TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラストゲーム 最後の早慶戦」

『ラストゲーム 最後の早慶戦』   

ラストゲーム
 製作年:2008年
 製作国:日本
 監督:神山征二郎
 出演者:渡辺大、柄本佑、原田佳奈、柄本明、石坂浩二、藤田まこと、富司純子、山本圭


<簡単なあらすじ>
昭和18年、東京六大学連盟は解散を命じられてリーグ戦も中止に追い込まれ、猶予されていた学生に対する徴兵も開始されることになった。早稲田大学野球部顧問の飛田は生徒たちに何か思い出になることを実現させたいと思っていたところ、慶應義塾塾長の小泉が飛田のもとへ早慶戦の申し込みにくる。だが早稲田大学総長の田中が反対。しかし飛田は逆境の中、試合をすることを決め徴兵検査のわずか9日前に<出陣学徒壮行早慶戦>という名で最後の早慶戦が実現する。

<感想>
主人公は早稲田大学野球部の戸田順治。映画自体には戦争自体の描写はなく、出征を目前に控えた学生たちの野球に対する想いと、学生たちの試合をしたいという気持ちを汲んで早慶戦実現のために様々な努力をする大人たちを早稲田側から描いてます。

・野球に青春をかけた学生たちに、出征前に生きた証を残してやりたいと思う飛田と小泉。
・戦争が激化する中、野球は敵国のスポーツだと言い放つ戸田の父親。
・死んでしまうかもしれない、せめて野球ぐらいやらせてあげて欲しいと泣き崩れる戸田の母親。
・軍が嫌っている野球試合をすれば大学に弾圧がかかると試合を反対する早稲田大学総長。
・戦死は名誉という世相の中、戦争に対する恐れを口にする戸田の友人。

この時代に生きた様々な立場からの感情がよくわかります。
パンフレットには
「当時の世相、風俗、一般的な戦時中の父親像、母親像、そして出陣していく学徒たちを待ち受けている運命としての戦死、それがどういうものであるかということを戸田家の家庭によって描いている。」
と。確かに日常の中から浮かび上がってくる戦争に対する建前と本音も…。
早慶戦の試合自体は思ってたより短かったのですが、試合終了した後、互いの大学が相手校の健闘を称えるという精神はこのような状況だからこそ。もちろん健闘を称えるだけでなく、出征を目前に控えた学生たちへ別の意味でのエールそこに込められてるような気がします。この学生たちは二度と野球をすることはないんだという悲壮感とともに…。

「野球(ベースボール)、生きてわが家(ホーム)に還るスポーツ」
ああ、そういうことか!塁に出てホームベースに還ると点が入るスポーツ。それをホームベースをわが家と考えるとなんと意味深いこと。野球は自分、あるいは仲間の努力でホームに戻れる。だけど否も応もなく戦争に行くと自身のホームに帰れないかもしれない。
<戦争>という時代背景、<実話>がベースになってるというところでおそらく号泣してしまうだろうとは思ってたんですが、号泣までいかなくとも涙するシーンは多々。
ただ戸田の父親と早稲田大学総長、あんなに反対していたのに一瞬のうちに態度を変えてしまうのは…。うーん、建前で反対してたとしてもちょっと展開が急ぎすぎのような気がしないでもなかったり。

主人公の戸田順治役に渡辺謙の息子である渡辺大が好演。はじめて渡辺大をじっくり見たのですが顔も似てるし声もしぐさもめっちゃ似てる~!まぎれもなく渡辺謙の息子です!
戸田の友人の黒川役には柄本明の息子である柄本佑。こちらも好演!この2人は将来が楽しみです^^

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/356-b71587c6
『ラストゲーム 最後の早慶戦』
昨日の夜はYahoo!レビュアー限定の試写会で当たった『ラストゲーム 最後の早慶戦』を観に、渋谷のシネカノンさんの試写室に足を運んできました。 ちょっと仕事が長引いたので、間にあうか心配だったんだけれど、移動してみたら開場前についてひと安心。 ************...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。