TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モダンタイムス」 伊坂幸太郎

『モダンタイムス』  

モダンタイムス (Morning NOVELS)

 著者:伊坂幸太郎
 出版社:講談社





<簡単なあらすじ>
SEの渡辺拓海は自宅で夫の浮気を疑う妻がよこした見知らぬ男から暴力を受ける。証拠写真を見せられた渡辺はこれ以上の暴力に耐えられず相手女性の名前を言ってしまう。翌日、出勤すると先輩の五反田が姿を消したことを知らされ彼が残した仕事を同僚の大石と引き継ぐことになった。「あの仕事はやばい」という五反田の言葉どおりプログラムを解析していくと一部が暗号化されており、調べていくとあるキーワードをネット検索するとその検索した人物が事件に巻き込まれたり死に至ったりするように。キーワードの一つ「安藤商会」を調べ始めた渡辺だったが真相は?

<感想>
この『モダンタイムス』は『魔王』の続編。
借りる前は知っていたけど読み始めて途中まですっかりそのことを忘れていた…。なので『魔王』の弟の名前が出てきても全く気付かなかった~(汗)。途中で犬養首相の名前が出てきたのにただ単にいつもの伊坂ワールドごとく内容が少しリンクしてるとぐらいしか思わなかった…。じゃんけんの確率のくだりでやっと気付いた私、これはなんでも気付くの遅すぎ?!

『魔王』に登場する弟夫婦のその後の消息がわかってよかった^^さらにその親戚筋まで。。
こういう未来になってたのか!とちょっと感動。この本では『魔王』より約50年後?この約50年もの間、伊坂ワールドでは徴兵制があったりジョン・レノンが若者には知られていない人物になってたりさまざまな時を経てる模様。

人は知らないものにぶつかった時、まず何をするか?―――先輩の五反田が言った言葉は「検索するんだよ」
うんうん、私もそうだ。何の言葉で検索されたのかはアクセス解析でわかるけれど、キーワードとなる数種類の言葉を検索すると自分の身にどえらいことが起こるなんて怖すぎる…。だってこのどえらいことって尋常じゃない。その検索した人に見合ったことが起こるなんて(><)。もし私だったら男に刺されるのか?!←これじゃあ渡辺のお友達と一緒じゃん。。

も一つ印象的だったのは「ルールには2種類あって大事なルールとそうじゃないルール」という渡辺の妻:佳代子の言葉。
この佳代子の理論は納得。佳代子はめちゃくちゃおそろしい恐妻かと思ってしまいますが、その後の展開は意外や意外!まさかこういう展開だなんて~。佳代子の仕事って一体何なんだろう??なんかかっこよすぎ!

渡辺の友人役で伊坂好太郎氏が登場。女好きでナルシストで自分勝手だけどなかなか的を得たことを言ったりする。物語の中でも作家なので、著者がイタズラ心で自分の名前の漢字を変え自分自身が思っていることを伊坂好太郎に語らせてるのかと思っちゃった。あとがきによると小説家の名前を考えることが億劫で自分の筆名を変形させたに過ぎないと書かれてますが、絶対遊び心もあったはず。。だって小説の中の伊坂好太郎キャラを考えると…ねぇ?

妻に浮気を疑われ精神的・肉体的にダメージ大、会社の先輩の仕事を受け継いでとんでもないことに、浮気相手の消息不明等々、さまざまな出来事を体験する渡辺。
『ゴールデンスランバー』と平行して書かれたとあって雰囲気は確かに似てるかも。といいつ平行に書かれたと知らなければ『ゴールデンスランバー』を思い出さなかったのも事実。個人的には「言われてみれば似てるかも」という感じ?だって『魔王』の内容を思い出すだけで精一杯(汗)。

結局、解決したのかどうかあやふやな部分がありますが、個人的には『魔王』よりは読みやすく面白かったかな。

-4 Comments

5011 says...""
ども。
映画「フィッシュストーリー」には今イチ乗れなかった5011です。

ぼくは体質的に長編は向いてないみたいなんで(笑)、途中だれましたけどやっぱり面白かった。
特に今回はキャラクターに惹かれましたよ。
その中でも佳代子はいいですねぇ。
終盤は映画化するとしたら(多分されるんでしょうねぇ)誰が加代子がいいかなーなんて考えてました。
若い頃の桃井かおりか?とかね。

映画化といえば「ゴールデンスランバー」もまたまた中村監督で映画化決定みたいですけど、主人公青柳がこれまた堺雅人だとか。
まあ「ラッシュライフ」の黒澤よりは向いてるかなとは思いますけど、どーなることやら。


2009.04.19 08:54 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
ども!5011さん。

5011さんに『魔王』の続編だと教えていただいたのに、
途中まですっかりそのことを忘れてました(汗)。
佳代子のキャラはいいっすよね~。あんなに頼り甲斐のある奥さんだとは!
映画化するなら…確か30歳ぐらいでしたよね?
うーん、柴崎コウなんてどうでしょ?

>映画化といえば「ゴールデンスランバー」もまたまた中村監督で映画化決定みたいですけど、

えっ?!これも映画化されるんですか?
最近、伊坂作品がよく映画化されてますね。
伊坂さんの認知度が今以上に高くなったらますます図書館で
本を借りるのが困難になる~(困)
2009.04.20 06:22 | URL | #- [edit]
ginpei096 says..."こんばんわ"
伊坂さん好きなんですね
自分も最近よく読んでいます
ゴールデンスランバー最高!
モダンタイムスまだ読んでないので
早速見てみたいです!
クリックポチぽち
2009.04.20 21:29 | URL | #/i2.dcnI [edit]
TKAT says...""
はじめまして、ginpei096さん^^

伊坂さんはよく読んでますが、ほとんどが図書館で借りてます。
でもどの本もかなり人気で待ち人数が多く、予約してから
手元にくるまで数ヵ月後…(TT)。
アンソロジーに収録されてる短編もあるので伊坂ワールドを
制覇するにはまだまだ時間がかかりそうです^^;

>モダンタイムスまだ読んでないので 早速見てみたいです!

ぜひぜひ。感想楽しみにしてますね~♪
2009.04.21 06:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/478-f52dbc19
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。