TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブエノスアイレス 摂氏零度°」

『ブエノスアイレス 摂氏零度°』  B.A.ZERO DEGREE

ブエノスアイレス 摂氏零度
 製作年:1999年
 製作国:香港
 監督: クアン・プンリョン(關本良)/アモス・リー(李業華)
 出演者:レスリー・チャン(張國榮)、トニー・レオン(梁朝偉)、
      チャン・チェン(張震)、ウォン・カーウァイ(王家衛)、
      シャーリー・クァン(關淑怡)
 

『ブエノスアイレス』のメイキング、秘蔵映像、ロケ地巡り、そしてアナザーストーリーが収録、映画の舞台裏を綴ったドキュメンタリー・ドラマとなってます。
撮影途中にレスリーの誕生祝いがあったり、タンゴを練習してる風景があったりと本編『ブエノスアイレス』とは違った角度からレスリーとトニーを見ることが出来るんです♪

ロケ地巡りでは2人が一緒に暮らしていた部屋がとっても印象的。いろんなドラマが詰まっており、今作品の中でも「湿気を帯びていて重々しいけど、生命力に溢れてる。それでいてどこか病的である。」と言ってますが、まさしくそんな感じ。時折本編や未公開シーンが盛り込まれており、2人の愛憎劇が思い出されます。

ロケ地を探すにあたっての苦労話や、2人の話なのに途中でレスリーがコンサートのため香港に帰国することになり、撮影は中断となりその後をどうするか考える監督。
そこで生まれたのが文無しの青年の登場。そう、ここでチャン・チェンの出番♪トニーとは働いている厨房で出会うのですが、青年の旅は世界の先端で終わり。トニーの最後も違うパターンがあったみたい。当時のチャン・チェンを見ると、やっぱり美少年だな~と改めて思っちゃった♪

未公開シーンも多数あり、トニーと何かありそうな女性の物語もあったんだと知りました。本編『ブエノスアイレス』ではおそらく登場しなかったと思うのですが、女性が絡んでたらまた違った映画になっただろうな~。個人的には男性3人の物語で良かったと思ってるのですが、どうでしょ。

そしてウォン・カーウァイ監督とトニー・レオンのインタビューも収録されてるのですが、トニーが坊主頭なのにビックリ。でも男前はどんな髪型をしてもかっこいいもんです♪
トニーは「今まで最も満足いく演技が出来た映画は『欲望の翼』だと答えてた」と言ってるのですが、これってギャグだよね?ラストのちょっとしか出演してなかったような・・・。この作品に対しジョークを言ってるんだよね??この言葉が本音だったら私は『欲望の翼』を根本的に全く理解してなかったことになるよ~(><)

『ブエノスアイレス』が好きな人にとってはこの作品もを楽しめること間違いなし。未公開シーンが採用されてたらどんな映画になっていただろうと想像したり、撮影裏話が聞けたらそのことを踏まえた上で『ブエノスアイレス』をもう一回観ようかなと思っちゃったり?←思うだけ(笑)。
『ブエノスアイレス』鑑賞後すぐにこの作品を観たらもっと楽しめたかもしれないな~と思ったりもしました。

-4 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは♪
レンタルショップに並んでいるのを見た時、本編と間違えそうになりました。
未公開シーンもあるのですね。やはり本編を鑑賞してからこちらを観た方がよさそうですね。
本編の方はずっと前に観たきりでストーリーをほとんど忘れてしまいました。当時はチャン・チェンの名前も知りませんでした。
まずは本編でレスリー、トニー、チャン・チェンの3人をじっくり見るとしましょう。
2008.04.21 19:35 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん^^

>本編を鑑賞してからこちらを観た方がよさそうですね。

今作品は本編を覚えてないと、おそらく「なんのこっちゃ」だと思います^^;私もちょっとヤバかった(苦笑)。
本編を楽しんだあと「こんなアナザーストーリーがあったんだ。そんな苦労話があったんだ」と本編の余韻を楽しむといった感じでしょうか。

もし『ブエノスアイレス』再鑑賞されるのなら特にチャン・チェンをじっくり観てくださいませ♪:『呉清源』とは違い、若々しくとっても好青年ですよ~^^

2008.04.21 21:30 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
こんばんは~
上に書いた自分のコメントを見ると笑っちゃうんですが、本編と思って借りてしまいました!!
「これはメイキングです」って書いてくれればいいのに!(笑)
というわけでレビューは書いてません。
でもこれはこれで楽しめました。ずっと昔に観た本編がすこしずつよみがえってきて、懐かい気分♪
監督が「チャン・チェンは若い頃のレスリーに似ている」と言っているのが、ちょっと意外でした。
ここでのチャン・チェンは昔のダニエル・ウーと似ている気がします。(今は似てると思いませんが)
今度はちゃんと本編を借りようと思います(笑)
2009.01.15 19:55 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
孔雀の森さん、やっちゃいましたか~。
にゃはは^^ ←スミマセン、笑い事じゃないですよね。
くくくっ ←再度スミマセン(笑)
確かにパッケージはブエノスアイレスそのものだし、摂氏零度°は
サブタイトルじゃないかと勘違いしちゃいますよね。うんうん。

>ここでのチャン・チェンは昔のダニエル・ウーと似ている気がします。(今は似てると思いませんが)

あっ、言われてみれば似てますね!!当時のチャン・チェンはほっそりしており
顔の彫りが深く見えるからかな?
そしてレスリーには似てない(笑)。雰囲気が似てたのかな?←いや、似てない…

今度はちゃんと本編をお借りくださいませね^^
同じようなパッケージですが2人が寝ながら抱き合ってる方のやつですよ~。
レビュー楽しみにしてまーす♪
2009.01.15 20:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/308-31911bed
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。