TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戸村飯店青春100連発」 瀬尾まいこ

『戸村飯店青春100連発』 

戸村飯店青春100連発

 著者:瀬尾まいこ
 出版社:理論社





<簡単なあらすじ>
大阪の下町にある中華料理店「戸村飯店」、そこには2人の息子、高校卒業を間近に控え東京に行くことが決まっている要領がよく男前の兄ヘイスケと、性格が真反対で大阪という町にどっぷりで誰からも愛される弟コウスケがいる。東京、大阪に住む2人の兄弟を描いた成長物語。

<感想>
アンソロジー『Re-bornはじまりの一歩』に『戸村飯店青春100連発』の第1章が収録されており、続きが読みたくて図書館へゴー。

第2章からは要領がよく文章を書くのが上手な兄ヘイスケが東京に行ってしまってからの話で、弟コウスケと兄ヘイスケが章ごとに交互にそれぞれの目線で自分たちの今を語っています。
ノベルズ学科がある専門学校に入ったヘイスケ、特別作家になりたいという訳でもなくとりあえず自分の居場所がない家を出たいという思いだけあって東京での生活ものらりくらり(でもやるべきことはちゃんとやってる)。
第1章だけではヘイスケの性格がよくわからなかったけど、全編を通してみるとかなりいい奴だったり。密かにヘイスケの友達である古嶋もいい味出してる。
一方コウスケは高校の合唱祭で指揮をすることとなりピアノ伴奏の北島君と仲良くなる。恋心を抱いている岡野とは今のところは相変わらず。兄が家を出た今、戸村飯店を継ぐ気でいたのにいざ進路を決める時に父親から思いがけないことを言われ…。

性格も見た目もまったく逆の2人、コテコテの大阪の町にある戸村飯店の子どもとしてヘイスケが何かギャグを身に付けようとする様には笑える。全て新喜劇のものだけどヘイスケが選んだギャグは私も好き^^
弟が明るく面白い性格だと兄は大変だ。しかも弟のようにウケなかった時は…。こりゃ頭に残るよ。
第1章でコウスケはヘイスケのことを不器用なフリをしているだけだと思ってるわけですが、その時のヘイスケの心情に触れていたり、コウスケがヘイスケのことをやっぱり凄い奴と認めたり互いの距離がゆっくりと近くなる様がものすごくわかりやすい。
大阪と東京、住んでる場所が離れたからだけでなく、各々がそれぞれの環境で少し成長したからだろうな。

全体的に新喜劇の話題やコテコテの関西ローカルな話題が多く楽しい内容なんだけど2人の成長、親子愛、友情、恋愛などが盛り込まれおり人情味がある青春成長コメディって感じ?ラストも良く温かみがある1冊でした^^しっかし新喜劇ネタやベタなギャグには笑えた~。よく考えるとほんわかしてるけどかなりコテコテな内容だわ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/461-9be5e8a8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。