TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「言えない秘密」

『言えない秘密』   不能説的・秘密

言えない秘密

製作年:2007年
製作国:台湾
監督・脚本・音楽:ジェイ・チョウ(周杰倫)
出演者:ジェイ・チョウ(周杰倫)、グイ・ルンメイ(桂綸鎂)、アリス・ツォン、アンソニー・ウォン(黄秋生)

<簡単なあらすじ>
淡江音楽学校に転校してきたシャンルン(ジェイ・チョウ)は、旧校舎の教室でピアノを弾いていたシャオユー(グイ・ルンメイ)と出会う。何の曲かと聞くと彼女は「誰にも言えない秘密」とささやくだけ。次第に惹かれあう2人だったが、シャオユーは喘息で学校を休むように。卒業式の日、久しぶりに2人は再会するがシャオユーは姿を消してしまった。シャンルンは彼女の家に行き、母親からあるものを見せられ次第に彼女の秘密に気付く…。

<感想>
ジェイ・チョウが監督デビュー、そして主演ということで絶対映画館で観ようと思っていた作品。
正直言って、予告編では一体どんな作品なのかイマイチわかっていませんでした^^;むしろ全く興味のわかない予告編だったため「コレって面白いのかなぁ?」って不安に思いながら観たのですが…。

良い意味で予想を裏切られました。
最初は可愛らしい男女の青春ラブストーリーのように思われますが、後半は彼女の視点から徐々に秘密がわかるようになり…。
彼女登場してわりとすぐ「ああ、彼女はきっと…」とわかってしまう人は多いはず。ところどころの伏線はわかりやすいし、これはわざと観客に気付かせてるのかな。彼女の言えない秘密は私が想像していた倍以上の秘密だったけど^^;
でも終わってみて思うのはまだまだ秘密が多い。最後の写真で彼女の運命が変わったのはわかるけど、そうなると現在は一体どうなるの?←これめっちゃ気になる。クラスメイトのチンイーはシャオユーの秘密を知っていたのか?パンフレットにも書かれてあるけど用務員さんの変貌を見ると一体彼の身に何が起こったのか、シャンルンの父親のその後は?

ただこの作品に関して秘密の部分が多くても、伝えたいことは

今という時間を大切にして欲しい。失ってからじゃ遅い、時間を元に戻すことはできない。

ということ(らしい)。なるほど~。謎の部分が多くても個人的には全体的にはよく出来てると思う。今年観た映画ベスト5には入れたい。そして珍しくまた観たいと思ってしまった^^←ストーリーを把握した上でもう一度観たら違った視点から観れそうだからというのと、ジェイ・チョウをまた観たいから(笑)

全編を通して映像、音楽ともによく出来てる!
なんと言っても全編を通して音楽が素晴らしい!!「ピアノってステキ、習ってみようかな~?」なんて一瞬思っちゃったり。
ジェイ・チョウのピアノバトルはもちろんのこと、挿入歌もバッチグー(←古っ!)。なんてったってジェイ・チョウのアルバム『我很忙』に入っている「蒲公英的約定」がいろんなパターンで流れてるんですもん♪このアルバムの中でも私が好きな曲の一つが使われてるということだけでかなり嬉しい。サントラ盤が欲しくなっちゃいます♪

アンソニー・ウォンとジェイ・チョウと言えば『頭文字D』でも親子役。この映画でも親子役ですが、アンソニー・ウォンのキャラが月とスッポンほど違うよ~。ジェイ・チョウは素朴で純粋な青年という雰囲気で、自ら監督してるからか自分自身の魅せ方がよくわかってる(笑)。
映画のように人差し指でホッペをちょんってされたいし目をつぶり5歩歩いて抱きしめてたりなんかしたら…ダメだ、想像しただけで顔がニヤけてくるよ。だけどこの作品って高校生の設定なの?ちょっと無理ない(笑)?

そうそう、シャンルンの自転車の後ろにシャオユーを乗せて二人乗りしてますが、この自転車、後ろの席にも黒い長方形のサドルのようなものが付いてて後ろに座ってる人もお尻が痛くないようになってるんです。初めて見たんですが台湾では当たり前なのかなぁ。今度行った時に意識して見てみよ。
そして淡水、私は昼間しか行ったことがなくこの映画を観て夕方以降にも行ってみたいな~とも。最近台湾の映画を観ると景色や街並みまで気になってしょーがない(笑)。

話がそれましたが、監督デビュー作としてはかなり成功したんじゃないかと個人的には思うんですが…。全体的の雰囲気は結構好きで楽しめた作品でした。こりゃ次作も楽しみだわ^^

-2 Comments

孔雀の森 says...""
おはようございます♪
私も観たんですが、レビューはまだ書いていません。
まだまだ秘密がたくさんありそうで、あと何回か観てからにしようと思いまして。
ステキな作品でしたね。ジェイファンの方にはたまらないでしょう。
音楽、景色、登場人物に魅了され、とても贅沢な時間をもらった気分です。
TKATさん、自転車の観察眼がすごい。今度観るときはその自転車にも注目してみますね。
2008.09.18 08:22 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは^^
この映画は秘密がまだまだ多すぎますね~。
私ももう一回観ようかと思ってます。最後の写真、シャオユーが写ってたような感じですが髪型違うのでなんか自信ないし…^^;

>ステキな作品でしたね。ジェイファンの方にはたまらないでしょう。
はい。たまりませ~ん♪特別男前ってワケじゃないし、惚れ惚れするような歌声でもないんだけど(←本当にファンか?!)、どこか気になる男性なんですよね。といっても彼が手掛ける曲自体はめちゃ好きなんですけど♪要は彼の才能に惚れたって感じ(笑)?

台湾に行ったらこの作品のサントラを買う予定でいます^^持ってないジェイ・チョウのアルバムも購入するつもりだし、もちろん孔雀の森さんに教えていただいたDVDも♪なんだかCDショップに入り浸りそうな予感…。
孔雀の森さんの感想も楽しみにしてまーす^^
2008.09.18 19:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/367-cad0fd78
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。