TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おいしいコーヒーのいれ方Ⅲ・Ⅳ」 村山由佳

『彼女の朝』『雪の降る音』 "おいしいコーヒーのいれ方Ⅲ・Ⅳ" 村山由佳  

おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫) おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)

 著者:村山由佳
 出版社:集英社  集英社文庫

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。
<簡単なあらすじ>
かれんと勝利の恋が始まろうとしていた時、イギリスからかれんと丈の母親である佐恵子おばさんが一時帰国することに。そして親戚が家にやってきてかれんに見合い話をすすめる。
ある日、久しぶりに2人で鴨川に出掛けたが帰りの電車が不通になってしまい、鴨川にあるペンションで初めて2人だけで夜を過ごすことになった。本当の従兄弟同士ではないことがわかった今、勝利はますますかれんへの想いを募らせ守ってあげたいと思うが・・・。そんな時、2人の関係を知らない同級生の星野りつ子から告白をされる勝利、かれんのことを悪く言う星野りつ子に対しどうするのか。一方、夏休み前に父親から連絡があり再婚すると聞かされる。会ってみるとなんと勝利が知ってる女性だった。


<感想>
大学生になった勝利、今度は大学内で知り合った星野りつ子や先輩などが登場し何やらここでもいろいろありそうです^^;やっぱりシリーズの恋愛ものにはたくさんの問題を乗り越えていかなくちゃね。 ← なんじゃそら(笑)。

・年上の女性を好きになるが従兄弟同士ということ(実際は従兄弟同士ではないが公に出来ない理由がある)。
・かれんのことを好きな男性がいる。さらに悪いことに年齢・職業・見た感じすべてにおいてかれんとお似合いときてる。
・勝利のことを好きな同級生の女性がおり、かれんに対し勝利が片思いしてると勘違いしている。
そしてかれんと勝利はなんとか恋が始まるが、その仲はなかなか進展しないということ。なんか淡い恋で2人を見てるとほのぼのしている^^
2人が安心して居れる場所『風見鶏』のマスターの彼女まで登場し、何やらかれんと勝利にとって良き相談相手になってくれそうな存在。

勝利はというと・・・相変わらず人に甘えるということが出来ない性格らしく、佐恵子おばさんが一時帰国してても居候させてもらってるという立場、そしてかれんと付き合ってることが大きな声で言えないってもどかしさからか気を遣いっぱなし。かれんはかれんなりに5つ年上だし本当に自分は勝利にふさわしいのかなんて悩んでるし。
恋が始まったばかりの2人だからこその初々しさや悩みが炸裂してる(笑)。互いが互いにふさわしい人間になりたくて成長していこうと努力する姿がまた微笑ましくもあったり。

このシリーズにはよく音楽が流れており、シカゴ、カーペンターズ、ビートルズ、TOTO、ABBA等々ずらり。なんかですね、時代的にとっても懐かしい超名曲ばかり。それらの曲が流れてくると勝利はいつも歌詞に耳を傾け、「こういう歌詞だったのか」とちゃんと理解してる模様。陸上で大学に行ってることになってるけど、もしかしたら勝利ってめっちゃ英語得意なんじゃ・・・。
だって洋楽を聴いてて即座に意味がわかるってすごいよ!私なんて洋楽を聴いてても日本語の意味なんて全く理解してないもん。歌詞カードを見ても意味わからないときてるし^^;

このシリーズは懐かしい名曲も出てくるのでその辺りも楽しめたりします^^

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/377-b0c39a30
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。