TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎

『ゴールデンスランバー』
 
ゴールデンスランバー

 著者:伊坂幸太郎
 出版社:新潮社





<簡単なあらすじ>
仙台での凱旋パレード中、ラジコンによる爆発で首相が暗殺された。暗殺の濡れ衣を着せられた元宅配ドライバーの青柳雅春は親友から「おまえは陥られてる、とにかく逃げて生きろ」と言われ逃げるが、何がなんだか訳がわからない。どうやら大掛かりな陰謀に巻き込まれており誰を信用していいのかすらもわからない。逃亡する身となった青柳は果たして逃げ切れるのか?!

<感想>


第一部:事件のはじまり
第二部:事件の視聴者
第三部:事件から二十年後
第四部:事件
第五部:事件から三ヶ月後
以上の五部からなってるのですが、第一部で首相暗殺の事件があり、第二部ではそのニュースを見てる入院患者。第三部でいきなり事件から二十年後?!当然事件の真相がまだわからないうちから二十年後に飛んでるわけだから謎の事件という解釈しか出来ないわけですが、ここから第四部、五部と真相がわかっていくにつれ、全体を通してうまく繋がってるな~と感心せずにはいられない!全編読み終えたあとに第三部を読み直すとより一層物語がわかりやすいかも。

誰もが青柳が犯人だと思わせる目撃証言をしたり、ありもしないはずの映像までテレビで流れる始末。なぜ自分が…なぜこんなことに巻き込まれてる?という大きな疑問を持ちながらもとりあえず逃げる青柳。自分が知らないところであたかも自分が犯人のような証言ばかりが飛び出す。

青柳は数年前、配達中に強盗に入られたアイドル歌手を助けたことで一マスコミに取り上げられ一躍有名になったという過去が。その時の映像が今回の事件の犯人として何度も繰り返し流されてはコメンテーターが好き勝手言ってるっていうのは日常的のような気がするよ^^;

全体的に非現実的なストーリーなのに、最後までぐんぐん引き込まれてしまった!自分でもびっくり。
こんなにハマるとは…。最近、伊坂ワールドにぐんぐん浸ってるわ(笑)。
何気なく登場する人物が後々何かしらの形で登場するのはやっぱり面白く、「この人物、絶対また登場するぞ!」とわかるもののあれば「このシーンでこの人物をもってきたか!」と思うものまで様々。伊坂サンの構想力は凄い。
でもその登場人物たちや見知らぬ人たちから助けられるのはちょっと無理ない?だって首相暗殺という報道をされてる中、その犯人と言われてる人物を助けるってことはかんなり勇気がいること。もし青柳が本当に犯人なら助けた自分まで何かしらの罪に問われるでしょ?普通なら絶対関わりたくないはず。それでも読んでる最中はそんなことも気にならないほど次がどんどん読みたくなるんだから不思議。逃亡中にどんどんたくましくなっていってる青柳の成長ぶりも注目したいところ。

犯罪の抑止、捜査の向上が目的で配置されたセキュリティポッド。
使用した軽帯電話の内容まで録音されてしまうというプライバシーまで監視されてるシステムはよく考えたら、いや、よく考えなくても怖い…いざという時には役に立つんだろうけど、会話をどこかで聞かれてると思うとやっぱり怖い(><)。

ケネディ暗殺事件をモチーフしてる今作品、輝かしい未来が待ってるかというとそうではないんですが、どかかに希望を持ちたくなるようなラスト。こんな国家的な陰謀の巻き込まれたら…と自分を青柳に置き換えてハラハラしながらが一気に読んでしまった1冊でした。あー面白かった^^

-4 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは~
私も読みました!でもものすごいスピードで読んだため、感想が書けません。
もし書くのならもう一度読まなきゃ。といってもラストを知った今もう一回読む気にはならないなぁ。
後の展開が気になって気になって、進まざるを得ない状況になったのでした。
伏線が細かく張られている所がすばらしいですよね。

>でもその登場人物たちや見知らぬ人たちから助けられるのはちょっと無理ない?
ですよね。助ける人の行動がちょっと安易に思えるところがありました。元カノの心理や行動が腑に落ちません。最後までモヤモヤが残りました。

セキュリティポッドって、近い未来に出現するんじゃないかとマジで思いました。恐ろしいですね。
もしあんなふうに冤罪で追っかけられたら、大半の人はあきらめてしまうかもしれません。その点、青柳の精神力はスゴイと思いました。
2008.08.16 19:19 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、^^

孔雀の森さんも読まれたんですね♪読者に飽きさせない展開で、私もハイスピードで読みました。あまりにも人気で予約してから借りるまではかなり時間かかりましたけど(笑)。
伊坂サンの伏線は絶妙でホント素晴らしいですよね。中にはそれは都合良すぎなんじゃ?ってのもありましたが^^; 子供もいる元カノの行動もちょっと疑問。あと通り魔殺人犯とのやりとりも…。
それでも読者を引き込ませるという点では文句ナシです^^

余談ですが、オリンピック観戦と阪神戦を観るのにテレビにかじりついてる毎日です。お陰で毎日寝不足で眠すぎる…(笑)。それでも日本選手が活躍すると眠さも吹っ飛んじゃう♪
さっ、今日も今から星野ジャパンを応援しよう!そして明日は朝からマラソンだ!4年に1度のオリンピック、なんて楽しいんでしょ♪
2008.08.16 20:24 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
またまたこんにちは~
TKATさんに触発されて、私も感想を書いてしまいました。
あまりにも速く読んだからダメだ!と、途中まで書いたのを投げ出していたのですが、やっぱりこの感動を共有したいと思いまして。

今、マラソンを観ながら書いてます。オリンピックがちょうどお盆と重なって、食品宅配業が儲かっているとの情報を、先日TVで観ました。そういえばうちでもピザ注文したワ。
阪神は快進撃してますね。こちらは今日は涼しいのでオリンピック観戦も多少楽です。
マラソンを観戦しながら北京の街並みを見られるのも楽しいです。
2008.08.17 09:28 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
おはようございまーす。
私も今マラソンを観ながら書いてます。密かにシモンを応援してたりして(笑)。昔は「参加することに意義がある」って言ったもんですが、今のご時勢「メダル取ることに意義がある」という雰囲気になってしまってますね。日本人のレベルが上がったのは嬉しいことですが、選手たちにいらぬプレッシャーがかかってしまってるのは気の毒だ…(><)。

>マラソンを観戦しながら北京の街並みを見られるのも楽しいです。
ですよね~♪交通量が皆無でゴミ一つ落ちてない北京の大通りを観れるなんてそうそうないですよ~。えっ?そういう事じゃないって(笑)?

阪神は快進撃…だったはずなんですが、最近どうも調子が悪いみたい(><)。昨日は星野ジャパンも阪神も負けてがっくしきてたんですが、両方ともまだまだ途中!結果良ければ全て良し!ってことで今からが勝負♪

あら?『ゴールデンスランバー』と全く関係ない話ばかりしてます?すみませんねぇ(笑)、本については孔雀の森さんのブログでコメントさせていただきまーす^^
2008.08.17 10:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/354-3eb8dc6e
伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』
  出版社: 新潮社      刊 行: 2007年11月 <あらすじ> 仙台で凱旋パレード中の金田新首相が暗殺される。その直前、青柳雅春...
伊坂 幸太郎 著 『ゴールデンスランバー』
ゴールデンスランバー 【単行本】 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、 国家的陰謀から逃...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。