TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オブセッション 歪んだ愛の果て」

『オブセッション 歪んだ愛の果て』  OBSESSED

Obsessed


 製作年:2009年
 製作国:アメリカ
 監督:スティーヴ・シル
 出演者:イドリス・エルバ
       ビヨンセ・ノウルズ
       アリ・ラーター
       ブルース・マクギル
       ジェリー・オコンネル
       クリスティーン・ラーチ





<簡単なあらすじ>
デレクは以前同じ会社で働いていたシャロンと結婚し、幼い息子とともに新居で幸せな結婚生活を送っていた。ある日、派遣社員とし入社したリサはデレクのことを気に入り電話を盗聴したりデレクの車に乗り込むなど必要以上に追いかけ回す。どんどん行動がエスカレートしデレクが泊まるホテルの部屋で薬を飲み…。警察沙汰になデレクがいくら誤解だと説得しようとするがシャロンはデレクに対し責める。だがリサの手が家庭内にまで入り込んできたため、シャロンは自らの家庭を守るためリサの挑発的な行動に対し受けて立つことに。リサのストーキングから家庭を守ることができるのか?

<感想>
お盆に機内で観ました。これって今秋にDVD発売らしいけど劇場公開してたっけ?未公開??
観たいと思っていた香港映画『愛到底』(中国語字幕)があったのでこちらにしようかと思ったんですが、こちらはDVDを買う予定があったので結局日本語(吹替え)で楽しめる『Obsessed』を観ることに。
(悲しいことに『愛到底』のDVDは結局買えなかった~(TT)。)

簡単に言うと男性が女性ストーカーに脅かされる話。そして家庭にまで入り込んできたので奥さんが
逆上し立ち向かうという。これだけだと男性にも非があるんじゃ?見に覚えがあるんじゃないの?なんて思ってしまいますが実はそーじゃなかったり。
デレクはリサを魅力ある女性と思いつつも、家庭をとても大事にしておりリサからの誘惑絶対受け入れたりしない。 もしかしたらリサのナイスバディに一瞬は目を奪われたかもしれないけど^^;

だけどリサはめちゃ積極的。最初はデレクを落とすために誘惑してるのかと思ってましたが、どうやら彼女は自分はデレクの恋人だという妄想を描いてるという感じに。

最後までわからなかったのは、リサは本当にデレクに対し愛情はあったんだろうか?
本当に妄想?私には途中まではゲーム感覚、途中から妄想、最後は正気の沙汰じゃない…という風にイメージが変わりました。

そして見所は妻シャロンとリサとの一対一の勝負!妻シャロンは黙って見てるような女じゃない。二人とも迫力あるわ~。少しでも情けをかけたらダメ。しっかしリサのすることや顔を見てるとやはり尋常じゃない(><)。なんか女ソルジャーみたいだわ^^;ただの妄想だとはやはり思えない。。そこまでして彼女は一体どうしたかったんだろう?デレクが応えていたらどんな状況になっていたんだろう?

目新しいサスペンスではないですが、シャロン役のビヨンセ、リサ役のアリ・ラーター、お二人ともなかなか良かったし最後まで退屈せず観れたのでよかったかな。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/527-aef138a7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。