TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロックンローラ」

『ロックンローラ』  ROCKNROLLA

ROCKNROLLA

製作年:2008年
製作国:アメリカ
監督:ガイ・リッチー
出演者:ジェラルド・バトラー、トム・ウィルキンソン、タンディ・ニュートン、マーク・ストロング、イドリス・エルバ、トム・ハーディ、トビー・ケベル、ジェレミー・ピべン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス

<簡単なあらすじ>
小悪党ワンツーとマンブルズは不動産ビジネスに参入しようとするが失敗。挙句の果てに不動産市場を牛耳るマフィアのボス:レニーに多額の借金をしてしまう。一方、レニーのもとにロシア人投資家ユーリも頼ってくるが、彼の会計士ステラが絡み問題が起こる。そんな中、レニーとユーリの取引にもう一つ問題が持ち上がり思いがけない人物が絡んでいることが判明する。

<感想>
レニー・コールという昔気質のマフィアのボスであるレニーを中心に、野心家ロシア人、ワイルド・パンチの小悪党たち、セクシーな会計士、汚職議員、ドラック中毒のロックスターなどが絡みに絡み合ってます。途中までロシア人ユーリがレニーに貸した絵画がてっきり中心に話が進んでいるのかと思いきや、いつの間にか誰が裏切り者かという話になってた・・・。絵画も最後の最後には大事な役割してしてるんだけれども。

一見違う場所でそれぞれがそれぞれの目的のために企んでいるものの、実は1つのことに繋がっているという話的には好きなパターン。『リボルバー』で作風がちょっと変わってしまったと思われていたガイ・リッチー。
正直『リボルバー』はどうよ?と思ってましたが『ロックンローラ』で何とか『ロック・ストック~』の頃に戻りつつあるのかな。やっぱりガイ・リッチーには小粋なロンドンギャング群集劇が似合ってる^^
最初はガイ・リッチー監督映画にジェラルド・バトラーが出てるのにどこか違和感があったんですが、見慣れると結構似合った役なのかも。

軽妙なテンポは好きだしワイルド・パンチの1人、ボブ(トム・ハーディ)のゲイキャラもなかなか面白い(顔もステキ)。『リボルバー』の後なので期待していなかったのがよかったのか、思ってたよりは面白く観れたんですが『ロック・ストック~』の時のような「おおっ!」って感心するほどまではいかなかったかなぁ。
気になるのは問題の絵画、一体どんな絵が描かれていたんだろう・・・。

-2 Comments

hiyo says...""
いやもう、コメント書こう書こうと思っていて、遅くなりました、お待たせ!!!
待ってない?いや、お約束だから。

もうご覧になられたのねぇ~、早い早い、さすがさすが。私のblogの『リボルバー』にコメントを頂いた時にお薦めしようと思ったのですが、あの時は公開されないかな~?と疑っておりました。
あっと言う間に公開されちゃって(笑)。
私がこの映画を知ったのは、マーク・ストロング追っかけであると共に、ロックンローラー役の人?ガリガリ君、気になって猛烈に調べた事があったんですよねぇ~。どうでした彼?やっぱり気持ち悪かった?
あっ、もちろんジェリーも愛してるわ♪
2009.03.11 23:14 | URL | #B9A5zm5U [edit]
TKAT says...""
おはよう、hiyoさん。
お約束となりつつあるガイ・リッチーにコメントありがとう(笑)。
『ロックンローラ』は初日に観に行ってきましたさ。
マーク・ストロングはかっこよかったっすよ~。ガリガリ君は…
ジャンキーな役なので少し異次元にいっちゃってました。
hiyoさんはもちろんDVD鑑賞?よね?感想楽しみにしてるわ^^

『シャーロック・ホームズ』はどうなんだろうね?
密かにワトソン役(←ホントか?!)のジュード・ロウが楽しみなんだけど~♪
2009.03.12 06:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/464-9ae1de5c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。