(初家晴)、チー・ペイホイ(紀培慧)

<簡単なあらすじ>
1996年夏、新竹。学年が違うだけでなくキャラも異なる7人の男子高校生。彼らは台湾プロ野球スターの廖敏雄(リャオ・ミンシュン)を応援しており、また学校をサボるのも昼食もいつも一緒でポケベルが鳴るとすぐ集合し悪ふざけばかりしていた。その中でもリーダー的存在なのは3年生のイェン。彼女がいながらいつもナンパをしており、その事が災いとなり仲間のタンがイェンに間違われ怪我を負ってしまう。その出来事をちゃかすイェンに対しタンは距離を置くようになる。あることで2人はまた親友に戻るが、その後イェンの身に悲劇が起こる。

<感想>
これは監督の長編デビュー作で、自身が過ごした場所や時代を色濃く投影させてるんだそうな。暗示的な語り口は監督が青春時代に触れてきた文学や映画、あだち充やの漫画から影響を受けたそうです。

台湾映画の次世代を担う若い俳優さんたち、当時野球ファンに大きな衝撃を与えた廖敏雄、そしてエンディングは張雨生!幅広い年齢層に支持されそうな作品だなと。でもこれってR-12だったんですが、一体どのシーンがダメなんだろう??プールのシーン?タンの空想シーン?ヤオシンとポーチューのシーン?教育上よろしくないとか?

タンは真面目で成績優秀。イェンはイケメンでナンパばかりしてるプレーボーイ。彼ら含む7人を"不良グループ"と呼ぶにはちょっと材料少なくない?私の中の不良といえばビーバップハイスクールに出てくるヒロシとかトオルみたいな感じなんだけど。←例え古っ!!このグループ、制服でどこでもタバコを吸ってるけど周りからは何も言われないのかな?

90年代台湾プロ野球界大スター廖敏雄関連の当時のニュースを時々挿入しており、イェンやタンたちと同時進行。これは当時台湾ではプロ野球界の賭博事件が大きく報道されており、ストーリーと共に当時話題になった事件を入れたのは、誰もが知ってる社会で物語のリアリティを重視したんだとか。
よってエンディングも書き直したそうな…このエンディング、台湾野球ファンには嬉しいサプライズかもしれませんが、映画としてはちょっと不自然で無理矢理とってつけたような感じがしたのは私だけ??最初に執筆した違ったエンディングを私は観たい。日本語版DVD発売あるなら特典映像として入れて欲しいなぁ。

前半は友情・恋愛といった青春を日々それなりに楽しくすごしている感じですが、後半になるとそれぞれの青春がそれぞれの形で終わろうと…決して良い思い出としては残らないであろう印象的な展開。

特に一番印象的だったシーンはタンとイェンが仲直りした後、7人がイェンの家で集まりイェンが少し横になると言った時。この時にイェンは仲間6人を見るんですが、1つの画面に6人が入っており、イェンのまぶたの裏に彼らが残るようなシーンというか、その後のイェンを暗示してるというか。
楽しい青春映画ではあるけれど、この作品は悲しみ・苦悩・別れを描いてます。とにかく良い映画です。秀作です。

ヤオシン役の王柏傑くんが少し陳冠希似でいい男!正義感があり義理人情に厚い。張捷くんもいい!彼はこれから役者として活躍するだろう感があるよ。私はこれから彼らを応援していきます!!


プロデューサー兼主人公の父役である曾志偉は『九月に降る風』と同じ1997年前後の時代設定で9人の高校生を主人公にした青春群像劇を中国大陸と香港で姉妹編を製作、その名も"九降風映画計画"をするそうな。それぞれ違った文化、映画的特徴を持つ台湾、香港、中国。こういうシリーズもいいかも。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
とてもいい作品でしたね。
これから中国大陸編、香港編が製作されるとのこと、楽しみですね!!

>このグループ、制服でどこでもタバコを吸ってるけど周りからは何も言われないのかな?
あの制服を着て…と、彼らの勇気(?)にびっくりしました。また、役者たち自身、演じているときはまだ10代ですよね。いいのかしら~と、思うのは老婆心?(笑)

>映画としてはちょっと不自然で無理矢理とってつけたような感じ
私もあのエンディングには違和感がありました。反面、あのシーンを楽しみにしている人もいるだろうな、とも思いました。おっしゃるように別のエンディングを観たいものです。

2009.09.28 08:47 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん^^

ホント良い作品でした。大陸編、香港編が楽しみです♪
この2つが成功したら日本編、韓国編、タイ編なども製作されたりして(笑)。
曾志偉だったらやりかねない!

>私もあのエンディングには違和感がありました。反面、あのシーンを楽しみにしている人もいるだろうな、とも

そうなんですよね、当時台湾社会に激震が走った出来事らしいので
あのエンディングを喜んでいる方は多いでしょうね。
別のエンディングはただ単にあの方の登場がないだけで
全く同じ終わり方だったりして^^;

さあ!王柏傑くんの出演作チェック、そろそろ始めましょか(笑)。
2009.09.29 20:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/539-dc0f6fc4
九月に降る風
2008年/台湾・香港/1時間47分(劇場で鑑賞) 監 督  林書宇(トム・リン) 原 題  九降風 出 演  鳳小岳(リディアン・ヴォーン) ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。