TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レッドクリフ Part1」

『レッドクリフ PartI』  赤壁

レッドクリフ
 製作年:2008年
 製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
 監督:ジョン・ウー(呉宇森)
 出演者:トニー・レオン(梁朝偉)
      金城武
      チャン・フォンイー(張豊毅)
      チャン・チェン(張震)
      リン・チーリン(林志玲)
      ヴィッキー・チャオ(趙薇)
      フー・ジュン(胡軍)
      中村獅童
      ユウ・ヨン(尤勇)
      バーサンジャプ
      ザン・ジンシェン(臧金生)
      ホウ・ヨン(侯咏)

<簡単なあらすじ>
西暦208年、曹操は帝国までも支配しようとしていた。攻められた劉備軍は孫権軍と連合を組むため諸葛孔明が単身孫権のもとへ。保守的な臣下に反対されつつ劉備軍と一緒に曹操に立ち向かうことを決心した孫権。赤壁の司令官である周瑜も諸葛孔明との琴の演奏で信頼を深めた。そして孫権軍と劉備軍に攻め込んでくる曹操軍に対し、圧倒的に軍数で負けてるため奇策をかけ立ち向かう。だが曹操には帝国支配だけでなくもう一つ別の目的があった。

<感想>
まず一言、思ってたよりわかりやすい内容でよかった(笑)。
事前に三国志を奥深く勉強してなきゃ理解出来ないんじゃないかと心配してたんです。三国志関連は学生時代に横山光輝さんのマンガを読んだだけですもん。しかもめちゃ巻数が多くて途中までしか読んでないし^^;
途中、主要な人物には字幕で名前の紹介があるのでこの人誰だっけ?とならないから大丈夫。といっても誰が誰だかわからないような難しい面子じゃないから心配することは何もなかったけど^^

曹操軍80万に対したった5万軍の孫権軍と劉備軍、数で負けてる分、おっ!というような奇策で立ち向かうわけですが、なるほどよく考えてます。やはり知略な戦術じゃないと君主や武将は務まらないってことなのね。
見応えは十分にある大掛かりな戦闘シーンでは趙雲・張飛・関羽の見せ場はしっかり設けられており、まるでそれぞれワンマンショー状態。
ただ赤ちゃんを抱いての戦闘はどうかと…。あんな状態で泣きもしないなんて将来が末恐ろしや…。←この赤ん坊はパートⅡでも登場するんだろうか?
民を大事に思い知略的に挑む孫権軍と劉備軍に対し曹操は悪略的という感じ?いや、軍略的か。

145分という長さでも全然苦痛じゃなかった。最初から戦闘シーンでスクリーンに釘付けに。大金かけてるだけあってホント壮大でスケールが大きい。そして観客が沢山入っている映画を久々に観た(笑)。
とりあえず本格的な曹操VS劉備軍・孫権軍はパートⅡってことなんですが、来年の4月公開?待てないよ~(><)。その頃にはこのパートⅠの内容を忘れちゃってるかも。出来たら来週にでも公開して欲しいぐらい。続けて観た方が絶対面白いような気がする。だって赤壁の戦いがこの映画の最高の見せ場だもんね。ああ、早くパートⅡが観たい。


キャスト:林志玲がお美しいのは当然のことですが、趙薇も相変わらず可愛くて勝気な女性役にピッタリ。でもアップになった時、あれ?少しお疲れ気味でしょうか、ちょっと老けたような気が…。なんて女性に対して失礼か^^;
そして何より金城武、ステキです。ステキ過ぎます。もちろん張震だって保守的な臣下を一喝するシーンはホレボレしてしまうほど♪いつのまにかこんなにビッグになっちゃって、今度チャン・チェンの舞台挨拶があったらチケット即完売になっちゃうかも?!嬉しいような悲しいような…。
トニー・レオンは…うーん、個人的には時代モノよりも現代設定の映画のトニーの方が好きかな。

-6 Comments

hiyo says...""
で~た~!さすが、お早いです。
あたしもこれ・・・行く事になってるんですよ~、再来週。ぬおおおおお、三国志とか興味な~い!(笑)
友達全員、金城に射抜かれてまして、知らぬ間に『行くから』って事になってました。
なぜ、、、あたしがメンバーに?良いのに、仲間外れで良いのに・・・。
Ⅰを観たらⅡも行くんでしょうね、、、やっぱり行くんでしょうね・・・。

