TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マリナー氏の冒険譚」 ウッドハウス

『マリナー氏の冒険譚』 THE EXPLOITS OF THE MULLINERS

マリナー氏の冒険譚 (P・G・ウッドハウス選集 3)
 著者:P・G・ウッドハウス (Pelham Grenville Wodehouse)
 編訳者:岩永正勝/小山太一
 出版社:文藝春秋 P・G・ウッドハウス選集Ⅲ   
 




<感想>
P・G・ウッドハウス選集の第3弾。
ミスター・マリナーがバー・パーラー「釣遊亭(アングラーズ・レスト)」で、夜ごと自身の甥や姪などマリナー一族の珍談奇談を仲間が話してるのを割り込んで聞かせるというもの。ただ語り手はミスター・マリナーではなく謎の人物。第1話でミスター・マリナーと初めて会った人物がずっと語り手になってるようです。
ウッドハウスによる序文からもう面白い!『マリナー氏の冒険譚』を書くにあたってという内容だけでなく、読むにあたっての注意事項もちゃんと記載されてるんだから。
「釣遊亭」の客たちは名前で呼ばれることはなく、「釣遊亭」の女性従業員はそれぞれのお気に入りの飲み物の名で呼ばれてます。“ジン・アンド・ジンジャーエール”“ウィスキー・サワー”“ジン・トニック”などなど。ちなみにミスター・マリナー自身はホット・スコッチ・アンド・レモンをずっと飲んでるような。

ここでマリナー一族をざっと紹介。
甥のジョージは極度の吃音に悩まされている青年で、クロスワードという趣味が同じスーザン・ブレイクに恋をする。クロスワードが趣味の2人だけあって会話が単語だらけで面白い。

従妹のウィッカムの娘ロバータは近づく男たちをこっぴどい目に遭わせ、なかなか結婚しない(というよりできない)女性。このロバータ・ウィッカムはジーヴスものにも登場し、ここでもロバータは勝手気ままな性格を発揮してたっけ。今回はロバータに恋する男性が登場するのですが、ロバータの言動にみな痛い目にあってしまい、男性の方から離れていってしまう。ロバータ自身はその男性とまた会いたいと思った時はもう遅いっていうパターンの繰り返し。このロバータの冒険談というか彼女に恋してこっぴどくやられる男性が3人登場。そして母親も登場。ロバータの性格は母親譲りといっても過言ではない?!親子共々一筋縄ではいかない!

マリナーの弟であるウィルフレッドは医薬品の発明家で、その薬によって好きな女性に嫌われたり好かれたり・・・。結果は薬のおかげで万々歳なわけだけど、のちのちウィルフレッドが作った薬がとんでもないことに。

甥のオーガスティンは柔弱で無気力な副牧師。上司の牧師の娘と恋仲になり、そのことを牧師に認めてもらいたいと思ってる時にウィルフレッドの妻から(オーガスティンからみると叔母)ウィルフレッドが発明した強壮薬が送られてくる。この強壮薬がとんでもないシロモノだったがこの強壮剤のお陰で事がいいほうへと進んでいく様はめちゃ面白い!!
この強壮剤はオーガスティンだけでなく、主教、主教の妻、主教の友人の校長までも巻き込んでいきどんどん展開が広がっていくのがまたミソ。

甥のアーチボルトの恋物語が3話あり、遠縁のウィルモット、そして弟の息子ジョージとアルフレッドの双子の話、甥のシリルのミステリ狂の話などがあり、一体マリナー一族はどれだけいるんだ?!と思ってしまうほど。巻末の解説を見ると、独立した短編の主人公をミスター・マリナーの親戚に仕立て上げ、「ミスター・マリナーは物語った」と一行を加えた結果莫大な人数になったんだとか。なるほど。
特別収録ではミスター・マリナーの従妹の娘であるアグネス・フラックの話で、ウッドハウスのゴルフ物の一つ。

「マリナー一族の男(あるいは女)たちの例にもれず・・・」という前置きをして言うセリフ、女性は目をみはるような美人で、男性は素晴らしく魅力的な男性なんだとか。そんな一族たちは異性に対して不器用だったり勘違いの嵐だったりはちゃめちゃぶりはとんでもなく面白い!!ジーヴスもの、エムズワース卿も面白かったけどミスター・マリナー一族も最高~。

そうそう、この本を読んでアシモフの『ユニオン・クラブ綺談』を思い出したんですが、『黒後家蜘蛛の会』シリーズのヘンリーはジーヴスをモデルにしてるっていうのは聞いたことがあるんだけど、1人の男性がある事柄について皆に聞かせるという手法はウッドハウスを真似てる?それともよくある手法なのかな。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/229-d9fa345c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。