TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「医学のたまご」 海堂尊

『医学のたまご』

医学のたまご (ミステリーYA!)

 著者:海堂尊
 出版社:理論社 ミステリーYA!





<簡単なあらすじ>
桜宮中学1年生の曾根崎薫は潜在能力試験で全国1位になり、それに目を付けた東城大学医学部の藤田教授。文部科学省のプログラムで薫はスーパー中学生として東城大学医学部に入ることになった。実は薫の父親は世界的なゲーム理論学者:曾根崎伸一郎で試験問題を制作しただけでなく薫を試験台としていたので中身を全て知っていたのだった。歴史以外の勉強はさっぱりの薫はクラスメイトの医学オタク三田村、英語が得意な美智子に助けられながら何とか中学と大学を両立させていた。そんな時、ある実験で世紀の大発見をしてしまう。だがそこから大きな試練が薫を待ちうけていた。

<感想>
『夢見る黄金地球儀』の平介の子どもが中学生で登場してるってことは、2020年あたりの設定なのかな?レティノのことはよくわからなかったけど、雑誌「nature」を"ナツレ"と読んでしまう薫くん目線の話なので全体的に読みやすくて良かった^^薫くんの英語力は私と同レベルなのでなんか親近感が♪っていうかこれって中高生向けに書かれた小説なのね…

薫くんがお世話になっている研究室には藤田教授筆頭にウズキさん、桃倉さん、そしてスーパー高校生の佐々木くん。最初は全く気付かなかったんですが、この佐々木くんってもしかしてあのアツシくん?!うわぁ、可愛らしい子どもだったのにいつの間にかたくましく芯のしっかりした子に成長しちゃって~

あれよあれよという間に医学部に入った薫くんは次第に医学界の裏世界を見たり知ったりするわけですが、スーパー超悪者級の藤田教授によって最悪の事態が自分の身にふりかかってくるとは。「何事も勝ちすぎるのはよくない。ほどほどが1番」というパパの言葉を度々忘れついつい調子に乗る薫、んであとになって後悔。

薫くんのパパは外国に住んでいるので一度も姿は現さないけど(薫とはメールでやりとり)、各章のタイトルにもなってる助言はなかなか。
パパが助言する中で懐かしい言葉が!アクティヴ・フェーズとパッシヴ・フェース。確か初めて田口先生に会った白鳥がウンチクウンチク言ってたような。。大人の田口先生に説明する白鳥の説明より、中学生に説明するパパの説明の方が簡単明瞭でわかりやすいよ。

・アクティヴ・フェーズ=やられたらやり返せ!
・パッシヴ・フェース=あるがままに受け止め可能な限り波風を立てない


そうそう、田口先生が教授になってる!万年講師じゃないんだ~。一体田口先生の身に何が起こったんだろう?きっとこの間の時代を背景にした田口&白鳥シリーズがいつか書かれるんだろうと期待しておこう。
アツシくんだけでなくその時にオレンジ病棟で働いてた如月翔子も登場。小児科総合治療センター看護師長になってる(年齢的には40代?)。でも如月ってことはまだ独身なのね。。美少年好きは相変わらずで(笑)。そのオレンジ新棟がつぶれてる~(><)

「マグニフィスント・メディカル・アイ」という誌名をなかなか覚えられず「マグニチュードスンスン・マジカル・アイ」とずっといい続けていた薫くん面白すぎ~。このマグニチュードスンスンはちょっとツボにはまっちゃったよ。

あとがきに"薫くんの冒険はまだまだ続く、皆さんにお目にかかるその日がくるまで・・・"と書かれているということは、もしかして成人になった薫くんがいつの日か戻ってくるとか?!楽しみにしておこう。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは♪
さきほど自分のところで縦書きがいいと書いてしまいましたが、
この作品は横書きでも読みやすかったです。横書きだからというより、内容がわかりやすかったということでしょう。

アツシくんはとても頼もしい青年になっていて、いつか瑞人くんと共演してもらいたいです。(ミーハーです:笑う)

>大人の田口先生に説明する白鳥の説明より、中学生に説明するパパの説明の方が簡単明瞭でわかりやすいよ。
そうなんですよね。私は田口はともかく、白鳥の理詰めの面がどうも苦手です。

>もしかして成人になった薫くんがいつの日か戻ってくるとか?
ありえますね。そのとき田口は院長か?(まさかね:笑)
2009.08.09 21:47 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん♪
横書きの本を読むと『恋空』を思い出してしまい、どうもケータイ小説の
イメージがあります。縦書きに慣れてるせいかついつい右側から読もうとしてしまい、
ページを開くと最後のほうのページだったってこともしばしば^^;

>アツシくんはとても頼もしい青年になっていて、いつか瑞人くんと共演してもらいたいです

ありうるかも。。海堂さんといい伊坂さんといい、いきなり
思いがけない人物を登場さすもんだから読んでる方もボーと読んでられない(笑)。
なのでいつかは田口が院長ってことも十分ありえるかも。
まさかだけど白鳥まで大臣になってたり?!んな訳ないか^^;
いや、ひょっとしてひょっとするかも…
2009.08.09 22:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。