TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「完訳マザーグース」

『完訳マザーグース』 THE ANNOTATED MOTHER GOOSE

完訳 マザーグース

 解説と注:W.S.ベアリングールド/C.ベアリングールド
 訳者:石川澄子
 出版社:石川澄子




<簡単なあらすじと感想>
今まで一度もマザーグースを読んだことはなく、『ロンドン橋』、結婚式のおまじない『サムシング・フォー』、クリスティの本のタイトルにもなった『そして誰もいなくなった』ぐらいしか思い浮かびません(><)。
小説、映画や海外ドラマでマザーグースが使われてることもあったりするので、実は知らず知らずマザーグースに触れてることもあったり。
一度はちゃんとマザーグースを読んでみようと図書館で借りようと思ったのですが、関連本の数の多いこと!どれを借りようか迷った挙句、完訳であるこの本を選びました。
借りてビックらこいた!730pもあり4.5cm強の太さがあるこの本、めちゃ重っ。でも小説のようにページぎっしり文字が書いてあるわけでなく、歌や詩なので文字数が少なくすんなり読め・・・なかった(笑)

英国で昔から伝承されてきた童歌なわけで、ただ訳詩を読んだところで意味がよくわからない^^;
ましてや語呂合わせや韻を踏んでたりするので原詩を見ないとさっぱりだったり。まぁ全てを原詩と訳を対比して載せてくれたところで英語がチンプンカンプンの私には理解できないけど(笑)。
一応訳詩の下に説明や解釈が載ってあるのでそれを見ながら詩を読んでたんですが、それでもやはりマザーグースに馴染みがなく、ましてや訳詩ではどうも面白さが半減しちゃう。一つ一つの詩をストーりーにした絵本などを見ると理解できるかも。

日本でも『かごめかごめ』『花いちもんめ』などは子どもの頃によくリズムに乗せて遊んだけど、大人になった今でも歌詞を読んだところで意味はわからない。けど歌詞の意味を深く考えると意外に怖かったり。同じような感じなのかな。

そんな中、子どもに対してのものだけは理解出来ました♪
特にもっとお話をしてとせがむ子どもたちを黙らせる決まり文句はユーモアが利いてて面白い♪子どもを黙らせたり怖がらせたりドキドキさせたりする手法は万国共通なのかしら。ただ単に私が子どもレベルなだけだったりして(笑)。
遊戯歌で相手をひっかける言葉の遊びも楽しい♪古典的なんだけど日本でも同じようなひっかけがあり楽しい歌はすんなり入ってくるよ。
『ハバード婆さんとそのほかの「わらべ歌」』も楽しい歌詞なんだけど、わらべ歌なのできっとメロディに特徴があるんだろうな~。うーん聞きたい。この本、CD付きだったらもっとよかったのに(ってそれは無理か^^;)
さらに贅沢を言うなら各詩の前にタイトルも記載して欲しかったな。この詩いいな~と思っていてもタイトルがわからないから調べることも出来ないよ~(><)。一応巻末に歌索引があるんだけど、これって正式なタイトルじゃなさそうだし。というか全ての詩にタイトルってあるんだろうか。あるよね?

このブログでこの歌が気に入りましたっていうのもタイトルがないと書けない~。
ちなみにお気に入りの歌は「ファイフの小屋は~」と始まる歌。ねっ?これだけじゃ何の歌かわからないでしょ(笑)?説明ではルイス・キャロルがこの歌を知っていたらお気に入りであったに違いないと書かれており、確かにそんな感じの歌です。
「小さな水滴と 小さな砂粒が 大海と楽しい大陸になる」という詩も好き♪ある詩の出だし部分なんですが、なんかステキ。
あと「ある男 頭にかっと血がのぼった~」と始まる歌。もとは「坊や 坊やの父ちゃんは何だね~」と始まる歌を近代化したらしく、アメリカバージョンもあるらしい。
読んで思い出したのは『Peter Piper』の早口言葉。Peter Piper picked a peck of pickled pepper…と続く有名なやつです。
これもマザーグースだったんだ!こりゃ訳だけじゃ読んでも何のことがさっぱりわかりゃしない(笑)。なので舌もじりの章は章末にちゃんと英語の原文が記載されてました。そりゃそーだ。

忘れちゃいけないのは挿絵にランドルフ・ コルデコット、ケイト・グリーナウェイ、ウォルター・クレイン、アーサー・ラッカム、M, パリッシュの作品が使われているってこと。
個人的に好きなのはラッカムの動物と子どもの絵とラッカムの動物の絵。特にラッカムが描くカエルの絵はピーターラビットのジェレミー・フィッシャーどんによく似てる^^英国人が描くカエルはみな同じような感じなのかしら。

このような童歌は口承で受け継がれていくことが多く、時代とともに現代の言葉になったり内容も変化していくこともしばしば。それでもこうやって現代まで世界の多くの人がマザーグースを知っているってことは凄いことだなと。欧米の作家や映画が引用したりしてるのもあるからかな。

余談:10年程前、テレビで『グースバンプス』というドラマを放送しており、マザーグースをベースにした話もあったような気がしてたんだけどどうやら全く別物らしい…。久々に『グースバンプス』が観たくなっちゃった。DVD出てたらいいな~。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/329-03621ca3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。