TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ケープ・フィアー」

『ケープ・フィアー』 CAPE FEAR


  製作年:1991年
  製作国:アメリカ
  監督:マーティン・スコセッシ
  出演:ロバート・デ・ニーロ、ニック・ノルティ、ジェシカ・ラング、
      ジュリエット・ルイス、ジョー・ドン・ベイカー

<感想>
1962年の「恐怖の岬」のリメイク版であるサスペンス・スリラー映画。
14年間の獄中生活を終えて出てきたマックス・ケイディ(ロバート・デ・ニーロ)が、自分を弁護したものの敗訴になったサム・ボーデン(ニック・ノルティ)を逆恨みし、その弁護士一家をとことん恐怖のどん底まで追い詰めるというもの。
15年前の作品だけあって、ロバート・デ・ニーロをはじめとする出演者が若いのなんのって!(ゴッドファーザーやタクシードライバーに比べると15年前なんてまだまだ最近の域?!)
それにジュリエット・ルイスも初々しい♪
「恐怖の岬」での主役であるグレゴリー・ペックとロバート・ミッチャムが再度登場してるのも凄い・・・。
「恐怖の岬」を見てなく、「ケープ・フィアー」の情報も全くなかった私はグレゴリー・ペックが出演してたのがわかりませんでした
正直「ローマの休日」での若いグレゴリー・ペックのイメージしかなかったんですもん・・・。

この映画でのロバート・デ・ニーロは適役!危険な役がとっても似合ってます。
獄中で読み書きから勉強し、挙句には法律の勉強をするなど弁護士への復讐のためいろんな知識を身に付けて出所し、直ちにそれを行動に移すのはもう執念。
この執念のおかげでいつの間にか弁護士の立場の方が危うくなるのですが、一気に復讐をするのではなくじわじわ弁護士一家を苦しめていく様は、14年間もの間、1人の男への復讐のために生きてきた男の結晶みたいなもの。
船の上での格闘シーンでは、なぜそれで助かる??と疑問に思いつつも執念という一言でそれもありかなと。
15年前の作品なのでそれなりの時代は感じますが、最後まで復讐に対する執念からは目が離せません。

-2 Comments

K-L-M-N says...""
こんばんは~ はじめまして。
私も好奇心旺盛なミステリー大好き人間です。(笑)
ロバート・デ・ニーロが大好きで出演されている作品をすべて買いたいとおもっております。

お暇な時にうちのブログに遊びに来てくださったらうれしいです。
ミステリー関連のブログではないですが・・・
いつかはミステリー関連のブログを作りたいとおもってま~す。
2006.05.16 01:31 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
はじめまして、K-L-M-Nさん。
ロバート・デ・ニーロの作品を全て買うのは大変だ~(笑)。
でも好きな俳優が出てる作品を全て見たい、あるいは好きな作家の著書を全て読みたいと思う気持ちはよ~くわかります!
ミステリー関連のブログも楽しみにしてますね♪
K-L-M-Nさんのブログにもおじゃまさせてもらいま~す。

2006.05.16 19:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/50-dee0a68d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。