TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闘茶」

『闘茶 tea fight』

闘茶
  
製作年:2008年
製作国:日本/台湾
監督・原案: ワン・イェミン(王也民)
出演者:香川照之、戸田恵梨香、ヴィック・チョウ(周渝民)、チャン・チュンニン(張鈞寧)、エリック・ツァン(曾志偉)、細田よしひこ、ほんこん、藤田陽子、チン・スーチェ(金士傑)

<簡単なあらすじ>
京都で何代も続く老舗茶屋を継いでる八木圭は、妻の死が先祖代々伝わる「黒金茶の呪い」であると信じ、お茶に関わることを拒み遊び呆けていた。そんな父親をよそに1人娘の美希子は台湾でお茶の勉強をしたいと思っていた。ある日、蔵にある書物でその呪いを解く方法を知った美希子のもとにネットで知り合った雄黒金茶を持ってるという男性から航空券が送られてき単身台湾に行くが、それは雌黒金茶を持ってる美希子をおびき出す作戦だった。

<感想>
<闘茶>とは…
-中国福建省で生まれた参加者それぞれが無数の種類の茶葉を持ち寄り、その抽出法・風味、さらには様式美・精神性などを競い合う。勝者は仙人のような栄光を得るが、敗者は一生その屈辱を背負うことになる-  
この伝説の競技をテーマに映画が作られたんですって。
オープニングでは<闘茶>の伝説を描いたアニメーションになっており、ナレーションは陸羽に扮したエリック・ツァン。エリック・ツァンはこの映画全体を通して案内人といったところでしょうか。アニメーションは結構良かったかも♪
映画を観終えパンフレットを見て、このアニメーションの雄黒金茶vs雌黒金茶のシーンってヴィック・チョウvsチャン・チュンニンのシーンとリンクしてあるんだと気づきました。どうりでね~、チャン・チュンニンはどうしてあんな格好をしてるんだ?!と映像を観ながら疑問に思ってたんだ。なるほどなるほど。

父親役の香川照之、彼のオレ様節のスピード感ある関西弁はとっても心地良い!全然違和感ないし。戸田恵梨香は神戸出身とあってこれまた違和感ないし何より可愛い♪2人の演技が良かったせいか、ヴィック・チョウの演技がどうもこうも…^^;闇の茶市場の黒幕としてはちょっと若すぎで男前過ぎたかな。
『テレビで中国語』の番組でのインタビューコーナーでヴィック・チョウとワン・イェミン監督が話しており、ものすごく良い雰囲気だったので過剰に期待しすぎてたようです(><)。

あと全体を通してところどころ笑いにしようとしてるけど、どうも空回りしてる雰囲気。なんだかもったいないなぁ。
せっかくのお茶をテーマにしてるのにお茶のアピール度も低い。映画を観て「お茶の世界ってなんて深いのかしら。中国や台湾のお茶を飲んでみたい~」とは思わないかも(苦笑)。<闘茶>をするにあたっても結局は己の問題に繋がってるし。要は各々が抱えている心の闇が問題なワケです。

まとめ:香川照之がどうしてもトータス松本に見えて仕方がなかった映画でした。←なんじゃそれ(笑)。
それはされおき、<闘茶>という面白そうな題材をテーマにしてるのに、なんだかもったいない作品だったかなと思いました。
パンフレットにロケ地の場所と地図が載ってるので、今度台北に行った時は「闘茶ロケ地巡り」でもしてみようかな。

-4 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは。
この作品は前から気になっていました。
俳優の顔合わせが面白いし、台湾も出てくるのかと思うと、ちょっと楽しみ。
ヴィック・チョウについては、おとなしく影のある役柄が印象的です。
ちょっと観てみたい気もします。
上映している館が遠くて、ぐずぐずしていたら終わっちゃいそう。
DVD鑑賞になるかもしれません。そのときにはまた遊びに来ますね♪
2008.08.03 16:30 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん^^

私がこの映画を観たのはずばり台湾との合作で台湾も舞台になってるからです(笑)。
あとやっぱり出演者ですかね。香川照之とヴィック・チョウとエリック・ツァンだなんて…興味そそられます♪ヴィック・チョウの演技はちょっと固かったかな。他の人が好演だったため、ちょっと浮いちゃってたかも。それでもファンにはたまらないんだろうな(笑)。

DVD鑑賞になっても是非ご覧になってくださいまし。あまり評判がよくないこの映画、孔雀の森さんがどのように評価されるのか気になります^^
個人的には香川照之のスピード感あるトータス松本のような(しつこい?)関西弁に注目して欲しいかな。ちなみに金士傑の素晴らしい日本語にもうっとりしちゃいます。吹替えか?なんて思っちゃうほど。←吹替えだったりして(笑)。日本語が上手な外国の俳優さんを見るとただただ感心してしまいます。
2008.08.03 19:17 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
こんにちは♪
DVDを観ました~ 結構楽しめてよかったです!
関西弁のことはよくわからないのですが、TKATさんが褒めているということは、素晴らしい出来だったのでしょうね。私はちょっと聞き取れない所がありました。(泣)
おっしゃるように金士傑の日本語は素晴らしかったですね。吹き替えには見えなかったんだけどどうなんでしょ?素敵なオジサマでした(キャッ!!)。

>せっかくのお茶をテーマにしてるのにお茶のアピール度も低い。
そうなんですよね。ついでに台湾のお茶の宣伝をすればいいのに、と思いましたよ。そういう意味でももったいないな~

闘茶ロケめぐりは楽しそうですね!!
2009.07.20 09:13 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん。
ご覧になったんですね^^香川照之さんの関西弁はホント素晴らしいです☆
金士傑さんはやはり吹き替えじゃないですよね?
ならかんなり流暢な日本語ですな。感心しちゃうわ~。
日本語が流暢でダンディなおじ様。ステキすぎます…

>ついでに台湾のお茶の宣伝をすればいいのに、と思いましたよ。
ですよね~。せっかく戸田恵梨香ファンの若い男子、周渝民ファンの
若い女子が観てるのだからもっと台湾や台湾のお茶を宣伝したら
観光客が増えたかもしんない。あぁ、もったいない。

>闘茶ロケめぐりは楽しそうですね!!
あっ、そのことを今思い出しました(汗)。
どうせなら<大阪アジアン映画祭2009>の各映画ロケ地や
その他の台湾映画ロケ地巡りもしたいなぁ。
いつかロケ地巡りツアーしまっす!孔雀の森さん、ご一緒にどうですか(笑)?
2009.07.21 22:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/348-9132b2d0
闘茶■監督は何と闘ったのか?
冒頭の雄黒金茶と雌黒金茶との闘茶にまつわる伝説をアニメで描いた部分は非常に素晴らしく、そこから現代この伝説が甦る伝奇ものになるのかと期待をしたら、自暴自棄になった男の再生ドラマになったり、ラブコメになったりで話が進むほどに冒頭の伝説から離れていき、あっ...
闘茶
           2008年/日本・台湾/1時間42分(レンタルDVD) 監 督  王也民(ワン・イエミン) 英 題  Tea Fight 出 演  香川照...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。