TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イノセント・ゲリラの祝祭」 海堂尊

『イノセント・ゲリラの祝祭』  

イノセント・ゲリラの祝祭

 著者:海堂尊
 出版社:宝島社





<簡単なあらすじ>
高階病院長から厚労省の会議に出席を頼まれた不定愁訴外来責任者の田口、厚労省の白鳥から名指しされたため行かざるを得なくなった。白鳥主催の「医療関連死モデル事業」会議であったが、このモデル事業での議論を基に新たな「医療事故調査委員会」が創設される。白鳥は新検討会委員の推薦枠を一つもらい田口をすべりこませる。田口が入ったことで会議はどう動くのか?

<感想>
田口&白鳥シリーズ4作目。
テンポがよくて最初から面白かったんですが、私の頭には少し、ほんの少し難しすぎる内容だったかも(汗)。業界用語は難しい(><) 出来れば登場人物と役職、相互つながりが明確にわかる相関図を見ながら読みたかったなぁ。

香水の匂いをいつもプンプンさせている大学法医学教室教授で病理学会の田村教授、ミスター厚生労働省と呼ばれている八神課長、そして田口の後輩である彦根とキャラが強い人物が登場。強烈なキャラだった白鳥がどんどん普通より少しファンキーなだけという程度に思えてきた(笑)。

坂田局長も結構アクが強い。この坂田局長の「…まんがな」「…でんねん」「…まっさ」という関西弁、いくら関西出身といっても(←定かじゃないが)厚労省の医政局長が仕事中に使うのってなんか不自然…。しかも自分のこと「ワテ」って…どこまでコテコテやの(笑)!
白鳥は彼のことを役に立つ無能なアホだと。えっ、アホの坂田?そういや吉本のアホの坂田も上記に書いたコテコテの関西弁を頻繁に使ってるような…。も、もしやアホの坂田へのオマージュだったりして?!多分そうだ。絶対そうだ!

もともと法医vs病理と対立している中にエーアイが入ってき、登場人物の1人である彦根の言葉を借りていうと「解剖至上主義者」vs「エーアイ中心主義」が焦点に。なんだかテーマが社会的になっていて厚労省、警察庁、医師、被害者等々と会議には勢揃い。今までみたいに病院内での出来事ではなく組織の体制の問題に重点が置かれてます。

このシリーズを読んで、エーアイがいかに重要だということだけはわかりました。はい。病院に縁がない、または興味がない国民に(ただし読書好き)エーアイという装置を認識させるというのが著者の狙いなら成功と言えるでしょう。。も一つ、「メタボ」って厚労省が長年かけて育て上げた国家の秘密兵器だったとは…。
後半は彦根の見せ場で、医療のことはよくわからないけど説得力があり読んでて納得してしまうぐらい。

でもこの終わり方って"次へ続く"だよね?「北」とか「南」とかの問題もあるし姫宮も北へ潜入捜査中。一体何を捜査しているのか次で判明するのか?北で医療事故が起こってるし全ては次回への序幕ってことなのかな。何かが始まりそうな終わり方、気になります。
さっき調べてみると姫宮が潜入している話は『極北クレイマー』で描かれている模様。これが「北」の話ってこと?なら「南」は??ますます気になる…

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは♪
私も読んだのですが、難しくて感想が書けませんでした。
でもTKATさんが「難しい」とお書きになっているのでちょっと安心しました。
専門用語が飛び交う会話はテンポが速すぎて、「何て回転の速い人たちなんだろ?」と、
傍観者的立場にならざるを得ませんでした(泣)

>後半は彦根の見せ場で、医療のことはよくわからないけど説得力があり読んでて納得してしまうぐらい。
そーなんですよね。でもできすぎ!なんて、イジワルな見方をした私でありました。

『極北クレイマー』、今予約中です。楽しみですね♪
2009.06.29 21:54 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
おはようございます^^
孔雀の森さんも「難しい」と感じられましたか!
私だけじゃなかったのね、よかった~。安心安心♪
確かに瞬時に相手の言葉に反応できる(相手の言葉を覆す)なんて
皆さん頭の回転速いですよね。
悪く言えば「あー言えばこー言う」というイヤなタイプかも(笑)。
特に彦根に対し喧嘩を吹っかけようなら10倍返しにあい
現実から程遠い例え話で説得されてしまいそうだわ^^;

>『極北クレイマー』、今予約中です。楽しみですね♪
私も今予約中です♪
ちなみに手元には『ブラックペアン1988』があり読み始めたところ。
今頃になってやっと田口・白鳥シリーズ以外の小説に手を出しつつあります^^;
海堂さんは人気があるので予約してもなかなか手元にこないのが辛いところ…
2009.06.30 05:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/509-3371ddd9
海堂尊『イノセントゲリラの祝祭』
イノセント・ゲリラの祝祭海堂 尊宝島社このアイテムの詳細を見る 今回は、海堂尊『イノセントゲリラの祝祭』を紹介します。今回は田口・白鳥コンビの第4作目です。ストーリーのほとんどがが厚生労働省の会議室で展開されます。八神課長や彦根や西郷など今回も面白いキャ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。