TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シルク」 <台湾シネマ・コレクション2008>

『シルク』  詭絲  SILK

シルク

製作年:2006年
製作国:台湾
監督・脚本:スー・チャオピン
出演者:江口洋介、チャン・チェン(張震)、カリーナ・ラム(林嘉欣)、バービィー・スー(徐熙媛)、チェン・ボーリン(陳柏霖)、チャン・チュンニン(張鈞)

<簡単なあらすじ>
死後の世界に興味を持っている元天才物理学者の橋本はさまざまな電磁波を吸収することができる「メンジャー・スポンジ」を発明し、これで少年の霊を捕獲することに成功。この少年の生前の背景を知るため並外れた胴体視力と読唇術を持つイエに調査を依頼する。目があった人間を次々に殺害する霊、だが調べていくうちに真相が判明。橋本は少年の動機を「恨み」からくるものだと思っていたが…

<感想>
「メンジャー・スポンジ」というのは実際日本の科学者グループが発明したものなんだとか。瞬時に電磁波を吸収することからそこをヒントに幽霊を捕まえることも可能じゃないかと思いついた監督はある意味すごい。

この作品はサイエンス・スリラーに分類されるみたいですが、私の中ではプチホラーでもいいような気が・・・。めちゃ怖いというわけではないのですが、1回だけあまりにもビックリして体がビクッとなり座席から飛び上がりそうになっちゃった^^;
そして少年の母親、この母親の歩き方は『呪怨』の伽椰子をヒントにしてるのでしょうか…。少年もなんとなく雰囲気が俊雄くんに似てるし。

「メンジャー・スポンジ」に霊を閉じ込め、幽霊になりたいと思っている橋本が研究に被害者を出してまでも熱心になっているというストーリー自体はよく考えてるなと思うのですが、イマイチ少年の背景が飲み込めず。
監督いわく、シルクの糸は人間の感情を表現しているらしいです。距離とか場所は関係なく繋がっており、愛情だけでなく憎しみまでもが繋がっているとか。でも、でもでもお互いの感情で繋がっているのならわかるんですが、どうして一方通行の感情までもが糸で繋がってるの?もうちょっと説明があったらよかったのになぁ。

橋本役には江口洋介、唐沢寿明、真田広之の3人候補がいたんですって。結局は江口洋介に決めたそうなんですが、真田広之の橋本もちょっと興味あり^^しかしこの作品はなんと豪華な顔ぶれ!いやはや、もったいない(><)。
でもチャン・チェンが観れただけでもよしとするか(笑)。日本語もたくさん話してたし。でも普通の刑事があれほど日本語を理解してるなんてちょと違和感も…。
学生時代に日本へ留学してたとか、読唇術が出来るから日本人か関係する事件をたくさん担当してたとか?いや、台湾人の彼が日本語が読唇できるとは限らないしな~。あまり深く考えないでおこう^^;

豪華な出演者、そしてお金をかけた映像を考えるとなんとももったいない作品でした。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
またまたこんばんは♪
自分のコメントでも書いたんですが、ほんとにわかりにくい作品でした。
TKATさんの説明を拝見してようやく半分くらい理解できたかな。
日本語と中国語のやりとりがよく見られましたが、実際にはありえない会話方法ですよね。
そういうところを突っ込むときりがなさそうです。
実は私、途中で寝てしまったのですよ。理解できてない原因にはそういう事情もあると思います。
そんな状態でレビュー書くこと自体無謀なんですけどね~。
もちろんチャン・チェン登場の場面はちゃんと起きてましたよ~。
こういう豪華キャスト、次回は別ジャンルで期待しましょう。
2008.12.01 17:30 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
またまたおこんばんは♪

>日本語と中国語のやりとりがよく見られましたが、実際にはありえない会話方法ですよね。
ですよね^^;江口洋介は日本人のえらいさん以外は中国語で通した方がよかったかも。

孔雀の森さんは途中で寝てしまいましたか。いや、寝てて正解です(笑)。ちゃんと観てるとますます謎が深まるばかりかも^^;

徐熙媛、陳柏霖、張鈞はもったいなかったですね。せかっく今の俳優さんたちを揃えてるのにあんな最期をむかえてなんと気の毒な(TT)。
このメンバーだともっと元気のいいハツラツとした面白いラブコメあたりが良さげ♪次に期待です!
2008.12.01 21:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/407-593e858b
シルク
 2006年/台湾/1時間47分(台湾シネマコレクション2008を鑑賞)  監 督  蘇照彬(スー・チャオピン)  原 題  詭絲  英 題  Silk ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。