TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「28日後...」

『28日後...』  28 DAYS LATER

28日後...特別編
 製作年:2002年
 製作国:イギリス
 監督:ダニー・ボイル
 出演者:キリアン・マーフィ、ナオミ・ハリス、
       クリストファー・エクルストン、ミーガン・バーンズ、
       ブレンダン・グリーソン


<簡単なあらすじ>
霊長類研究センター研究室に動物愛護活動家が襲撃する。チンパンジーが伝染性が強い「凶暴性」に感染してることを警告するもオリを開放してしまう。
28日後...交通事故で昏睡状態だったジムは目を覚まし無人となったロンドンの街をさまよっていると、ウイルスに感染した者に襲われそうになるがマークとセリーナに助けられる。その後セリーナと一緒に行動中、フランクとハンナの親子に助けられる。軍の放送をラジオを受信し、生存者たちが集まってる場所に4人は行くが…。

<感想>
『28週後...』を観たあと、『28日後...』の内容ってどんなんだっけ?と気になったので観直すことに。観始めてからどんどん思い出してきました。ついでに最初の段階ですっかり忘れていたラストまで思い出しちゃった^^;

血と唾液からひと噛みで感染するので10~20秒以内に感染した者を殺さないといけない。大事なことは生き残ること。『28日後...』より『28週後...』の方が感染者の登場する回数が多く、かなりパワーアップされてることがよくわかった!本作品も感染者たちのスピードは速かったけど、やはり続編の方が登場回数が多い分リアルに速い!

何が悲しいってフランク!とっても明るく良き父親だったのに(泣)。あんな事で感染しちゃうなんて非情すぎる~。兵たちの行動も非情だ。極限状態の時とはいえ、生きてる人間の行動は怖すぎる。ちなみに『28週後...』でも生きてる人間の非道な行動がパワーアップしてる…でも今作品ではラストに希望が持てて良かった♪
レンタルDVDには<もうひとつのエンディング>が入ってるんですがこちらは劇場公開バージョン。劇場で観た人はこちらだったんだよね?ダメだ…DVD用のエンディングを観た後では劇場公開バージョンは夢も希望もないや…。
そういや本作品の最初の方で、ラジオから流れる放送で既にパリやニューヨークまで感染者が上陸してるって言ってたような?ってことは、『28週後...』のラストでは再上陸したってことになるのかなぁ。

疑問:
1.ジムが昏睡状態の時、感染者はどうしてジムを襲わなかったんだろう?
2.感染者の返り血を浴びてるジムにキスをするセリーナ、なぜ大丈夫なの?もしやあの血はジム本人の血だった?

うーん、疑問は残るもののこのシリーズは結構好きかも。っていうかダニー・ボイル監督、好きかも。『普通じゃない』はキュートな映画だったし『トレインスポッティング』はブッとんだ内容で印象的だった。まぁユアン・マクレガーが好きなだけかも知れないけど^^;
早く続編が出ないかな。早く出してくれなきゃまた『28日後...』と『28週後...』を観なきゃならないよ(笑)。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/344-b4823b67
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。