TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エンター・ザ・フェニックス」

『エンター・ザ・フェニックス』 大佬愛美麗 ENTER THE PHOENIX

エンター・ザ・フェニックス 製作年:2004年
 製作国:香港
 監督:スティーブン・フォン(馮徳倫)
 製作総指揮 ジャッキー・チェン(成龍)
 出演者:ダニエル・ウー(呉彦祖)、イーソン・チャン(陳奕迅)、
      カレン・モク(莫文蔚)、元彪(ユン・ピョウ)、
      チャップマン・トー(杜汶澤)、ロー・ガーイン(羅家英)、
      葉山豪、スティーブン・フォン(馮徳倫)

<簡単なあらすじ>
マフィア同士が一触即発の状態の中、「赤義堂」のボスであるホン(ユン・ピョウ)は自分の子分が「四字頭会」のボスを撃つのを身を挺して庇った。「四字頭会」のボスのルイ(チャーリー・チャン)はこのことによりホン家が赤義堂を仕切る限り「赤義堂」との揉め事は一切許さないと子分に通達する。25年後、命が短いボスのホン。ボスに1人息子がいることを知った部下のハチ(ロー・ガーイン)とその息子キン(チャップマン・トー)はこの息子を跡目にと考えタイへ捜しに行く。しかし2人はボスの息子ジョージ(ダニエル・ウー)の同居人であるサム(イーソン・チャン)をジョージと勘違いし、サムをジョージとして、本物のジョージはその付き添いそして香港に連れて帰るが、「赤義堂」の新ボスに恨みを持っている者がいた・・・。

<感想>
ボスになるのが夢だったサムは、ジョージと勘違いされて有頂天。いい夢見させてくれよとジョージにお願い。一方ジョージもボスになりたくないので自分はサムに扮して一緒に行動。
真面目な会話の中にもどこか抜けたセリフがさり気なく盛り込まれており、黒社会を描きつつ、コメディタッチでアクションもあり、昔の香港らしい映画のスタンスを上手に取り込んでる感じでしょうか。黒社会で生きてる父親が息子を想う気持ちには目頭が熱くなってしまうというシーンもあったり。

イーソン・チャン演じるサムも面白いけど、ハチとその息子キンのやりとりも香港映画らしくて好き♪マッサージするデイヴィッド、後半にいつの間にかキンと並んで立ったり準主役級になってない(笑)?ニコラスもちょこっと出てますが、いくら友情出演だからってあんなタトゥまで入れられちゃって(笑)。まあサム・リーの友情出演よりはインパクト大かな。そういやサミー・チェンもちょこっと出てたっけ。

忘れちゃいけないのは今作品はスティーブン・フォンの監督デビュー作。ジャッキー・チェンが製作総指揮なのか、アクションコメディ映画として上手に出来あがってます。スティーブン・フォンと言えば小四天王(だっけ?)と呼ばれてた頃のイメージが強く、監督はどうだろ?と勝手に思っていたのですごく面白かったのにびっくりです!自身も重要な役で出演しており、昔のイメージがガラリと変わっちゃいました。
ジャッキー・チェンから映画製作についていろいろと受け継がれていくのでしょうかね。終わりかたなんていかにもジャッキー・チェンらしい^^これからも「これこそ香港!」と思える作品に超期待!

小四天王と言えば・・・ダニエル・ウー、スティーブン・フォン、ニコラス・ツェーの3人が登場してるんですね、この作品には。ん?もう1人誰だっけ?思い出せない~。
アンディ・ラウ、レオン・ライ、アーロン・クォック、ジャッキー・チュン・・・香港四天王ならすぐ言えるんだけど(笑)。
あれ?イーキン・チェンはどこにも属してないんだっけ??年齢的に考えるとちょうど真ん中世代?
今現在も若手の俳優さんはどんどん出てきてますが、もう四天王のような呼び方はしてないのかな?最近の俳優さんには疎いからさっぱりわかりません^^;

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは♪
わ~い、TKATさんもご覧になったのですね。この面白さを分かち合えて嬉しいです!!
スティーブン・フォンの以前のイメージは、どの作品によるものですか?私は『詩人の恋』でした。
その後はしばらく出演作を観ていなくて、最近続けてみるようになりました。それでかなり印象が変わりました。
いろんな人がちょこっと出演しているのは覚えていても、どんな役だったかほとんど忘れてます。(←危ない!私の脳…)
これからも楽しい香港映画を期待したいですね♪
2007.08.16 21:32 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは♪

>スティーブン・フォンの以前のイメージは、どの作品によるものですか?

なんだっけな??もう記憶外です(笑)。初めて見た時、なんて岡本健一に似てるんだろうという記憶しかないんですよね実は^^;ニコラス・ツェーにしろダニエル・ウーにしろ、彼らを初めて観た作品は思い出せません(←私の脳こそかなりヤバイです)。

イーソン・チャンを観て、最近映画以外でどっかで名前を聞いたぞ?とずっと考えてたんですが調べて思い出しました!浜崎あゆみを口パクだといった張本人だってことを・・。浜崎あゆみファンには忘れられない華流アーティストとなったことでしょうね(苦笑)。
それはいいとして、これからもこれぞ香港映画という楽しい映画を期待したいです♪
2007.08.16 22:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/225-0501e915
エンター・ザ・フェニックス
2004年/香港/1時間44分(TV視聴)監 督  馮徳倫(スティーブン・フォン)原 題  大佬愛美麗/Enter the Phoenix出 演  呉彦祖(ダニエル・ウー) 陳奕迅(イーソン・チャン)      元 彪(ユン・
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。