TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕は君のために蝶になる」

『僕は君のために蝶になる』  蝴蝶飛 LINGER

僕は君のために蝶になる
 製作年:2007年
 製作国:香港
 監督:ジョニー・トー(杜峰)
 出演者:ヴィック・チョウ(周渝民)
       リー・ビンビン(李冰冰)
       ヨウ・ヨン(尤勇)
       マギー・シュー(邵美?)
       ラム・シュー(林雪)
       ロイ・チョン(張耀楊)
       ウォン・ヤウナン(黄又南)






<簡単なあらすじ>
大学のミスキャンパスと付き合ってるアトンに恋心を抱いていたエンジャだったが、いつの日か2人は惹かれ合うように。だが些細なことで口論となり、アトンは事故に遭い帰らぬ人となる。エンジャは助かったがその事故から法律事務所で働いてる現在の3年間、精神安定剤を飲んで過ごす日々を送っていた。薬を止めた途端、死んだはずのアトンがお棺に入った姿のまま目の前に現れ亡くなる直前までエンジャに問いかけていたことを口にする。エンジャは動揺するが毎晩現れるアトンに対し次第に打ち解けるようになり、今まで知らなかった彼の過去が明らかになっていく。

<感想>
冒頭では監督、リー・ビンビン、ヴィック・チョウのインタビュー映像から始まります。『闘茶』の方が先だと思ってたんですが、この作品がヴィック・チョウの初主演映画だったんですね~。
今回ヴィック・チョウは真正面からの顔と横顔が別人に見えてしょうがない。映画チラシの顔なんて「誰?」って感じなんだけどそう思うのは私たけ??

エンジャがアトンが亡くなったのは自分にも責任があるという罪悪感に苛まれており、薬に頼らなければならない生活を送っているというのはわかるのですが、アトンが3年後にエンジャの元へ来たというのは(見えるようになったというのは)結局どういうことだったんだろう。幻覚なのか夢なのかはたまた現実なのか一体…。
最初は彼女への質問の答えが聞きたかったのかと思ってたんですが、映画の中で明らかになることが答えだとするならどうして彼女のもとへ現れたの?ところどころで彼女にアドバイスのような予言のようなことを言ってるけどそれが目的?ああ、私ってどうしてこんなに理解力がないんだろう(TT)。『言えない秘密』のようにもう一回観たら理解出来るんでしょーか。

ついでにもう一つ、海辺で2人が話している時に登場する水着姿の子どもは一体誰、誰なの……(゚д゚)ダ・レ・ナ・ノ  文房具店での少年とは明らかに違う子なんですケド…。

でもですね、アトンの父親だけは存在感抜群!恋愛よりも親子愛の方が印象に残ってます。
『レッドクリフ』で初めて知ったヨウ・ヨン、この時は劉備の衣装を身にまとっていたため気付かなかったんですが結構体格いいですよね。人情モノの作品にとっても合いそうな感じです^^(既に出演してそうだけど)
密かにエンジャの父親役にラム・シューが演じてるんですが、こんな穏やかな父親役(しかも公務員!)もするんだとちょっと感激(笑)。
実はまだ44歳なんですね~。わ、若い!!エンジャ役のリー・ビンビンが32歳なので、12歳しか離れていないこの2人が親子というのはあり得ないわけですが(映画の中では娘25歳、父親はおそらく50歳ぐらいの設定か?)、スクリーンを通してみると親子役でも全然不自然に見えない。ふ・し・ぎ(笑)。

シュー役のウォン・ヤウナンは初めて知ったんですが、なんだか金城武の眉毛を下げて眉毛と目の間を広げた顔と似てるような似てないような…。雰囲気は全然違うんだけど、なんとな~く鼻とか口元の個々のパーツは似てるような。イヤ、もちろん違うんだけど…。
大好きな金城武と似てることを認めたくないというか・・・。←ウォン・ヤウナンに対して失礼ですよね^^;すみません。ううぅ、やっぱりちょっとだけ似てるかも。

映画の感想というより出演者たちの感想になってしまいました(笑)。肝心のF4ヴィック・チョウには触れてないって?うーん、うーん、彼は映画よりもドラマ向きかな~とちょっと思ったり^^;というより『闘茶』にしてもそうだけど他の共演者たちの演技力の方が上なのでどうしても比べてしまうんです。でも女性からの人気は抜群!映画館に来てたお客さんの殆どがヴィック・チョウファンの模様。数人男性1人客がいたのはおそらくジョニー・トーファンか?
映画の内容を理解するためもう一回鑑賞すべきかどうかただいま思案中。

-6 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは~
観てからだいぶたっているのでTKATさんの疑問も分かっていない私です。再鑑賞してから感想を書きたいと思ってます。
さて、最初ははっきりしない態度のエンジャが嫌いでした。自己顕示欲で生きてるっていう感じで。でも幽霊になったアトンにだんだん近づいていく過程はよかったかな。
ヴィック・チョウもリー・ビンビンも超細くて、危なっかしい感じが漂っていたように思います。ヴィック・チョウは幽霊が似合ってたけど全然怖くないワ。
ヨウ・ヨン、善人も悪人(ツバはきかけたくなるような!)もよくて、そのギャップに感心してしまいます。おっしゃるように親子愛、印象的でした。
確かにラム・シュー、ふけて見えますね。でも年とってもこのままかも。リー・ビンビンはもっと若く見えるからやっぱり親子っていう感じですね。
事故のシーンもインパクト大でした。

