TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「フィッシュストーリー」

『フィッシュストーリー』  

フィッシュストーリー

製作年:2009年
製作国:日本
監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎
出演者:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋、渋川清彦、大川内利充、眞島秀和、江口のりこ、山中崇、波岡一喜、高橋真唯、石丸謙二郎


<簡単なあらすじ>
2012年――彗星が衝突し世界がおわるまであと5時間。人々は避難し閑散とした街で1軒だけ営業しているレコード店があった。そこにやってきた男は自分は2012年にこうなるとわかっていた、必ず世界は終わると言う。それを聞いた店長は「正義の味方が世界を救う」と一言つぶやいた。

1982年――気の弱い大学生雅史は合コンへ向かう車内で友人からある曲についての噂を聞かされる。合コンでは未来が見えるという1人の女性から意味深な言葉を聞く。その帰り、この2つに関連するような出来事が起こり・・・

1999年――明日世界は終わると予言する男とその言葉を信じて集まった人々。だが翌日になっても世界は終わらずその男の側近2人は新たに世界が終わる年を言い出す。

2009年――麻美は修学旅行でフェリーに乗ったが眠り込んでしまい置き去りにされてしまう。泣きじゃくっていた麻美の前に現れたのはコックの青年で、自分にまつわる"笑える話"を話し始めた。その時、シージャックが現れ船内は騒然となる。パイを持ったままコックの青年はその様子をじっと見ていたが次の瞬間・・・

1975年――パンクバンド"逆鱗"は解散の危機にあった。キャバレーで演奏しているのを見てスカウトした岡崎だったが、彼らの音楽は世間に理解されるには時代が早すぎた。最後のレコーディングの日、一度きりの本番で五郎が間奏中に今の想いを語り始めた。

2012年――彗星が衝突するまであと少し・・・。世界は救われるのか?

<感想>
原作を読んでから映画を観たので、殆どのストーリーはわかっていてあまり楽しめないんじゃないかと思ってたんですが…そんなことはなかった。大まかなストーリーは同じなんだけど、背景や設定が違うし原作にはいない登場人物がいたりするので十分楽しめました。もしかしたら原作以上に楽しめたかも…。

個人的に好きな話は1982年の合コンの話。時代が1980年代設定なだけにカセットテープが出てくるシーンは懐かしい。登場人物たちの髪型も時代を反映してるし。髪型と言えば濱田岳さんが時折ジャッキー・チェンに見えたりも。←濱田さんご本人もそこを見て欲しいんだとか(笑)。その濱田岳さん、まだ20歳?!失礼ながらこんなにお若いとは思ってみなかった・・・。

最後の最後、エンディング前に流れる映像で全ての話が繋がっているのがわかり、かなり感動。。。ラストの映像がないと繋がりがわからない分部や、全体から見てどんな役割があるのだ?と思っていた話もあったし。ってなぐらいラストで全てが凝縮されてるって感じかなぁ。

パンフレットに1953年から2012年までの"PEOPLE TREE"が記載されており、改めて繋がりを確認することができまた感動。。伊坂作品の原作を映画化したのを初めて観たのですが、この作品に関しては期待を裏切るようなことはなく面白かったんじゃないかなと。もしかしたら映画を観てから原作を読んだら、あるいはどちらかだけを観た(あるいは読んだ)場合はまた違った感想になるかも?
ちなみにパンクバンド"逆鱗"のボーカル役の高良健吾君がダルビッシュに見えて仕方がなかった~。

正義のヒーロー万歳!

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
今あらすじを拝見し、順番を再確認させていただきました。
最初バラバラだったストーリーが最後につながって、
かなり感動しました。
私はまだ原作を読んでいません。読んだらまた新たな
感動がわいてくるかしら。
濱田岳さん、ジャッキー・チェンの髪型を真似ていたのですね。
あの時代を象徴したヘアスタイルだなあと思いながら観ていました。
正義の味方クンには拍手喝采ですね。
2009.12.13 12:31 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん♪
そうなんですよ、バラバラに見えたストーリーのつながりが
最後の最後で流れた時は感動しますよね☆
原作は長編ではなく短編集に入っている話でかなり凝縮されています^^;
雅史の合コンとバンド以外は設定が違うので、また違った楽しめ方ができるかも?
(というか小説と映画の違いをあまり覚えてないので間違ってたらごめんなさい^^;)

>濱田岳さん、ジャッキー・チェンの髪型を真似ていたのですね。

はい♪パンフのキャストプロフィールにそう書いてありました^^
この時代って映画のように怖い曲が流行ってましたよね。
岩崎宏美さんやレベッカや…。懐かしー。

今度機会があれば小説を読んでいただき、映画化を観た後に
読んだ本の感想を是非教えてくださいませ♪
私とは逆のパターンになるので楽しみです。
2009.12.13 20:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/476-f1018b88
フィッシュストーリー
2009年/日本/1時間52分(レンタルDVD) 監 督  中村義洋 原 作  伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』 出 演  伊藤淳史  高良健...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。