TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北京ヴァイオリン」

『北京ヴァイオリン』  和你在一  TOGETHER

北京ヴァイオリン 特別プレミアム版
 製作年:2002年
 製作国:中国
 監督:チェン・カイコー(陳凱歌)
 出演者:タン・ユン(唐韻)、リウ・ペイチー(劉佩奇)、
      ワン・チーウェン(王志文)、チェン・カイコー(陳凱歌)、
      チェン・ホン(陳紅)、チェン・チエン(程前)


<簡単なあらすじ>
チュンが北京のコンクールに出場することが決まり、父親と北京に行くことになった。そして北京に移り住んでチアン先生のもとでレッスンを受けることに。レッスン代を稼ぐために働く父親は偶然見たバイオリンコンサートでユイ教授のことを知り、今度は権威ある先生に指導をお願いする。するとチュンは大事な母親の形見であるバイオリンを売ってしまった。

<感想>
先にドラマ版を観たあとでこの映画版を観たのですが、漢字は一緒なんだけど無理にカタカナにしてるから、ドラマ版とは微妙に字幕に出てくる名前のヨミが違うのでなんかピンとこないよ^^;
各々の性格はドラマ版も映画版も同じなので違和感は全然ないです。
ドラマ版の方は24話まであったので、リウ、チアン先生、リリ、チョン、リンそれぞれのドラマがあったり、チュンの本当の父親は…といったエピソードがあったせいか、映画はとってもシンプルに感じてしまいました。といってもこのシンプルさがまた良かった♪
どちらかと言えば映画の方がすっきりしてて面白かったりして。

余計な背景がない映画を観てからドラマ版を観た方がいいかもしれない。ドラマ版を先に観ちゃうと映画にない背景をいろいろと思い出しちゃう。
ただチュンの出生の秘密、なぜ先生が知っていたのかの説明が少ないだけでなく、どうしてあの場で言ってしまったのか疑問に残ってしまいました。
ドラマ版ではかなり時間かけて出生の秘密を明らかにしていったから余計にそう思っちゃうのかな。うーん、やはり映画を先に観ればよかった^^;

ところどころシンプルすぎてどうしてそういう結果に?と思ってしまうシーンも少しはあったような…。
ラストでも駅に来たチュンに対し、どうしてここにいるのかとまず理由を問いただすのがリウの性格だと思うんだけど、あんな穏やかな顔をしてるのはなぜ??
その後チュンのバイオリンを聞き、13年前に駅でチュンと出会ったことを思い出し感極まるリウの姿を見て私まで目頭が熱くなってしまった…。

ドラマ版とは結末が違いますが、親子の絆が今まで以上に固まったのは間違いなし。
だけどチュンをコンクールに出場させるため一生懸命頑張ってきたリウの涙ぐましい努力は?成功するよりも絆の方が大事だってことなのかしら。

個人的に残念だったのはチェン・チエン(程前)の登場シーンが思ってたより少なかったこと。しかもいてもいなくてもさほど重要な役じゃないし(><)。
そうそう、リリ役のチェン・ホンって監督の奥さんだったんですね。キレイな奥さんだこと♪

この映画で一番良かったのはまたリウ演じるリウ・ペイチー演じる父親が観れたってことかな。子を想う気持ちが十分に伝わってき、この父親にはやはりこの俳優さんしかいない!←といっても中国の俳優さんはほんの一握りしか知らないんだけど(笑)。
あとチアン先生に家にある洗面器、金魚の絵が描いてありとっても可愛いかった~♪
全体的なストーリーは既にドラマ版で知ってましたが、チュン演じる青年も違うし内容を思い出しながら鑑賞したのでわりと新鮮に観れました^^

-4 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは~
ドラマを先に観ると映画がシンプルに感じられる、っていう感覚、すごくわかります。
私の場合、これは『風雲~ストームライダーズ』でした。
ドラマにすっかりのめりこんでから映画を観たら、何だかダイジェスト版みてるような感じがして…。
いい俳優さんが出ていたのにね。

>チュンをコンクールに出場させるため一生懸命頑張ってきたリウの涙ぐましい努力は?

同感です。あの場面、晴れの舞台だったらなおよかったのに、と思ってしまいました。
最初に観たときは、あそこでオイオイ泣いてしまった私でしたが…。

ドラマ版と結末が違うんですか!!
じゃあ、やっぱりドラマの方を観なくちゃ!!
レンタルショップさんにお願いして取り寄せてもらえないものかしら。→図書館のリクエスト感覚(笑)
2008.09.12 10:03 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん^^
一昨日と今日、甲子園に阪神戦を観に行ってお疲れモード全開のTKATです(笑)。明日から大阪で中国インディペンデント映画祭が始まりますが、行くかどうか微妙かもです^^;映画館がちょっと遠いんですよね(><)。でも『言えない秘密』は神戸でもあるので観に行きますよ~。この時期観たい映画が重なってて困っちゃう。

>ドラマ版と結末が違うんですか!!
ドラマでは出生の秘密や本当の父親についてが結末にむかってかなり重要なポイントとなってるんです。映画版と比べると、一体どこまで話を膨らますねん!って突っ込みたくなっちゃうぐらい(笑)。でもですね、後半は目頭が熱くなるシーンが多々ありました。映画版を観てからのドラマ鑑賞はきっと面白く観れると思いますよ。登場人物各々に様々なドラマがありますから♪
レンタルショップにまた置いてもらえるといいですね。図書館のようにリクエストかけてみましょ(笑)。
2008.09.12 22:39 | URL | #- [edit]
jia says...""
お久しぶりでーす(^^♪

ご覧になられましたね!(^^)!自分はドラマ版を後に見たので、何の邪念(苦笑)もなく映画を見ることができましたねー(笑)でもって、ドラマ版を見たときは、映画版を見た後なので、ちょっと間が長いんじゃないかーって逆に思ってしまいました^_^;

結末も違って、そーなるのかよ!と思ったり。。。

とかなんとか言いながら、映画版もドラマ版も最後には満足しましたYO!
2008.09.20 12:10 | URL | #1olHiW.o [edit]
TKAT says...""
jiaさん、お久しぶりですね~^^

映画を観てからドラマ版を観るとどえらい展開にびっくりしませんでした(笑)?父親は警察からお尋ね者だし後に結婚するし、本当の父親の存在なんて映画とは考えもつかない展開になってますもんねぇ。
といいつつ私も個人的には両方とも満足しました♪字幕に集中してて中国語の勉強には全くならなかったけど(笑)。

『まいにち中国語』一段落着きましたね~。10月からは文法ですね。一応テキストは購入したのですが、今までの分も復習してると新しいのを覚える余裕がないような・・・(><)。それでもなんとか頑張るでー!
2008.09.20 22:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/364-5f9b1b7e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。