TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕らのミライへ逆回転」

『僕らのミライへ逆回転』  BE KIND REWIND

僕らのミライへ逆回転
 製作年:2008年
 製作国:アメリカ
 監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー
 出演者:ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローヴァー、ミア・ファロー、
       メロニー・ディアス、シガニー・ウィーバー

<簡単なあらすじ>
VHSしか置いてないレンタルビデオショップが都市開発で取り壊し勧告を受けていた。そんな時、マイクは店長のフレッチャーから店番を任され張り切っていたが、友人のジェリーが店にやってきた途端に店内のビデオの中身が消えてしまった!前日ジェリーは発電所で電磁波を浴びてしまい身体から磁気が出ていたのだ。店長からの信頼を失うことを恐れたマイクはあることを思い付く。それは自作自演で映画を撮り直すことだった。意外にも大好評で調子に乗り次々と名作をリメイクしていくが、ハリウッドの映画会社の関係者は黙っちゃいなかった。取り壊しの日々も近づきマイクたちは……。

<感想>
予告編を見て楽しみにしてた作品。てっきりお気楽コメディ満載映画かと思いきやハートフルじゃないか~!
最初はその場しのぎで映画のリメイクを作り、次は都市開発の立ち退きから逃れるために店を改装する資金のため、そして最後は映画を作るという純粋さというか一致団結というかなんちゅーか…

『ゴーストバスターズ』『ラッシュアワー』『ロボコップ』等々をCGなしに製作する手作り映画をおかしく楽しく、そして温かく描いてます。
その製作過程でよく考えててるな~と思うのもちらほら。トンネルの上側を逆さに車で走るシーンや(『メン・イン・ブラック』だっけ?)、上から地上に落ちるシーン(下に小さく書いた街の絵を置いてる)はそれらしき見えるんだから不思議。
そのリメイクされた20分ほどの作品を最初から最後まで観て面白いかどうかは疑問が残るけど(笑)。
手作りリメイク映画を完璧な作品ではなく、その辺にあった道具で間に合わせたふざけたような作品が独創的といっちゃ独創的。このユニークな発想は面白い^^

ただ、ただ!最後の方で映画の鑑賞中、外から取り壊し関係者に「まだか」と言われからほんのちょっとの間であんなに外に人が集まって感動してるのって…?
実際は外から「まだか」と言われから1時間ぐらい経ってるのかもしれないけど、ほんの数分で急に集まったみたいでなんか急ぎ足でラストをむかえた感じがするのは私だけ??
もしかして「まだか」と言われた時、既に人が集まっていて最初から観てた?んなワケないよね、それなら「まだか」なんて言いにこないだろうし。
気のせいだって言われたらそうなのかもしれないけど、いつの間に?!って思えて仕方がないよ…(><)。

そうそう、お客さんの1人にミア・ファローが演じているんですが、歳を重ねてもやっぱり可愛いなぁ。とても60歳を越してるとは思えない。若さの秘訣を教えてほしいぐらい^^
それとエンドロールで流れていた曲、とっても気に入ったんですが曲名がわからず…。サントラを借りてくるとするか。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/376-ad658ea2
街角の名画座
コンテンツ事業がテロの標的だ。お馴染みジャック・ブラックが恐怖の磁石人間となって暴れ回る。失われた娯楽作品を捏造し金儲け。マッチポンプとはこのことだ。ギャフン!
「僕らのミライへ逆回転」
「僕らのミライへ逆回転」、観ました。 堅実に生きたいビデオレンタルショップのマイクに、クレイジーな親友ジェリーは迷惑を掛けてばか...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。