2008.11.09 20:32 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さま^^

父親のことで成仏できたなら、どうして最初から父親のもとへ現れなかったんだろうと…。だって彼女の口からは質問の答えを聞いてないわけで、こちらが目的ならまだ成仏できないはず。うーん、孔雀の森さん、助けください(笑)。是非再鑑賞をして教えてくださいませ~~。

ヴィック・チョウの幽霊はホント全く怖くないですよね^^こんな素敵な幽霊なら私のところにも…なんて思ったり(笑)。その前に言葉が通じないから会話が成り立たなくてシーンってしそう^^;ある意味この沈黙が怖い(笑)。

ラム・シューは若い時から同じ雰囲気を持っているので歳を重ねてもあまり変わりそうにないですよね^^12歳差で親子役ってことは、神田正輝が父親役で松田聖子が娘役するのと同じこと(なんじゃこの例え(笑))。そう思うとラム・シューって幅広い役柄が出来る役者さんだワ。
ジョニー・トー監督は恋愛ものしか観たことがないので(珍しい?)、香港ノワール調の作品も観てみようかと思っております^^

P.S この度はご迷惑お掛けして申し訳ないです(><)
2008.11.09 22:15 | URL | #- [edit]
5011 says...""
ちは。

>数人男性1人客がいたのはおそらくジョニー・トーファンか?

そうです、そーに違いない。
渋谷でもそんな感じで、ぼくなんかホント居ずらかった。
特にロビーでパンフ買うときなんかたまらんかったです…。

>海辺で2人が話している時に登場する水着姿の子どもは一体誰、誰なの……

ですよねぇ。
意味ありげなのに放置プレイですよねぇ。
しかも2人の前に出てきたしね。

とにかくいろいろと?な部分の多い映画ではありました。
2008.11.14 22:32 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
5011さん、おはようございます^^

にゃはは、5011さんもヴィック・チョウファンの中で居心地悪い思いをしましたか。ファンはパンフ買うだけでなく、グッズもじっくり吟味しながら購入するので売店に人だかりが出来るんですよね。

海辺の男の子ですが、あれはやはり何も意味がない幽霊なんすかね。事故現場で会った幽霊の警察官と同じようにこの世には至る所に普通に幽霊がいるというメッセージと勝手に解釈しました(笑)。なら男の子も成仏させてやろうよって感じですけど^^;

来年は『エグザイル/絆』を観に行こうかと思ってます^^監督云々より、アンソニー・ウォン、フランシス・ン、ロイ・チョンが出演してるもんで♪あっ、ラム・シューもね。
もちろん5011さんもご覧になるでしょ?
2008.11.15 08:55 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
こんにちは~
2度目を鑑賞し、TBさせていただきました。
劇場ではインタビュー映像が流れたんですか。映画自体短いからかしら。そういう映像もいいですね。
TKATさんの、
>どうして最初から父親のもとへ現れなかったんだろうと…。
をはじめ、その他の疑問にもちゃんと答えられないレビューとなってます。幽霊になっても肉親のことを最初に考えられないなんてかわいそう。手っ取り早く彼女の方に行っちゃったのかな、なんてね。
浜辺の男の子もかわいそうです。
現世に未練がありすぎてあの世に行けず、永遠に浜辺をさまよってるような気がして…
おっしゃるように早く成仏させてあげたいですね。
そうそう、ジョニー・トー監督作品って、私はこれが初めてかもしれません。比較対象がないのはある意味いいのかも、なんて思いました。

2008.11.15 11:02 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんにちは、孔雀の森さん^^

やはり孔雀の森さんの仰るとおり、過去のことから父親の存在を切り捨て「確実に愛されている」という実感の欲しかったんでしょうね。傷口を見せての登場やちょうど薬を止めたところというタイミングは、なんだかアトンの意地悪な作為のような気がしてきた(笑)。

この映画をもう一回観たら孔雀の森さんのように違う印象で観れるんだろうなぁ、きっと。
私も基本的に一度観た映画は再鑑賞しないんですが、最近は違ってきました。一度観て数年経ってる場合は自分の価値観や見方が変わってる場合があるし、続けて観る場合はストーリーを大まか把握してる分、違った視点から観れますもんね^^

>ジョニー・トー監督作品って、私はこれが初めてかもしれません。

『ターンレフト・ターンライト』はジョニー・トーがワイ・カーファイと監督してますよ~^^監督を意識せずに観てる作品って結構ありますよね。
2008.11.15 11:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/390-0e77cb15
胡蝶飛
                2007年/香港/1時間28分(香港版DVD) 監 督  杜?峰(ジョニー・トー) 邦 題  僕は君のために蝶になる ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。