しかし!TKTKさんの感想を読んで勇気付けられました。
話も解り易いし、時間も気にならないと。よしよし。
必至に楽しんできます(笑)
2008.11.02 01:43 | URL | #B9A5zm5U [edit]
TKAT says...""
はい、初日に行っちゃいました(笑)。
私の好きな俳優3人(金城武、チャン・チェン、トニー)が出てるもんだから
観なきゃダメっしょ♪
Ⅰを観たら当然Ⅱも観なきゃダメっすよ~。ⅠはメインのⅡに向けての
前置きと登場人物紹介といった感じで、見所はⅡに詰まってるからね^^

製作費100億円ですよ?!これでショボイ映画なワケがない!
でもですね、大がかり過ぎてところどころアラがあったりも^^;
この映画を観たらhiyoさんもお友達同様に金城武に射抜かれるはず(^Д^)
ついでに孫権役のチャン・チェンもチェックしてね。男前だからさ♪
2008.11.02 09:26 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
こんにちは~
初日にご覧になったのですね。気合入りますもんね!!
私が観にいった2日目も観客は多かったです。
さて、本当にパート2が待ちきれませんよね~
だって「1」ではまだみんな助走段階っていう感じですもん。
おっしゃるように145分はあっという間でしたね。戦闘シーンに釘付けというのもわかります。あれだけの人馬を展開できる中国大陸の大きさと、制作費100億円という巨額に圧倒されてしまいました。
このモチベーションを、どうやって4月まで維持しましょうか?
2008.11.05 17:29 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん^^
たまたま初日が映画サービスデーで、しかも土曜日ときたから一番混雑している日に行ってしまいました^^;

エキストラの数、そしてあの亀の戦略を見ただけで中国の大きさがわかりますよね。うんうん。
いつも思うのですが、大人数の入り乱れての戦闘シーンでは敵味方の区別がつかなくなるんでは?と思っちゃいます。下位なら服も統一されてないだろうし。
そんな細かいことも気になりつつ(笑)、あっという間の145分。そのまま続きが観たかったですね。
ホントこのモチベーション、どうやって維持しましょ?
2008.11.05 20:29 | URL | #- [edit]
jia says...""
正直、どうかなと思ってたんです。どうも、世間の温度
と自分には温度差があるようなので、面白いって評判で
も、自分にはイマイチってこともあるし、世間は面白く
ないと言っても、自分はハマったり。。。(~_~;)

あと、CMとかで面白そうと思ったら大抵これならDVDで
見ればよかったと思ったり。。。

でも、これは見に行ってよかったです(^_^)vもう、Ⅱも
見に行くこと決めました。

主題歌もいいですね!

助走段階でもコレだけ楽しめたなら、Ⅱが早く見たいです!

少しでも勉強して進歩したことを感じれたので、中国語
のモチベーションもアップしましたよ!(^^)!

ってか、かなり頭の悪いコメント失礼しましたm(__)m
2008.11.20 19:57 | URL | #1olHiW.o [edit]
TKAT says...""
こんばんは、jiaさん。

>世間の温度 と自分には温度差があるようなので、

私もありますよ~。絶賛されてる映画をあまり楽しめなかった時、
自分はどこか大事なシーンを見落としたんじゃないかと不安になることも^^;
逆に評判がよくない映画が、「以外とイケるかも^^」と思ったり。

『レッドクリフ』は、宣伝負けしてるんじゃないかと思ってたんですが
実際観ると宣伝負けしてなかったです^^
冒頭に日本語で軽く背景の説明がありましたが、あれって上映される国ごとに
作られてるでしょうね。中国版が観てみたい♪

>少しでも勉強して進歩したことを感じれたので、中国語 のモチベーションもアップしましたよ!(^^)!

やりましたね!jiaさん^^私もほ~んの少しだけ理解出来た会話があり
嬉しくなっちゃいました。モチベーションアップしますよね。
金城武が中国語の先生ならもっともっとモチベーション上がるのに(笑)。

かなりミーハーなコメント失礼しましたm(__)m
2008.11.20 21:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/383-7333bb8d
レッドクリフ Part?
2008年/アメリカ・中国・日本・台湾・韓国/2時間25分 監 督  呉宇森(ジョン・ウー) 原 題  赤 壁 / RED CLIFF 出 演  梁朝偉(トニー...
映画「レッドクリフ PartI」
原題:Red Cliff 西暦208年、日本なら弥生時代の2~3世紀、卑弥呼のいた邪馬台国の時代だっただろうか、魏・呉・蜀の三国が覇権を争う『三国志演義』はあまりにも有名~ 後漢時代、河北を平定した曹操(チャン・フォンイー)は、帝国支配の野望、に加えて、もし...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。