TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビバ!監督人生!! 」 <台湾シネマ・コレクション2008>

『ビバ!監督人生!! 』  情非得巳之生存之道  WHAT ON EARTH HAVE I DONE WRONG?!  

ビバ!監督人生!!
 製作年:2007年
 製作国:台湾
 監督:ニウ・チェンザー(鈕承澤)
 出演者:ニウ・チェンザー(鈕承澤)、チャン・チュンニン(張鈞)

<簡単なあらすじ>
アイドルが出演するドラマなどの演出家兼俳優として有名なニウ・チェンザー、40歳をきっかけに政治や社会を告発するモキュメンタリー映画を撮ろうと意気込むが、この手の作品は商業的に誰も資金を出してくれず話が前に進まない。短気で浮気性のため彼女にも逃げられ人生どん底。ニウ・チェンザー監督自身が自ら主演し自身の奮闘と挫折を描いた半自伝的作品。

<感想>
誰もがこの作品を観て思うこと、それはどこまでが真実なんだろうと。
ニウ・チェンザー監督自身は「感情は100%自分のもの、ストーリー展開は自分の経験や見聞きしたものとフィクションが混ざり合ってる」とコメントしてますが、お金、女、酒、そして成功、名声を手に入れたときの様は本当にこんな生活してたんだろうなと想像できちゃいます。
どこまでが真実でどこからがフィクションかの境界線は本人ももう区別がつかないんだとか。黒社会との関係やドラッグは、本当にあったとしてもこちらはフィクションとしか言えないだろうけど(笑)。

成功の裏に挫折があり、その挫折を周囲のせいにしてきたニウ・チェンザー監督。女好きなのも天性のようでまるでバカ野郎男を絵に書いたよう。
何かあるとすぐ酒と女に逃げ、困った時は母親頼み、躊躇はあっても資金のためなら少々のことは目をつぶり…。
だけどそれが裏目に出たり成功しなかったりとどんどん下に落ちていくばかり。心を入れ替えようとするもそれはカウンセラーの助言があったから。でもラストでは…。
自分自身が変わろうとしても困難は何度でもやってくる。その度に何度でも戦い挑戦していかなければならない。ということをこの作品で一番言いたかったそうです。

彼女役にチャン・チュンニンが演じてるのですが、半自伝的作品なだけに彼女も本当に付き合ってたんじゃ?と錯覚しそうになります。
ニウ・チェンザー監督の母親役には実の母親が演じていることから、他にも本人出演してる人がいるのかな~というのも気になるところ。
実名や実際あるドラマの名前がちょこちょこ出てくるので、そのあたりを知ってればもっと楽しく観れるかもしれないです。

あとで気付いたんですが、パンフレットによると<台湾シネマ・コレクション2008>の中で受賞してる数が一番多い!暴露映画というか捨て身映画というか、ここまで自らを描いたのが評価されたんでしょうか。

それとストーリーとは関係ないですが、冒頭でニウ・チェンザー監督が101を見下ろせる高台から両手を挙げてるシーンがあり、ここからだと101のカウントダウン花火が綺麗に見れるだろうな~とふと思いました^^パンフレットにもそのシーンの写真が記載されてます。残念なことに101は映ってませんが(TT)

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは~
ほんとうに何処まで真実なんでしょうね、この作品。
観ているうちに本当に思えてきて、こんな風に自分を描いて大丈夫なのかしら、と心配になります。

><台湾シネマ・コレクション2008>の中で受賞してる数が一番多い!
ということは成功したということですよね。苦労の甲斐あったんじゃないでしょうか。
(真実アリと思っているからこその発言でした…)

チャン・チュンニンが本当の恋人っぽく見えましたね。
そのあたりは虚構なのだろうけど、真実っぽく見せる所はさふが!と思いました。

次は『遠い道のり』ですね♪
2008.12.08 17:55 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん^^

この作品、成功したから良かったものの、もし失敗だったら演出家生命はどうなっていたんでしょうね~(゜д゜;))))

これだけ台湾シネマコレクションに関心ある人が多いなら、ホント全国同時に開催してほしいですね。でもそうすると東明相くんの描いた絵などの展示物が分かれちゃいますね。これはこれで困ったもんだ^^;

『ザ・ホスピタル』のDVD、近所のレンタルショップで探してみます♪でもわが家も田舎なもんでちょっと微妙ですケド…(苦笑)。

とうとう感想もあと1本となってしまいました。寝不足から解放されて嬉しいのですが、台湾シネマ・コレクションがもう終わりと思うとちと寂しい…(TT)。
(大阪では)大盛況だったので、今後も台湾映画をどんどん上映して欲しいですね♪
2008.12.08 19:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/418-ac12c4e6
ビバ!監督人生!!
2007年/台湾/1時間36分(台湾シネマコレクション2008を鑑賞) 監 督  鈕承澤(ニウ・チェンザー) 原 題  情非得巳之生存之道 出 演 ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。