TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.5

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #10・#11

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス1

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第10話:悪魔の計画(「遺言」)
スコットは1年前から偏頭痛が始まり、その後触っただけで感電させられる能力がついた。そして夢の中に現れる黄色い目の男がいろいろ命令するという。黄色い目の男は計画があるらしいと医師に話した帰りに刺殺されてしまう。一方ディーンは父親が死に際に言った言葉をサムに話してしまい、今は狩りは止めておこうと言うが、サムは自分自身の問題解決のために1人で行動する。自分のような超能力者を探していたらスコットに行き当たった。その時、ディーンを夢で見たという女性エバが現れるが、サムはなぜかヴァンパイアハンターのゴードンに命を狙われる。その後エバが行方不明に。

第11話:禁じられた遊び(HPでは「空想の友達」)
エバの行方を捜してると、1930年に開業し廃業間近のピアポント・インで起こった事件を知ったサムはディーンと一緒に捜査することに。ホテルの主スーザンは気さくで良い女主人だが、廃業するにあたった関係者が犠牲者となる事件が起こったことから、廃業に反対するものの犯行だと2人は考えるが・・・。
ディーンがサムに父親の言葉を言ってしまったのはなぜなんだろう?どんな成り行きでこういう話になったんだっけ?9話の内容を忘れちゃった^^;
このことを聞いてからサムは自身の問題解決のため、自分と同じような能力を持ってる者を探すと・・・いるんだな。しかもサムと同じ能力でサムが思ってたパターンから外れてる。
死んだスコットが残した音声テープからある事を知ったサムとエバなんですが、ここで久々ヴァンパイアハンターのゴードン登場(シーズンⅡの3話にて登場)。今まで根に持ってたのか?と思ってたらどうやら職業柄からのことらしい。なんて仕事熱心な男なんだ。
ゴードンが登場するってことは、これからも過去に登場した人物が再登場するのかな?というかゴードンがいずれまた登場しそうな予感・・・。

11話では、ディーンは舞台となるホテルを「寄宿舎風お化け屋敷」と言ってますが、私にはとってもステキな外観に見えるんだけど。なんか日本人とアメリカ人の感覚の差を痛感~。
ディーンとサムが宿泊しようとすると、ゲイと勘違いされることが前にもあったのですが、確かに兄弟には見えない(というか全然似てない)。男前2人だと勘違いされても仕方ないか^^;
人を救ったら自分の運命を変えれる思ってるサム、ディーンにある約束をさせてしまうこともあり、よほど悩んでるんだ・・・。

この11話は結構意外な結末でした。ぼーと観てたので伏線があったのかもしれませんが、ラストに近づくにつれ「そうなの?!」と思っちゃった。人形が多く、ただでえさえ不気味な雰囲気。こういう話はリアルっぽくてついついのめり込んじゃう。なんだか悲しすぎる・・。

このVol.5では未公開シーンが収録。あの髪型がステキな(えっ?)アッシュのちょっとした秘密が♪これからもアッシュから目が離せません(←これはウソ。この回に登場するまですっかり忘れてました(笑))。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/261-7fddc486
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。