TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢見る黄金地球儀」 海堂尊

『夢見る黄金地球儀』

夢見る黄金地球儀 (ミステリ・フロンティア)

 著者:海堂尊
 出版社:東京創元社 ミステリ・フロンティア





<簡単なあらすじ>
1888年、バブル景気に沸き立つ中、全国市町村にふるさと創生基金として一億円が支給された。使い道を任された桜宮市役所管財課は、日本と桜宮のシンボルマークだけを黄金とした直径70cm、壁厚25cmの地球儀を制作し桜宮水族館別館・深海館に最近見つかった新種ボンクラボヤと一緒に置かれることとなった。
2013年、平沼鉄工所で社長で父親でもある豪介の下で働いている平沼平介のもとへ、大学時代の友人ジョーが8年ぶりに訪れこう言った。「ところでお前、一億円欲しくない?」 平介は諸事情から嫌々ながらも話に乗る。そんな中、平介のところに今度は役所から昔父親が契約した地球儀盗難防止システムの管理をする話を持ち込まれ…。平介&ジョーらの黄金地球儀奪取作戦はうまくいくのか?!

<感想>
父の莫大なお金がかかる絵空事を聞いた後で運良く1億円の黄金地球儀強奪話を持ってきた古い友人(しかも8年間音沙汰なしだったのに!)、そしてまた運良く今度は役所から地球儀強奪防止の管理を任されることになった平介。まぁこんなうまい話があるはずもなく、当然二転三転と平介にとって話がおかしな方向へ向かうわけで。ゴタゴタどんでん返しコメディっちっくな内容って感じかな。

天才肌の父:豪介と息子:平介の会話は面白い。。というより豪介自身が楽しい。作った機械の名前がまた楽し^^父社長、息子営業部長、その嫁経理課長という家族経営、嫁が経理課長というところでこの家族の上下関係がわかる(笑)。

大学時代、「ジハード・ダイハード」という合言葉で世直し運動と称し犯罪すれすれの違法行為をしていた2人。8年ぶりに「ジハード・ダイハード」を実行しようとしてるのですが、一億五千万相当(2013年には値上がりしているらしい)の地球儀強奪は明らかに犯罪行為。でも一応は世直しってことで。ん?

舞台はあの桜宮市、東城大学や帝華大学の名前まで登場。『螺鈿迷宮』のでんでん虫が火事になってから4~5年後の設定らしい。桜宮限定ワイン「桜宮三姉妹」や玉村刑事、浜田小夜と牧村瑞人も登場。他にも誰か(何か)いるかもしれませんが、私がわかったのはこれだけ。ところで小夜ちゃん、いつの間にこんなことをするようになったの?こんなキャラだっけ??
いずれ桜宮市の学校、あるいは保健所あたりが舞台となってる小説が出たりして。。そしてまた白鳥&田口シリーズに登場する誰かに意外な登場をしてほしいなぁ。

二転三転する話は好きなんですが、後半ラストに向けて一気にスピード出し過ぎ感が…
読み終わった後「そうだったのか!」「あの伏線はうまい!」という感じがあまりなく、「あっ、そうなんだ…」という感じ。男の友情もなんだか白々しくてクサいような・・・。(←このようにしか感じない私は素直じゃない?)
海堂尊さんは大人気の白鳥&田口シリーズという高いハードルを作ってしまったので何を書いてもかなり期待感を持たれてしまうんだろうなぁ。それほど期待せずに読んだら(海堂尊著だと考えずに)そこそこは面白いかなと。まぁサクサクっと読めちゃうのでそれはそれでいいかも。といってもサクサクといきすぎちゃうと「深海七千」「深海一万」の理論がよくわかんないかも^^;あっ、私だけ?

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは~
とっても楽しい作品でしたね!

>父社長、息子営業部長、その嫁経理課長という家族経営、嫁が経理課長というところでこの家族の上下関係がわかる(笑)
この家族関係は面白いですね。毎日がドラマみたいで。豪介の孫がどういう道を歩むのかも楽しみ!

>海堂尊さんは大人気の白鳥&田口シリーズという高いハードルを作ってしまった
確かに。だからアナザストーリーを、全く違うテイストにしているのかしら。

私はサクサクいきすぎて、肝心の理論はとばしていました。でもこれがわからなくても充分だと思いました。というか、勢いで読むからこそ楽しいのかも…(理解できないことを棚に上げている私です:笑)
2009.08.02 11:22 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
孔雀の森さん、おはようございまーす^^

>豪介の孫がどういう道を歩むのかも楽しみ!

んんっ?!あのゲームばっかりしてる子ですか?
彼のその後が描かれた本があるってことですか??なんじゃろな~。
『医学のたまご』を読み始めたのですが、主人公のクラスメイトが
この孫のようですね。なにかしらの活躍があるのかしら。。

>勢いで読むからこそ楽しいのかも…(理解できないことを棚に上げている私です:笑)

にゃは^^確かに海堂さんの本はたまに難しい専門用語とか出てくるので
私も結構内容を把握しないで流し読みしてます^^;
全体像が掴めたらそれでいいんです、はい。
(私も理解できないことを棚に上げてます(笑))
2009.08.02 11:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。