TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂幸太郎

『陽気なギャングが地球を回す』 

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

 著者:伊坂幸太郎
 出版社:祥伝社 祥伝社文庫





<簡単なあらすじ>
人の嘘を見抜くことができる公務員の成瀬、演説の達人である喫茶店主の響野、スリの天才久遠、体内時計を持っているシングルマザーの雪子の4人は銀行強盗。ある銀行から逃走中、現金輸送車ジャックと遭遇し手に入れたお金と車を奪われてしまった。納得がいかない4人は横取りされたお金を取り返すことにしたが、いろいろと難関が待ち受けていた。

<感想>
「ロマンはどこだ」という響野の言葉で始まる強盗。やり方はとってもシンプルで「奪って逃げる、その間に警報装置は押させない。」とこれだけ。といっても4人それぞれが自分たちの特殊な能力に合った持ち場を担当いるからこそこれだけで成功するわけだけど^^;

銀行強盗をするのはこの4人ですが、もう1人忘れちゃいけないのが必要なものを調達してくれる田中の存在。困ったときの田中様々で必要ないと思われるものでも後々は役に立つという。成瀬の1人息子のタダシ君の存在も大きい。

4人がどうやって知り合い強盗をはじめるきっかけとなったかも書かれてるんですが、こんな偶然ってある?っていうぐらいありない偶然なんだけど、小説上、4人を必然的に出会わしたという方がしっくりくる(笑)。まぁこの4人ならこんな出会いもありかなと納得しちゃうけど^^

最初の方で響野が雪子の息子に教えてる数学のトリック、これは勉強になった!割り算はギャングの分け前を計算するためにあるというのと引っ掛けており、0で割ると世の中が狂いありえない世界に例えてるのもうまい!
伏線もかなりあって(これがまたうまいこと張られてる!)、後々にわかりやすく繋がっており読んだあと爽快な気分になれる♪銀行強盗をしてる4人なのにそれぞれのキャラに愛着が持ててしまう。
本音を言えばもっともっと仰天で想像もつかないドンデン返しを期待してたんですが、それでもそれぞれが騙しあい、知恵比べをしてる様は面白い。

巻末の解説に嬉しい名が!本書は4つの章から成り立っているのはリチャード・スタークの『悪党パーカー』シリーズと同じ構成なんですって。伊坂幸太郎は意識してないらしいんですが、プラン・アクシデント・ハプニング・裏切りなどがもたらす先の読めない展開など共通する要素が少なからず存在するとか。そしてドートマンダーシリーズにも触れてたりします。
ウェストレイクは大好きな作家の1人だけど、伊坂幸太郎とは全然結びつかなかた~。久々にウェストレイク(リチャード・スターク)が読みたくなっちゃった^^

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。