TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「月夜の願い」

『月夜の願い』  新難兄難弟  HE AIN'T HEAVY HE'S MY FATHER

月夜の願い 製作年:1993年
 製作国:香港
 監督:ピーター・チャン(陳可辛)/リー・チーガイ(李志毅)
 製作:エリック・ツァン(曾志偉)
 出演者:トニー・レオン(梁朝偉)、レオン・カーフェイ(梁家輝)、
      カリーナ・ラウ(劉嘉玲)、アニタ・ユン(袁詠儀)、
      ローレンス・チェン(鄭丹瑞)、チャウ・カーリン(周嘉玲)

<簡単なあらすじ>
困ってる人がいるとすぐお金を貸してしまう人情に厚い頑固な父ファン(レオン・カーフェイ)を持つユン(トニー・レオン)。その結果、文無しで母親(カリーナ・ラウ)も苦労し、ユン自身の将来までも狂ってしまったことから父親を嫌っていた。そんな時人情が裏目に出て強盗に襲われ父親はこん睡状態に。中秋の夜、木星が月に重なる時に願い事が何でも叶うという"穴"を思い出したユンはその場所に行き、ひょんな事からその穴に落ちてしまった。這い上がるとそこは30年前(だったかな?)、結婚前の若かりし父と母がそこにおり、貧乏な父とお嬢様の母は、身分の違いから母の父親に結婚を反対されていた。

<感想>
父を救うため、さらに両親の過去が見れたら・・・という願いが見事叶ったわけですが、父親と仲間たちが家族同様に暮らす30年前の「春風街」にはユンの彼女イー(アニタ・ユン)そっくりのリン(アニタ・ユン)がいたり、リンに恋心を抱いてる男性がいたり、現代で借金ばかりしてるロンの父親がいたりと一つのコミュニティがあります。皆家族同様で、助け合って生きてるんだな。香港実業家である李嘉誠まで登場してた(笑)。昔の日本もこんな時代があったんだろうな~としみじみ。

父親の口ぐせの「一人は皆のために、皆は一人のために」という言葉、結構いい言葉じゃない~(涙)。
そこに惚れた母親もナイスバディでめちゃ綺麗!現代の両親は特殊メイクでレオン・カーフェイ&カリーナ・ラウが演じてるのですが、レオン・カーフェイは歳を重ねたらきっとこんな感じになるんだろうなと。カリーナ・ラウはちょっと無理があったかな^^;

昔録画したビデオで久々に観たこの映画、今回もまた泣けてきちゃった。過去に行く前、父親を責めるシーンには悲しくなっちゃう。
そんなユンだけど若かりし頃の生き生きした両親を見て、母親に助言したり父親にも助言したりいろいろ策を練ってます(裏目に出ることもあるけど^^;)。
自分の知らない恋愛中の両親と出会うってどんな感じなんだろう。
昔の父親と会い一緒に生活していくうちに父親自身の人生を再発見し、友情、そして愛情を感じたユンは良心に目覚め自分が父親に似てると気付くわけで。
笑いあり涙あり、ほのぼの楽しい作品で音楽も合ってる。そんな中、トニーの目からでる青いビームには笑える~。私もこのビームを受けたい(笑)。
トニー・レオンとレオン・カーフェイの中途半端な女装もあったりと笑いも十分。
髪型のせいか、トニーが時々和泉元彌に見えてしまった…。ああ、なんてこと(悲)。全然似てないのに~。

前観た時は(かんなり前だけど)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のパクリ?なんて思ったもんですが、改めてみると全然違うじゃないか!こちらは人情厚い!厚すぎ!過去を変えたらうんぬんという設定もないし、よく考えたらとっても単純なストーリー。だから面白いのかなぁ。ラストは香港映画らしいし。
私の中で好きな香港映画ベスト5に必ず入る作品でした♪(今のところ)

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
私もこの作品、好きな香港映画のベスト5に入ります。ただし順位をつけるのは難しいですね。
過去に戻るお話は結構多いけど、その中でもこの物語はほろっとさせる№1だと思います。
ちなみに第2位は「ドラえもん」ののびたがおばあちゃんに会いに行く話しかな。(関係ない話でスミマセン)
あの特殊メイクはよくできてましたね~。カリーナ・ラウは嫌がらなかったのかしら。レオン・カーフェイはおっしゃるようにホントに未来の姿に見えました。(笑)
レビュー拝見してまた観たくなりました。
2008.05.18 17:25 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん^^

好きな映画に順位をつけるのって難しいですよね。気に入った作品に出会ったら「こりゃベスト5に入るな♪」なんて思ってるので、ベスト5にはいつも10作品以上入ってます(笑)。特に90年代の香港映画は出演者たちも好きだし、これぞ香港映画!というストーリーが多いので好きな作品がいっぱいです^^

>第2位は「ドラえもん」ののびたがおばあちゃんに会いに行く話しかな。

懐かしいですね~♪おばあちゃんが登場するシーンはなんとなく覚えています。よく考えたら超SF漫画ですよね。小学生の頃は漫画本をよく読んでましたが、大人になった今は内容は殆ど覚えてません(泣)。古本屋さんで立ち読みしようかな~。なんだか急にドラえもんが読みたくなってきちゃった(笑)。
2008.05.18 22:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/315-3061b97b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。