TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「X-ファイル:真実を求めて」

『X-ファイル:真実を求めて』  THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE

Xファイル

製作年:2008年
製作国:アメリカ
監督・脚本:クリス・カーター
出演者:デイビッド・ドゥカブニー、ジリアン・アンダーソン、アマンダ・ピート、ビリー・コノリー、アルヴィン"イグジビット"ジョイナー、ミッチ・ピレッジ

<簡単なあらすじ>
女性捜査官が謎の失踪をし、FBIは病院に勤務しているスカリーを通してかつてXファイルを扱っており今は引退しているモルダーに捜査協力の依頼をしてきた。なぜならある神父が女性捜査官失踪後に「彼女のビジョンが見える」と透視能力を主張したからであった。神父の超能力により雪の中から
事件に関わりがあると思われる切断された腕が見つかるが、FBIは神父の超能力の真偽を判断出来ないでいた。そこでモルダーとスカリーが登場するが、スカリーは神父の言うことはインチキだと決め付け、一方モルダーは神父の能力は本物だと信じるように。1人で捜査に出たモルダーだったが、そこで目にしたものは…。

<感想>
Xファイルのテレビシリーズを全部観てたのでこの映画はとっても興味があった映画の一つ。
映画館に足を運ぶかDVD化されるのを待つかものすんごく迷った末、映画館に行くことに(ヒマなもんで^^;)。
随分前から観てたのでもっと昔のドラマの感覚があったんですが、放送終了から6年しか経ってないんですね。それでもやっぱり6年という歳月が流れてるだけあって、モルダー&スカリーも歳を重ねました。←そりゃそーだ。
ドラマのラストがイマイチ説得力がなく終わってしまい、この2人はどんな風になってるんだろうと思ってたんですが、FBIを退職しスカリーは病院勤務、モルダーは相変わらずいろんな事件を調べながら隠居生活を送ってるという…。モルダーは何を生業にして食べていってるんだろ?
一応はその後の2人という設定にはなってるようです。2人の関係にはそれなりに進展があったようですが。でもこれはドラマの最後の方でもこうなるだろうという雰囲気だったのでそれほどサプライズではなかったかな。

TVドラマではUFOやオカルト、UMAが絡んだストーリーが多かったんですが、今回はサイキックがテーマでどこかミステリーサスペンスタッチ。
スカリーのどんな謎の事件でも科学的な根拠を求めるリアリストぶりは相変わらずですが、厳格なカトリック教徒のため(確かドラマでもそれにまつわる話があったような?)今回も神父の超能力に対しかなり葛藤があるようで。

個人的にはもっとUFOやオカルト的なものを期待してたんですが、まぁこういうのもアリかなと。
おっ!と思ったのはスキナー副長官が登場したこと。これは嬉しい!嬉しすぎる!!これに加えモルダーたちを幾度か助けてくれるローン・ガンメン3人組の面々が登場してくれたらもっと嬉しかったかも。ん?この3人はもういないんだっけ?どうだっけな?

スカリーの子ども、スキナーの存在、スカリーが口にするX-ファイルの闇、モルダーの妹の話など時折テレビドラマを観てた人しかわからないような部分がちょこちょこありますが、ドラマを知らなくても内容はわかるのではないかと。
X-ファイルって『24』や『HEROES』のようなアメリカドラマの先駆けみたいなもの?大ヒットだったの?面白いに違いない、それなら観てみよう!って期待大にして観に行くと少々がっかりするかも^^;
ちなみにエンドロールの最後におまけの映像がありました♪

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/388-cf97322e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。