TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」 海堂尊

『ジェネラル・ルージュの凱旋』 

ジェネラル・ルージュの凱旋

 著者名:海堂尊
 出版社:宝島社





<簡単なあらすじ>
東城大学医学部付属病院に勤務する不定愁訴外来の万年講師、そしてマネジメント委員会委員長である田口のところに1枚の匿名の内部告発文書が届く。そこには救命救急センター部長の速水が医療代理店と癒着しており、ICUの花房師長は共犯だと書かれていた。同期の速水のことをよく知っている田口は病院長の高階に相談し倫理問題審査委員会(エシックス・コミティ)で審議することに。だが倫理問題審査委員会と衝突してしまい決戦の火蓋が切って落とされた。速水の切実に願うドクター・ヘリ導入は問題に関係してるのか、そして真相は…。

<感想>
シリーズ第3弾なんですが、第2弾の『ナイチンゲールの沈黙』と同時進行してます。どちらもオレンジ新棟で起こっているのですが2弾では浜田小夜がいる2F小児科がメイン、今回は友人の如月翔子がいる1F救命救急センターがメインとなってます。

なので最初は伝説の歌姫と言われてる水落冴子が入院するところから始まってます。田口先生はどちらにも関わっているのでところどころ『ナイチンゲールの沈黙』とリンクしていることも。
個人的な感想としては、『ジェネラル・ルージュの凱旋』が集大成で『ナイチンゲールの沈黙』はアナザーストーリーという感じ。
医療現場でおこっていることをテーマにしたのが良かったのか?!『踊る大捜査線』の青島が言う「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きてるんだ!」というセリフが頭に浮かんできました。倫理問題審査委員会vs田口との対決がなんとっても読み所の一つ。このシリーズの中で比較的現実的な病院の問題を扱ってるせいか一番面白く読めたかも♪

そして今回は白鳥の部下である姫宮が登場するのが楽しみだったんです♪
だけど…だけど私がイメージしてた女性とは雲泥の差が!初めて会った人に得体が知れない奴と思われるだけでなく、なぜか魚を連想させるなんて(><)。微妙な言葉の言い回しは誰かさんの影響なのか?いや、多分そういう女性なんだろうなぁ。白鳥と絡む姫宮も見たいもんです。彼女の今後の仕事ぶりに超期待!

如月翔子の目線からは田口先生は病院長の懐刀で腹黒い魔物だと思われてたことが判明。
そうりゃそうだろうな~、『チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』での田口先生の活躍(?)から見ればそう思うよ。
また翔子の『ナイチンゲールの沈黙』の登場人物評はなかなか面白い。白鳥の評価がまた面白い。その白鳥、今回もちょっと影が薄いかな。といっても言うべきところではちゃんとやってくれてます。

読んでいて各人間関係の衝突が割と多いかなと。前回までの事柄から今回初めてのわかる対人関係まで。同僚、あるいは恋愛のライバル事情も盛り込まれており人間模様が楽しめます。藤原看護師は相変わらず適切なアドバイスをしてくれるし♪
倫理問題審査委員会の沼田だけはタチが悪く究極に嫌味な男。倫理問題審査委員会自体が田口先生を目の仇にしてるから仕方がないんだけど、これもみな前作までの内容とリンクしてるわけで。あちらこちらでリンクしてる部分があり、3巻まで読むのに半年かかった私には「この人誰だっけ?」と思い出せないこともちらほら。このシリーズは続けて読んだ方が良さそう^^;『ナイチンゲールの沈黙』と『ジェネラル・ルージュの凱旋』は内容的に続けて読んだ方がオレンジ新棟で起こっている出来事がリアルに把握しやすいかも。
さっ、次は『螺鈿迷宮』!図書館で予約済みなんだけど早く手元にこないかなぁ。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは~

>倫理問題審査委員会vs田口との対決
これはよかったですね、田口が冴えわたっていて。
沼田の悪役ぶりもインパクトがありました。

>『ジェネラル・ルージュの凱旋』が集大成で『ナイチンゲールの沈黙』はアナザーストーリーという感じ。
確かに。ジェネラルの物語の方が広い視野でまとめられ、ナイチンゲールのほうは病院の一部で起きている事件、といった感じがしました。
そう考えると、アナザーストーリーはまだまだたくさん作れそう。

TKATさんはどんな姫宮を想像していましたか?
私は前の想像はふっとんで、このマイペースさが大好きになりました。

『螺鈿迷宮』のご感想、楽しみにしてます!
2008.06.20 09:27 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん^^

>TKATさんはどんな姫宮を想像していましたか?
姫宮はですね、小柄な感じでしっかりした女性というイメージを勝手に想像してました^^;白鳥の部下ということでそう思ったのかも。でも実際の姫宮は違った意味で素晴らしいですね♪彼女だから白鳥とうまくやっていけてるのかしら。

>アナザーストーリーはまだまだたくさん作れそう。
そうですよね♪映画もシリーズ化されるのかしら?でもヒットしたっていう噂は聞かないし、『チーム・バチスタの栄光』だけで終わりそうな予感…。このシリーズは配役が難しいかもしれませんね。

『螺鈿迷宮』は図書館から連絡があったので、今月中には読めそうです♪
2008.06.20 19:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/324-096482fb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。